新型コロナウイルス

厚労省職員の接種率は不開示に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

生物学者 池田 清彦 先生、長尾 和宏 医師などの出演、コロナワクチンの問題を明らかにしています。当サイトの読者なら理解できる内容です。

我那覇真子
クラウス・シュワブに出会いました!そして、これが起こったことです。 彼は私たちの抵抗を恐れています! @ WEFダボス2023

パンデミックはオバマ政権当時に計画され、国防総省が手配と契約を引き受け、世界中を恐怖のどん底に突き落とした。『軍事の対策品』となったワクチンは、ワクチンではなく軍の『対策』だった。自ら進んで治験に協力した子供たちは障害を負い、親たちが接種の中止を訴えても、各国政府には中止させる権限を与えられていない。

全てはドラマを演じるように進められ、配役、エキストラ、監督が国民をワクチン接種するように誘導していく。人類史上最悪の災禍は人々を突然死させ、時間的遅延地雷を身体の中に組み込まれ、何時爆発するか分からない恐怖に怯えることになる。 ⇒ コロナワクチンは米国防総省が手配して発注した軍事兵器だった

画像

肛門科女医 みのり先生 @koumonka_doctor·
誰が接種したかを公表しろって言ってないやん。接種率は何%なのかは個人情報じゃないでしょ

昨年、福島正典名誉教授が国会議員と厚労省職員のワクチン接種率を明らかにせよ!と追求していた問題の厚労大臣回答です。接種回数毎の接種率は秘密でも何でもないはずで、国民の接種率は当たり前のように公表しています。何でも秘密にするのが好きなようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

two × three =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。