新型コロナウイルス

チリの医師団がワクチン接種キャンペーン中止の要求!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたが
 
彼らは、国際医療危機宣言に参加しているチリの医師団である チリなど、コロナワクチンを大規模接種した世界中の国々で深刻な超過死亡が発生した 2022年の時点で有害事象が約1100万件報告され、7万人以上が死亡したが、これらの数字は、実際の有害事象全体の 1~10%に過ぎないことが判明している 医師たちの話: 「コロナワクチン」として知られる製薬品の接種に伴う疾病と死亡により、国際的な医療危機が発生している、と宣言します。
 
私たちは現在、国民の大多数がこのコロナワクチンのいずれかを接種されている国々で、超過死亡を目の当たりにしています。今日に至るまで、この超過死亡は、国内外の保健機関によって十分に調査や研究が行われてきていません。このような「ワクチン」を接種したことのある健康な若者の突然死の多さは、未調査の流産や周産期死亡と同様、特に懸念すべきものです。
 
この製薬品に関連して、入院、後遺症、死亡を含む多数の副作用が公式に報告されています。この報告数は、多くの国における正確な記録を考慮せずとも、世界のワクチン接種の歴史において前例のないものです。 CDCのVAERS、英国のイエローカード・システム、オーストラリアの有害事象モニタリング・システム、欧州のEudra vigilanceシステム、WHOのVigiAccessデータベースからの報告を調べると、現在までに1100万件以上の有害事象報告があり、「コロナワクチン」として知られる製薬品の接種に関連して7万人以上が死亡していますが、これらの数字は、実際の有害事象全体の1%~10%に過ぎないことが分かっています。
 
このことは、世界中の全ての国家、保健機関、医療関係者によって危機的なものとして認識され、扱われなければなりません。 緊急になすべき対策は、次の通りです。 1.「コロナワクチン」と呼ばれる製薬品の接種キャンペーンを全世界で中止し、関連するあらゆるイベントを中止すること
2.健康な接種者に発生した全ての突然死、そしてこれらの製薬品に直接または間接的に起因すると疑われる死亡事例について、完全かつ綿密な剖検の実施により調査すること
3.「コロナワクチン」と呼ばれる製薬品を接種した全ての人に対し、Dダイマーやトロポニン分析による、突然死を引き起こす可能性のある心血管系イベントの早期発見、および重篤な腫瘍の早期発見のためのプログラムを実施すること
4.これらの製薬品の接種後の副作用被害者に対する研究・治療プログラムを実施すること
5.ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ヤンセン、シノバック、スプートニクV、その他「コロナワクチン」として知られる製薬品のバイアル瓶の成分分析を、製薬会社の資金提供を受けていない独立した研究グループによって実施し、結果を完全かつ詳細に、一切の利益相反なく開示すること
6.これらの製薬品の様々な成分の間の相互作用と、 それらの分子的、細胞的、生物学的効果の研究を実施すること
7.これらの製薬品が原因で病気や障害を患った人に対する心理的サポートと補償プログラムを実施すること
8.これらの製薬品を接種したことにより死亡した人の親族に対する心理的支援と補償プログラムを実施 し、強化すること よって、私たちは、「コロナワクチン」に関連した多数の疾病と死亡によって、医学史上かつてない国際的な医学的危機に直面している、と宣言します。
 
したがって、私たちは、WHO、汎米保健機構(PAHO)、欧州医薬品庁(EMA)、英国医薬品・医療製品規制庁(UK-MHRA)、米国国立衛生研究所(NIH)などの国際機関とともに、各国の医薬品安全規制機関および保健機関がこの声明に対応し、ここで求められている8つの対策に取り組むことを要求します。 この宣言は、この目的のために戦ってきた専門家たちの共同イニシアチブです。私たちは、関係団体に圧力をかけ、より透明性の高い医療政策を推進するために、全ての医師、科学者、専門家にこの声明を支持するよう呼びかけます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

19 − 10 =