新型コロナウイルス

梅ポリフェノールがコロナウイルスを阻害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

梅ポリフェノールが新型コロナウイルスに対して阻害効果を持つことが明らかに

大阪医科薬科大学(所在:大阪府高槻市、学長:佐野浩一)医学部 微生物学教室の中野隆史教授と鈴木陽一講師らの研究グループは、紀州田辺うめ振興協議会(田辺市・JA紀南)との受託研究において、梅ポリフェノールが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して阻害効果を持つことを明らかにしました。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、大阪医科薬科大学で分離されたOMC-510 株を使用)にUP を0.1 mg/mL の濃度で処理することにより、ウイルスの感染性が98%以上減少することが示されました。また、1 mg/mL 濃度のUP 存在下で、2 日間における培養細胞中のSARS-CoV-2 の複製を65%以上減少させることが示されました。以上の結果より、UP はSARS-CoV-2 に対して阻害効果を持つことが明らかとなりました。

プレスリリース資料

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

20 − 6 =