新型コロナウイルス

コロナワクチンは米国防総省が手配して発注した軍事兵器だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恐らくこれが今世紀最大の人類に対する虐殺事件になると思われます。何と主犯は米国の国防総省だったのです。一体何のために、と思ってピンと来ないでしょうから少し解説します。国防総省は外国からの攻撃に備える国防のための組織ですが、彼等は国防のためにという理由でワクチンを発注し人々に打たせてきました。もちろん国民には知らされていません。しかし、それなら何処の国から守る必要があったのかが分かりません。

これは筆者の推測ですが、恐らくそれは外国からのウイルスによる攻撃があったという前提で、というよりドラマのようにそれを設定として、国民にワクチンを接種させようと計画していました。この部分は明らかになっていないため筆者の推測です。計画は2,013年オバマ政権の時になされており、「彼らは国家安全保障会議に責任を負わせ、それを戦争行為として扱った」とバイオ専門のジャーナリスト、Sasha Latyapova:サーシャ・ラティポワは述べています。

Laughing Man@jhmdrei·
やっぱり ワクチンじゃなく 軍事兵器だった。  ※情報公開法で判明

Image

ShortShort News@ShortShort_News【衝撃】情報公開請求文書により、コロナパンデミックはオバマ政権期からの国防総省の作戦であったことが明らかに 1/6
 
 

 

2023.1.15【米国】米国防総省の役割?【及川幸久−BREAKING−】

パンデミックは本来なら保健福祉省:HHSが扱うものだが、国防総省が担当しパンデミックをコントロールしていた。

全てのパンデミック対策の発注と手配は国防総省が行っていた。日本でいうと厚生労働省が発注するのではなく、防衛省が手配・発注を行っていたことになる。

その発注先は製薬会社

製薬会社が薬害など全ての責任を負わないことに。

その契約を交わした相手は3者連合で、ファイザー、ビオンテックの他に中国企業の復星国際が入っている。

復星国際は中国共産党系企業。

パンデミック前の2,018年にファイザーがビオンテックに投資しており、2,019年にビル・ゲイツがビオンテックに投資、その後2,020年3月11日にWHOがパンデミック宣言した。

そしてパンデミック宣言3月11日の後、3月16日に復星国際がビオンテックに投資、3月17日にファイザーがビオンテックに増資している。さらに3月以降、国防総省がファイザーと100億ドルの契約をしている。

その契約内容は情報共有を、復星国際を含めた3者で行うことになっている。何故、中国企業を含めているのか。

ビオンテックは元々規模が小さい会社だった。ところがパンデミックの数年前から多数の投資家が投資している。ベンチャー同然の企業は17億ドルを調達したが、大規模な臨床試験や製造は行われていなかった。その資金は何のためだったのか?

国防総省が行ったことは『緊急使用許可EUA』を使うことだった。数年かかる実験や治験が必要な医薬品承認を回避するためにEUAを使って緊急承認させた。緊急時の使用許可なので安全性や有効性を試験する必要がない。他に有効な選択肢がないことが条件。※従ってイベルメクチンは排除した。

パンデミックは当初から国家安全保障問題戦争として扱われ、国家安全保障会議:NSCによって決定された。戦争として扱われるということはワクチン注射ではなく、武器として扱われることになった。

武器または『対策』として扱われることになったため、インフォームドコンセントや他の手続きなどが不用となり、コロナワクチン接種は国防総省の対策となり、臨床試験は単なる演劇となってしまった。

※ 国防総省だけでこれだけのことが出来るとは誰も思わないでしょう。さて、国防総省に指示を出し、政府組織全体を動かすことの出来る勢力とは何者でしょうか。全貌が解明されていくのを待ちましょう。

速報:国防総省は、国家安全保障プログラムの下で最初からCOVIDの「ワクチン」を管理していました–ずっと嘘をついていました–決して「安全で効果的」ではありませんでした

CDMは、ワクチンに関してサーシャ・ラティアポワに何度もインタビューしています。彼女は今、Covidの「ワクチン」と国防総省について大きなニュースを速報しています。


即時リリース用

2022年1月5日

新しいドキュメントは、国防総省が管理するCOVID-19プログラムを最初から明らかにします

FDAワクチン承認プロセスは劇場でした

PREP法、緊急使用許可、およびその他の取引権限(OTA)の組み合わせにより、規制されていないワクチンを提供した大手製薬会社、代理店、および医療参加者をあらゆる責任から保護しました

ワシントンDC-議会で可決された法令、有効な法律の調査および情報公開法を通じて得られた追加の詳細によると、国防総省は、外国の攻撃に対する「対策」としてCOVID-19ワクチンプログラムを所有、実施、監督しています国民が組織化された恐怖キャンペーンに襲われている間、米国政府は国家安全保障上の脅威としてCovid対応を管理しました。

研究と文書は、医薬品開発業務受託機関(CRO)の元幹部であるサーシャ・ラティポワと集中的な法律研究者のキャサリン・ワットによって入手されました

3本足のスツール

覆面作戦は、3つの重要な法的操作を利用して調整されました。

1.緊急使用許可EUA。

2.準備法、

3. その他の取引権限

トランプ大統領は、2020年3月13日にスタッフォード法に基づいて公衆衛生緊急事態(PHE)を宣言し、国家安全保障会議にCovid政策を担当させました。Covid-19ワクチンは「医療対策」であり、ワクチンや医薬品として規制されていない製品の灰色の領域です。

「彼らは国家安全保障会議に責任を負わせ、それを戦争行為として扱った」とラティポワは述べた。

ワープスピード作戦/ ASPRの報告によると、国防総省は、主に国防総省の以前に確立された軍事請負業者とコンソーシアムのネットワークを利用して、Covid対策の開発、製造、および配布を注文、監督、および厳密に管理しました。

国防総省、BARDA、およびHHSは、大規模製造のプロトタイプデモンストレーションとしての「ワクチン」を含むすべてのCovid対策を命じ、他の取引権限の下での規制と透明性を回避しました。PHE中にEUAの下で使用されたプロトタイプとして、「ワクチン」を含むCovid対策は、製造品質、安全性、および表示に関する米国の法律に準拠する必要はありません。

その意味するところは、米国政府が、アメリカ人の「pロトタイプ」の法的地位を明確にすることなく、非準拠の生物学的材料の配備を承認および資金提供し、材料を通常の規制監督の対象としないようにし、その間、pu b licへの詐欺的な疑似「規制」プレゼンテーションを維持したということです」とLatypova氏は述べています。

最も信じられないのは、米国議会によって制定された現在の法律が隠蔽行為を合法にしているように見えるという事実です!」

PHEの下では、医療対策は医薬品として規制または保護されていません(21 USC 360bbb-3(k)。

アメリカ人は、FDA、CDC、およびアンソニー・ファウチのような代表がCOVID-19ワクチンプログラムを監督したと信じるように導かれました彼らの関与は、組織化された情報操作でした。COVID-19ワクチンの研究、材料の入手、配布、および情報共有に関するすべての決定は、国防総省によって厳しく管理されていました。

何百ものCovid対策契約が明らかになりました。多くの開示は編集された形式です。しかし、LatypovaとWattは詳細を埋めるための情報源を見つけました。これらの契約の見直しは、米国政府(DoD / BARDA)による高度な管理を示しています。成果物の範囲を「デモンストレーション」と「プロトタイプ」としてのみ指定し、臨床試験と製造品質管理を契約によって支払われる作業の範囲から除外します。製薬会社が金銭的リスクなしに偽の臨床試験を自由に実施できるようにするために、契約には、2005年のPREP法および関連する連邦法に基づく、製造業者およびサプライチェーンおよび流通チェーンに沿った請負業者に対するすべての責任の撤廃が含まれています。

規制当局や裁判所による行動がないのはなぜですか?ラティポワとワットによると、最近可決された法律と大統領命令の組み合わせにより、嘘をつくことは合法になります!HHS長官は、保健国家緊急事態が3か月ごとに議会によって延長され続ける場合、誰にも責任を負わない。

COVID-19がヒットした瞬間に重要な情報操作が開始されました。米国政府、諜報機関、メディア、ビッグテックは共謀して、反対する医師、批評家、実行可能な代替治療を非難しながら、緊急使用許可法に基づいてワクチンを合法的に指定するために設計された激しい圧力キャンペーンを調整および実施しました。この指定により、標準的な安全および公衆衛生プロトコルを欠いた迅速な製造が可能になりました。

ワクチンがEUAの下で指定を受けるためには、他の既知の治療法や治療法はあり得ません。したがって、イベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどの多くの実績のある治療法は、メディアでブラックリストに載せられ、これらの安価ですぐに入手できる薬が過去にその有効性で予告されたときに「馬の駆虫剤」として却下されました。

ピーター・M・マッカローやピエール・コリーなどの著名なCOVID治療医は、彼らの医療資格に対する前例のない攻撃に直面しています。

 これが「ワクチン」の典型的な契約範囲です

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

15 + 2 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。