新型コロナウイルス

FDAがファイザー報告を隠蔽出来ず、裁判所命令で開示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

接種しない選択をした人は、次々に解雇されています。有名人なら話題にもなりますが、一般国民の場合は大きく扱われることはありません。

接種して突然倒れたスポーツ選手。この後ろには、どれだけの障害を負った人たちがいるのでしょうか。

オーストラリア 打たないと仕事を奪われる国【ナース、スポーツ選手、TV解説者、取締役】黒森美音王

集中治療室のナースでありAFL選手のデニ・ヴァーンハーゲンは『自分の身体に何を入れるか入れないかは、個人の選択です。今医療従事者に行われている接種の強制は、次は警察関係者に行われ、そしてさらに広がっていくでしょう。接種の強制に応じなければ、仕事を失うということは恐ろしいことです。』と述べました。この数日後、所属するアデレイドクロウズは彼女を選手リストから外しました。

このチームからは、試合に出られなくなった選手が全部で5人いる、との情報が流れている。

サッカー番組で『  』と言ったら放送終了【アダマ・トラオレ選手倒れる】黒森美音王

各国の代表選手が連日の救急搬送、ワクチン接種をしたのかどうか。

アレの後遺症に、負けてたまるか! 2021年12月10日知っといてニュース

足に蕁麻疹、湿疹。3回目は打たないぞ。

 

FDAがファイザー報告を隠蔽出来ず、裁判所命令で開示

ファイザーがFDAに提出したデータを55年後に公開する、としたFDAの主張は裁判所によって退けられ、判事は月に500の文書のリリースを命じ、文書の最初のバッチには「承認後の有害事象報告書の累積的な分析」と題するこの爆弾が含まれていました。

元になったFDA文書(英文)はこちら 

※(以下は上の記事+自動翻訳によるものを含んでいます)

2021年初頭にワクチン接種後死亡者が多いことを知っていた

有害事象は、女性の方が3倍多い

ファイザー社ワクチンのEUA(緊急使用許可)後、わずか90日以内に、1,223人の死亡者と158,893件の有害事象が報告され、2021年初期にFDAは自主的な有害事象報告をすでに把握していたことが明らかになった。

報告されない有害事象はどの位あるのか不明

 

 

この文書は、ファイザーのmRNAワクチンのEUA(緊急使用許可)からわずか90日以内に、同社はすでに1,223人の死亡と合計158,893件の有害反応を説明する42,000以上の有害反応報告を明らかにした。これは自発的な有害反応報告を認識していたことを明らかにしている。この報告は、米国、英国、イタリア、ドイツ、フランス、ポルトガル、スペイン、その他の国々を含む多くの国から始まりました。

「一般障害」とは別に、mRNAワクチンの有害反応の最も頻繁に報告されたカテゴリーの1は神経系障害であり、25,957件の報告。

これらの数字でさえ、mRNAワクチンは「安全で効果的」であるというFDAの主張を考えると、すでにかなり衝撃的です – これらのワクチンによって引き起こされる損傷と死亡の表面をかろうじて傷つけます。「報告書は自発的に提出され、過少報告の大きさは不明です」とファイザーは言います。

驚くべきことに、この文書は、男性と比較して、ファイザーワクチンによって3倍以上の女性が損傷したことを明らかにしています。女性では29,914件の有害事象が記録され、男性ではわずか9,182件が記録されています。同じ数の男女がワクチンを接種したかどうかは不明ですが、この数は、FDAが隠蔽するために非常に長い時間を過ぎた性別特異的ワクチン損傷リスクの非常に現実的な可能性を暴露します。

逸話的に、ワクチンによって損傷を受けた人々(痙攣、しびれ、痛みなど)に見られた神経学的損傷のほとんどは、男性ではなく女性に描かれています。FDAは、mRNAワクチンが自発的中絶の面でも女性に影響を与える不均衡な、性別固有の損傷プロファイルを示すことを知っているように見えます(また、レポートでカバーされています)。

 

ファイザーはFDAに対し、mRNA注射が「ワクチン関連強化呼吸器疾患(VAERD)を含むワクチン関連強化疾患(VAED)」を引き起こす可能性があるとFDAに語った。

これはFDAが、ワクチンが後に感染者を病気にして殺すことができること、を知っていたことになる

「不足している情報」のラベルの下で、ファイザーはまた、FDAに「妊娠と授乳における使用」や「12歳<小児科医での使用」に関する情報はないと語った。

ファイザーはFDAにワクチンが人を殺す可能性があり、ワクチンの有効性に関する情報はないと言いましたが、FDAはとにかくワクチンを「安全で効果的」として不正に押し進めました。ファイザーは、妊娠中の女性での使用に関する安全情報を持っていないとFDAに話しましたが、FDA(およびファウチ、CDCなど)は、安全情報が完全に不足しているにもかかわらず、すべての妊婦のためのワクチンを押しました。

この文書に基づいて、FDA自体は、FDAの製品が人々を殺していると公然と伝えたのとまったく同じ企業に使用承認を与えながら、ワクチンの負傷と死亡に関する真実を隠す刑事陰謀に深く取り組んでいるようです。

 

自然流産、新生児死亡、妊婦へのその他の影響

「妊娠と授乳中の使用」というラベルのセクションでは、mRNAワクチンがリンクされている報告について議論しています。

自然流産(23)、結果保留(5)、新生児死亡による早産、子宮内死による自然流産(それぞれ2)、新生児死亡による自然流産、正常な結果(それぞれ1)。

「自然流産」は、これらのレポートの中ではるかに多くの数を表していることに注意してください。言い換えれば、FDAはこのワクチンが胎児を殺すことを知っていたが、とにかく妊婦にそれを押した。

 

1)FDAは、mRNAワクチンを「安全かつ効果的」と承認する際に、犯罪詐欺と虚偽表示を行った。これは、FDAの最高意思決定者が今逮捕と刑事訴追に直面しなければならないことを意味します。

2)mRNAワクチンは、緊急使用の最初の3ヶ月でも致命的であることがファイザーによって知られていました。これは、ファイザー自体が致命的なワクチンを引っ張り、すべての販売と流通を停止すべきだったので、ファイザーはまた、無実の犠牲者の継続的な死に加担することを意味します。

 

 

※自動翻訳のために文章が不自然になってしまいました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

15 + 16 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。