新型コロナウイルス

ファイザー裁判所開示命令の続報、副反応リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイザー文書裁判所命令でFDAが開示の続報

勤務医団の本音@JPN_Doctors

 

Children’s Health Defenseより

ワシントンDC、2022年3月3日 – 米国食品医薬品局(FDA)の生物学的製剤評価研究センター(CBER)が発表した推定10,000ページの文書セットは、米国地方裁判所判事マーク・T・ピットマンが命じたもので、ファイザーが臨床試験からFDAに提出したデータへの一般アクセスデータを可能にします。ピットマン判事の判決に先立ち、FDAは「限られた資源」のために、機関が必要と主張した今後75年間のデータを抑制する計画を立てた。

文書に含まれる38ページのレポートには、ワクチン接種後の1,291種類の有害事象をリストアップした付録「特別利益の有害事象のリスト」が記載されています。

リストには、急性腎障害、急性フラクシッド脊髄炎、抗精子抗体陽性、脳幹塞栓症、脳幹血栓症、 心停止、 心不全、 心室血栓症、 心原性ショック、 中枢神経系血管炎、 死新生児、 深部静脈血栓症、 脳炎脳幹、 脳炎出血性、 前頭葉てんかん、 口の中で泡立つ, てんかん精神病, 顔面麻痺, 胎児の苦痛, 消化管障害, 消化管内科, 消化管障害, 一般化された強壮性クロニック発作、

橋本脳症、肝血管血栓症、帯状疱疹再活性化、免疫媒介性肝炎、 間質性肺疾患、頸静脈塞栓症、若年性筋神経症、肝臓損傷、低出生体重、小児の多重系炎症症候群、心筋炎、新生児発作、膵炎、肺炎、死産、頻脈、側頭葉てんかん、精巣自己免疫、血栓性脳梗塞、1型糖尿病、糖尿病、1型糖尿病、糖尿病 血栓症新生児、および脊椎動脈血栓症は、ワクチン接種後の1,246の他の病状の中で。

ファイザー公開文書 Review of Adverse Events of Special Interest (AESIs) .

「少なくとも今、FDAとファイザーがこのデータを75年間ラップの下に置き続けたかった理由が分かっています」と、子供の健康防衛(CHD)会長兼ゼネラルカウンセラーのメアリー・ホランドは述べています。「これまでに発表された臨床試験データは、ファイザーCOVIDワクチンに直ちに終止符を打つべきだ。重大な危害の可能性は非常に明確であり、ワクチンによって負傷した人々はファイザーに損害賠償を求める訴えは禁止されています。

米国政府は、FDAがこの年齢層に対して緊急使用承認(EUA)をまだ付与していないが、2022年4月30日までに出産される5歳未満の子供を対象としたファイザーワクチンの5,000万回の用量を既に購入している。COVIDから健康な子供に重傷または死亡するリスク実質的にゼロであり、これまでのところ、ワクチンは幼児に使用される場合には有効ではありません。

ガーディアンによると、「ファイザー昨年、Covid-19ワクチンからの売上高で370億ドル(£27bn)近くを稼いでおり、史上最も収益性の高い製品の1つとなり、2022年にはCovid-19ピルPaxlovidから大きな後押しを受けました。バイデン大統領は火曜日、追加のファイザーデータが一般に公開された同じ日に、一般教書演説でパクスロヴィドを宣伝した。「私たちは、人々が薬局でテストを受けることができるように、治療するためのテストイニシアチブを開始し、彼らが陽性であれば、無償でその場で抗ウイルス薬を受け取ります」と、バイデンは彼のスピーチの間に言いました

2020年12月中旬から2022年2月18日まで、米国政府のデータベースであるワクチン有害事象報告システム(VAERS)は、COVIDワクチン接種後に24,402人の死亡を含む有害事象の報告を1,134,984件受け取りました。さらに、米国では4,021例の心筋炎と心膜炎があり、ファイザーに関連する症例は2,475例、モダナでは1,364例、J&JのCOVIDワクチンでは171例であった。これらには、12歳から17歳の小児における心筋炎および心膜炎の643報告が含まれる。

「乳児や幼児をこの非常に危険な製品にさらすのは犯罪者です」とオランダは言いました。「VAERSのデータは、ワクチンが何百万人もの人々に与えている壊滅的な健康への影響を示していますが、ファイザーや他のワクチンメーカーは、ワクチンによる負傷や死亡の責任を問われることを恐れずに数十億ドルを集めています。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

12 + 18 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。