新型コロナウイルス

米国で新たにワクチンを推奨、接種後 魔の2週間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WHOのパンデミック条約とIHR国際保健規則変更を踏まえて、予想できたことではありますが、米国で新たにワクチン接種を推奨することになったというニュースです。これまで色々候補を探してきて、遅延性の後遺症効果や極端に大量死亡を起こさないこと、新たな出生を抑制するなどを考慮すると、コロナワクチンが無理なく徐々に人口を減らすツールだということなのでしょう。

WEF世界経済フォーラムは世界人口は10億が良いと言ってますから、まだまだ減らし足りないようです。海外では進んで接種に行くような国民はもういませんから、必然的に日本に注目が集まるでしょう。日本人が何時、ワクチンの有害性に気がついて自分で接種をやめるのか、これが問われていると思います。世界1の接種数で世界1の感染者数を出し続けながら、未だに気がつかないのは何故なのか。民が無知である事は国の存亡に関わります。日本は国として存続できるのか、接種した彼等にかかっています。

米国でコロナワクチンの1・2回目接種3億5400万回以上のうち、心筋炎が生じた事例は1600件余り。日本でも過去44年間の健康被害救済制度の認定数を越えているコロナワクチン健康被害が、果たして『極めて希』だと言えるかどうか。ワクチン接種から2週間は魔の2週間と言われ、感染しやすいことがいわれています。「政府が子どもを実験台にしている」との声がSNSで燃え上がっていることから、米国では接種する人はもういないでしょう。メリットがないことが明らかになって、最悪、後遺症や死亡に至るワクチンに対する信頼はゼロとなっています。

コロナワクチン接種3日後に死亡の米13歳、死因は細菌感染

配信

Forbes JAPAN

shutterstock.com

SNSでは「米政府のコロナ対策を率いたファウチがうそをついた」

山路徹氏 ワクチン関連死6人に一時金支給「こうしたデータを毎月発表すべき」(東スポWEB) – Yahoo!ニュース

山路徹氏 コロナワクチン接種後の死亡数「まだまだ増える」 実兄は接種2日後に急死 | 東スポWEB (tokyo-sports.co.jp)

山路徹氏 NHKのコロナ報道謝罪を批判「謝罪で済む話ではない」「検証番組を」 | 東スポWEB (tokyo-sports.co.jp)

山路徹氏

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

nine + 12 =