新型コロナウイルス

オミクロンの正体25行動制限は免疫力強化を奪う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナ最新情報 オミクロンの正体25<本編>

尾身 茂 政府感染分科会会長 第7波に突入と発言

現在、オミクロン株派生型BA.5が感染の主流となっており、尾身会長が緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置等の行動制限は必要なく、検査やワクチンなど基本的対応で乗り越えることが可能だとしている。しかし、この発言は過去の人流抑制策がすべて無効であったことを、尾身会長自身が認識していることを意味している。また、厚労省が接種日不明の接種者を未接種者枠に入れてデータを捏造していたことが発覚し、計算し直した結果逆に2回接種した人が感染しやすくなっている傾向があることが明らかになった。

しかも、手持ちのワクチンは昨年夏までのACE2受容体型コロナに対するものであり、オミクロンには無効である事が判明している。従って、尾見さんは国民に謝った情報を与えて無効なワクチンの在庫処分を画策しているとしか考えられない。国民の命を預かる責任者として極めて不誠実である。現在主流となりつつあるBA・5は感染力がBA.2より少し強いが、世界的に重症化する気配は皆無である。

事実、日本でも重症化率の指標となるエクモネット:ECMOnetの稼働率は極めて低い。一部の専門家が煽るように日本でも、BA.5が重症化する兆しは皆無である。一部の専門家やメディアに煽られて、無効で危険なワクチンを国民に接種させてはいけない。

BA.4とBA.5について

多くの変異を有するオミクロンには様々な亜株が存在し、その中でも前株より感染力が高くなった場合に命名がなされる。しかしこれらの亜株の間には、劇的な性質変化は見られない。メディアが新たな亜株で恐怖感を煽っているが、それらのフェイクニュースに惑わされないことが大切である。

新たな系統BA.2.75

BA.2.75は今年6月にインドで検出されたが、他に約10カ国で感染が確認されていて世界的に広がっていると思われる。しかし、BA.2.75が他の亜株より深刻な症状を引き起こすという所見は、世界的に見られていないし、一方この亜株にも手持ちのワクチンは無効である。

上海での変異株、ロックダウンの繰り返し

オミクロンも含めてコロナウイルスは永遠に変異し続け、その大半は免疫力の増強により弱毒株として対応可能である。ワクチンを打たせたい一心で非科学的なことを論理破綻したことをメディアで煽っているにすぎない。

韓国のコロナ再拡大6月19日52%で15ポイント増加。BA.5の免疫回避能力がオミクロン株の3倍。変異の度に感染力が強まる。

ACE2標的型で血栓症を誘起する昨年第5波までのコロナ株と比べて、プラス荷電が激増した第6波以降のオミクロン株では、喉の粘膜組織のマイナスの糖タンパク質に結合して局所的に感染する。こういうことでオミクロン株全体は、重症化しない基本的な特色を持っている。新型コロナの分子特性は、相当部分が解明されて既知のウイルスとなっている。

一方遺伝子ワクチンでは、次々に未知のリスクが報告され続けている。情報鎖国で世界的に孤立した日本のみが、無効で危険なワクチンを打ち続けている。これを承知で進めている政府と専門家の罪は極めて大きく、歴史的に断罪されるであろう。

今度は武漢コレラか?

動くものは何でも食べる、あっぱれな食文化の中国は、人獣共通の病原体が誕生しやすい基盤がある。中国の生鮮市場は、どこでもタジタジとするものであり、不衛生である事のために、武漢が特別であるということはない。今回の新型コロナの武漢誕生では、感染力増強実験をアメリカ内で行っていたCDCを始め、WHOや欧米各国が関与している可能性が示唆されている。

世界が落ち着いたら、やがてその全容が白日の下にさらされる時が来るかも知れない。

行動制限は免疫力強化の機会を奪う?感染拡大するままに任せる?

その通りです。あの頼りない尾身会長ですら、効果の無い自粛や人流抑制は不要と述べており、さすがに自分たちの愚策ぶりに気がついているのであろう。

職場内感染が増えている?

旧型コロナの60倍もの感染力を獲得して無症候性パンデミックとなったオミクロンでは、現代科学で感染を止めることは世界的に不可能である。人類にはのど風邪のコロナと共存していく選択肢以外はあり得ない。と考えるのが感染学の基本である。

2類から5類へ、全数把握か定点観測か。5類で自己負担が発生。

2類の場合は陽性が判明したら即座に保健所に届けて入院隔離が必要ですが、5類ではインフルエンザと同等の対応をすれば良い。2類相当では、入院から検査の保険適用の自己負担分は公費ですが、5類以下になりますと保険適用の自己負担分が必要になります。しかし、喉風邪に対して昔からそのように対応してきたので、なんの問題もない。困るのは医師会の利権問題のみである。

4回目接種対象拡大。医療従事者や高齢者施設職員にも拡大で調整。

これは過去の経過やワクチンの無効性を無視した愚策である。専門家でなくとも判断出来ること。最低限、過剰反応をやめた欧米諸国を追従する知恵も働かないのであろうか。

ワクチン被害の現状をどのように捉えるのか。

これは国が主導した史上最悪の人災被害であり、その被害を知りながらワクチンを接種し続けている関係者は厳しく罰せられなければならない。

コロナワクチン政策、参政党の役割は?

欧米と異なり、情報鎖国状態の日本では、メディや専門家の煽りによる過剰反応でバカ騒ぎをしないことである。そのためにも安倍前首相の遺言である2類を5類以下に格下げすることが国策として急務である。

『マスクを捨てよ!街へ出よう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

two × one =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。