新型コロナウイルス

2023年超過死亡はどうして認められないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超過死亡とは例年の死亡数から予測死亡数を導きだし、増加したか減少したかを表わす指標です。この『例年の死亡数』というところが重要で2021年、2022年で大きな死亡数を記録したため、元になる予測死亡数を押し上げたことで2023年は超過死亡数が増えなかったということです。では変わらずワクチン接種が進められている中で死亡数が増えなかったのでしょうか。予測死亡数が高くなったので、これでは超過死亡数だけを見ても分りません。ワクチン接種が始まる前の時期を取ってきて比較する必要があると思います。

「超過死亡」は、過去のデータから統計学的に推計される死亡者数を実際の死亡者数がどれだけ上回ったかを調べる手法で、国立感染症研究所などは今回、全国各地の17の自治体から提供された死亡者数のデータを用いて分析しました。新型コロナ「超過死亡」例年と比べ増えていない 国立感染研 | NHK | 新型コロナ 国内感染者数

超過死亡率(英:excess mortality rateexcess death rate)、超過死亡とは、特定の母集団の死亡率(死亡者の数)が一時的に増加し、本来想定される死亡率(期待値)の取りうる値(信頼区間)を超過した割合のことである。超過死亡の増減は、平均寿命に影響を与える[1][2]。高リスク群が予測よりも早い時期に死亡した後に、平均以下の死亡率になる現象は、「死亡率の移動」(英:Mortality displacement)と呼ばれる[3][4][5]

世界における平均寿命の推移。2020年はCOVID-19の影響で減少した国が多い。日本(一番上の黄線)、アメリカ(青線)

超過死亡は通常、感染症(特にインフルエンザCOVID-19のパンデミック)、熱波寒波などの異常気象災害戦争喫煙大気汚染肥満などによって引き起こされる[6][7][8]。超過死亡は、例年から予測される死者数と、実際に報告された死者数を比較した場合の増加分であり、特定の感染症や災害による直接・間接的な死者数を予測することができる[9][10][11][12][13]。 超過死亡率 – Wikipedia

 

※ そこでコロナ前の2012年から2019年を予測式に使った人のデータが出てきました。以下のものです。2023年超過死亡数は12.7万人、超過率8.7%。公式の超過死亡数とは言えないものの、明らかに死亡数が増えています。

勝手に 年間超過死亡 算出 2023年の 超過死亡数は 12.7万人 超過率は 8.7% でした ※↑の超過死亡 2012~19年の死亡数を元に算出した予測値(点推定,平常時に予想される死亡数)と実際の死亡数の差。直近5年実績ベース前年重視なモデルの予測値(危機前提の予想死亡数)を使う感染研のとは別モノです。

Image

 

藤江@日本人、謎の大量死※コロナでは説明できない on X: “【最新版】 予防健康被害救済制度の認定数 新型コロナワクチンのおびただしい健康被害認定数を知ってください。 2月26日、これまでの死亡認定例で最も若い、13歳男子の死亡(突然死)も認定されました。 1日経過しましたが、これが全く報道されていません。 https://t.co/cNJmufzXs9” / X (twitter.com)

藤江@日本人、謎の大量死※コロナでは説明できない
 
@JINKOUZOUKA_jp
【最新版】 予防健康被害救済制度の認定数 新型コロナワクチンのおびただしい健康被害認定数を知ってください。 2月26日、これまでの死亡認定例で最も若い、13歳男子の死亡(突然死)も認定されました。 1日経過しましたが、これが全く報道されていません。

Image

Image

Image

Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

19 + 1 =