新型コロナウイルス

JPSika:日本の高齢者を使って治験を続ける意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰の役にも立たず、害しかもたらさないものはさっさとやめろ! XBBなど既に日本で流行ってない!

塩野義、コロナ変異株ワクチンの最終治験開始

塩野義製薬は18日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンについて、変異株のオミクロン株派生型「XBB・1・5」に対応したワクチンの最終段階の臨床試験(治験)を開始したと発表した。今年度内に完了し、国から承認を得たうえで来年秋の接種に間に合わせたい考え。 治験はすでに承認された新型コロナワクチンを2回以上接種した成人600人を対象に追加接種。ウイルスの働きを抑える中和抗体価を、米ファイザー製を追加接種した場合と比較する。 塩野義は従来株対応ワクチンを昨年11月に承認申請し、今年7月の厚生労働省の専門部会で継続審議となった。従来株対応で承認をまず取得し、「XBB・1・5」対応で追加申請を行う方針。新たな変異株にも対応できる供給体制を目指す。 ファイザー製などの「XBB・1・5」対応ワクチンは、9月に始まった秋接種で採用。さらに第一三共が開発した「XBB・1・5」対応ワクチンが国産で初めて承認され、12月から順次、国内で接種が進められている。

 

鵜川和久 on X: “本日、朝日新聞が夕刊の社会1面トップで掲載してくれた。 NHKの捏造報道、そして今朝の陰謀論の放送。 本来ならばこう言った事実を1時間半は放送すべきだ。 反ワクチンが気狂い扱いされ、これだけの被害が出ている事実を受け入れなければならない。NHKは重罪で有る。… https://t.co/xb1vXu27jm” / X (twitter.com)

鵜川和久@sousyou13
本日、朝日新聞が夕刊の社会1面トップで掲載してくれた。 NHKの捏造報道、そして今朝の陰謀論の放送。 本来ならばこう言った事実を1時間半は放送すべきだ。 反ワクチンが気狂い扱いされ、これだけの被害が出ている事実を受け入れなければならない。NHKは重罪で有る。 NHKは局をあげて反ワクチンに対する認識を全国民に改めさせる報道をしなければ償えない。
※読みづらいかも知れません。

Image

 

残された者の訴えをもう一度聴け! 

N shinchan on X: “私達はワクチン接種で家族を失った者の悲しみを共に味わい、お互いに情報を共有し、戦ってきました。異を唱えるものを排除して悪態をつく参政党を頼むことは不要です。保守どころか反ワクチンの人の精神からもかけ離れています。このまま続けて行くのみ!” / X (twitter.com)

N shinchan
 
@Nshinchan3
私達はワクチン接種で家族を失った者の悲しみを共に味わい、お互いに情報を共有し、戦ってきました。異を唱えるものを排除して悪態をつく参政党を頼むことは不要です。保守どころか反ワクチンの人の精神からもかけ離れています。このまま続けて行くのみ!
 

もう既に日本でワクチンを打ち続ける意味は無いが、打たせる意味は、長期に多数回打たせて日本の方が先行して副作用が表れるので、それを見ている。第一三共mRNAワクチンがコードしているタンパクはRBDだけで、だから抗原原罪を回避できるのではないかと期待があるようです。今度のRBDは小さいため抗原性が少ないと言うことで沢山打つ。2倍量を打つので12倍のRNAが入る。毒性は血管毒、血栓毒、2倍量のリポナノパーティクル(LNP)によるアジュバント毒性で全身炎と心筋炎の恐れ。局所で皮膚の紅斑が数倍になる。39度以上の発熱が数倍になる。

一方、アークツルス明治製菓ファルマのレプリコンワクチンは、何時までスパイクを作り続けるのか分らない。それによって免疫異常の副作用がどの程度続いて、どの程度種類が増えて酷い状態になるか分らないのでそれの治験。修飾核酸を入れてないため炎症が起きて全身炎症性副作用。全身に非特異的にばらまかれるので、全身炎症がどの程度になるのかは全く不明。

完全に必要のないものを打たせるという治験なので、死亡一時金が4千数百万円から700万円に減っており、高齢者を騙して打たせるもの。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

thirteen − 9 =