睡眠時無呼吸

睡眠時無呼吸:舌下神経電気刺激療法とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時無呼吸症候群の治療法で舌下神経刺激療法というものがあるそうです。

AIで検索すると次のように出てきました。

舌下神経電気刺激療法は、埋め込み型のパルスジェネレーターを鎖骨下に手術で植え込み、本人の呼吸に同期して微弱な電気で顎下にある舌下神経を刺激する治療法である舌基底部の筋収縮を誘発することで、のどに落ち込んでいる舌を収縮させて前に出し、のどの空間を広げて空気の通りを良くする。この治療法は、CPAP治療に適さない、あるいは、CPAP治療に耐えられない、中等症以上の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者に対して行われる。2021年6月に保険適用が認められた新しい治療法である。治療は外科手術により完全に体内へ植込まれる小型デバイスシステムであり、就寝前にリモコンのボタンを押してしばらくすると、システムが起動する。

舌下神経電気刺激療法とは、埋め込み型のパルスジェネレーターを鎖骨下に手術で植え込み、本人の呼吸に同期して微弱な電気で顎下にある舌下神経を刺激する治療法です。舌基底部の筋収縮を誘発することで、のどに落ち込んでいる舌を収縮させて前に出し、のどの空間を広げて空気の通りを良くします。
対象となるのは、CPAP治療に適さない方、またはCPAP治療に耐えられない中等症以上の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者さんです。CPAP治療との比較試験では、主観的な眠気の改善において、舌下神経電気刺激療法のほうが優位であったことが報告されています。

舌下神経電気刺激療法は、埋め込み型のパルスジェネレーターを鎖骨下に手術で植え込み、本人の呼吸に同期して微弱な電気で顎下にある舌下神経を刺激する治療法である。治療は外科手術により完全に体内へ植込まれる小型デバイスシステムであり、就寝前にリモコンのボタンを押してしばらくすると、システムが起動するというものです1。期間については、特に情報が見当たりませんでした。

医療も少しは進歩しているようです。寝ているときに舌の付け根が下がって気道を圧迫することから考案したのでしょう。実は私がやっている改善道場も同じ原理を使っています。改善道場では舌の付け根が下がって気道を塞ぐなら、下がっても良いくらいの十分な気道を確保すれば良いのだと言っていました。刺激を与える位置も近いようです。

東海地方初“睡眠時無呼吸症候群“の最新治療 「舌下神経電気刺激療法」を導入 | 藤田医科大学 – Fujita Health University (fujita-hu.ac.jp)

しかし、身体に侵襲がある手術で埋め込むというのには、賛成できかねますね。そのようなことしなくても、いくらでも楽に呼吸できる方法はあります。患者の皆さんにはいくら説明しても分らない人がいて、自分で実施するというと、引いてしまうことが多くありました。でも面倒で苦しくなる器具も、侵襲がある手術も避けたければ、自分でやるしかないのですね。

改善への実践で3ヶ月程度経過すると、首の周りの細胞が新たに入れ替わり、外見上もしっかりしたものになると共に、自分で見ても改善が分るようになります。ここまで来ると簡単には無呼吸にならない身体へと変わっていますので、身体のケアをする頻度は減少していきます。つまり、ずっと苦労してケアをし続けなければならいということはありません。ほとんど日常生活で気にする機会も減っていくと思います。あとは季節ごとにチェックしてケアをするだけです。

ここまで書いてきて問題に気がつきました。それは舌下電気刺激療法にはアナフィラキシーなど重大な副作用がある場合があるということです。アナフィラキシーは一旦発症すると生命に重大な影響を及ぼしますから、選択する場合はそれなりの覚悟を持って行うことになりそうですね。また、体内埋め込みということは他の心臓のペースメーカーと同じですから電子機器に特有の問題があると思われます。以下はペースメーカーの問題です。

  • イベントを過剰に検出する(オーバーセンシング)
  • イベントを見逃す(アンダーセンシング)
  • ペーシングしない
  • キャプチャーしない
  • 異常なレートでペーシングする

正常に作動しない、誤作動などの問題がありそうです。またペースメーカーの設計(電池)寿命は7年程度なので、その度ごとに開胸して再埋め込み手術が必要となるでしょう。手術は全身麻酔だそうですから、それなりに侵襲があると考えて良さそうです。入院費も2,3万円では済みませんので、それなりの金額になるでしょう。

耳鼻咽喉・頭頸科|舌下神経電気刺激療法|順天堂大学医学部附属順天堂医院 (juntendo.ac.jp)

睡眠時無呼吸症候群を治療せずにいるリスク――閉塞性睡眠時無呼吸と生活習慣病の関連性 | メディカルノート (medicalnote.jp)

投稿 ‹ 無呼吸 めまい 首の不調 改善道場 — WordPress (k-doujou.com)

結論から言うと、舌下神経刺激という着眼点は良いものの、体内埋め込みにしたり、アナフィラキシーの恐れがったり、メインテナンスが必要だったりでメリットが何処まであるのだろうかというのが感想です。

改善道場では偶然かも知れませんが、着眼点はほぼ一緒で、機械、器具を使わずに改善が出来てしまうところに特徴があります。但し自分で実施することが難点ですが、大きなメリットがあります。自分でやることの強みは、何度でも、どんなときでも、自分で実施できることです。この方法をマスターすれば、様々な問題にこの方法が使えることになります。この実践を通して身体のメカニズムを知ることが出来ると思います。

考えるよりも行動に移すこと! 一足先で待ってますよ。

 

改善道場再開します

変形性ヒザ関節症で歩けない、立ち上がるのが大変な人へ チャレンジする人はこちら

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

sixteen − eleven =