新型コロナウイルス

村上康文先生・井上正康先生対談:パンデミック条約、IHR、レプリコンワクチン、厚労省委員会、他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の超党派議連の後で収録されたものだと思います。ウイルスのような自己増殖ワクチンを接種した日本人は世界中から恐れられ、虐殺されることはないでしょうが、日本人という理由で入国禁止、強制送還の排除措置を受ける可能性は十分あるでしょう。国内では感染が蔓延して死亡や重篤化する例が続出し、体内で長い時間留まることでigG4化が進行し、mRNAが増える特性から免疫抑制と、自己免疫疾患が激増する事が考えられます。

【考察】レプリコンワクチンを何故日本人に作らせるのか?

 

 

これからはこういう突然死が日本で起こるようになるでしょう。

Laughing Man on X: “アスリートが、アナウンサーが、ミュージシャンが、みんなの目の前で「倒れて死ぬ」。ワクチン展開以降、何度見ましたか? R.I.P https://t.co/eUwuFWnmUV” / X (twitter.com)

Image

Laughing Man on X: “ワクチンを信じると ロクなことがありません。 https://t.co/SGretsDy3c https://t.co/B5Otnz54AM” / X (twitter.com)

Image

その主張が物議を醸していた、カナダの企業メディアジャーナリストが、報道によると、わずか33歳で死去した。

イアン・ヴァンダエル氏は入院後に死亡し、「神経学的死亡が宣告された」と遺族が明らかにした。

ヴァンダエル氏はビジネス・ジャーナリストで、フィナンシャル・ポスト紙の記者および編集者として働いていた。

しかし、彼は ツイッター/X でのコロナワクチン支持の投稿でソーシャルメディア上で多くの人に知られていた。

ヴァンダエル氏はワクチンパスポートと義務化を主張し、注射を拒否した者は解雇するよう求めていた。

同氏はまた、ワクチン接種を受けていない人々は逮捕され、強制収容所に連行されるべきだと提案していた。

ヴァンダエル氏のパートナーであるステファニー・ヒューズさんは、彼が 2023年12月5日に亡くなったことを明らかにした。彼女は X への投稿で以下のように述べた。

「パートナーのヴァンダエルは 11月18日から入院していましたが、神経学的死亡を宣告され、今朝、生命維持装置を外されました。とても心が重いです」

「彼は 33歳でした」

ヴァンダエル氏はソーシャルメディアで何度も新型コロナワクチン接種を奨励するためのインセンティブを主張していた。

同氏はまた、ワクチンパスポートの導入と接種を拒否した者の解雇も要求した。別の投稿で、彼はトロント警察に対し、接種を拒否した警察職員を解雇するよう求め、次のように述べた。

「ワクチンを打つか、仕事を諦めるか。それ以外の選択をすることは、道徳的かつ倫理的に卑劣だ」

入院前のさまざまなソーシャルメディアの投稿からわかるように、ヴァンダエル氏の健康状態は良好で、積極的に仕事に取り組んでいるように見えた。

ヴァンダエル氏の突然の死の原因は公表されていない。

 

 

Patent SUN
 
@Patent_SUN
第一三共の資料「非臨床試験の概括評価」によれば、マウスの試験で全LNPのうちの13.3%が呼気から排出されたと記載されています。尿や糞を加えると22.9%が体外に排出されます。 mRNAやDNA断片はLNPに包まれていますから、これらが呼気中のLNPを介して第三者に伝播する可能性は十分にあるのではないでしょうか。 第一三共のLNPは独自のものでファイザーやモデルナのLNPとは異なりますが、それらの作用機序は同じですから、ファイザーやモデルナでも同様に呼気を介して体外に排出されている可能性は想像に難くない。 海外の研究者の方はこれをみて、世界で初めて呼気中のLNPを測定した結果ではないかとコメントされていました。 pmda.go.jp/drugs/2023/P20

Image

MDR:ワクチンの 安全性に重大な懸念。 . ドイツのテレビ局MDR:調査により、最も汚染度の低いバッチでさえ「WHO制限値を83倍」も超え、最も汚染度の高いバッチでは「354倍」ものDNAが検出された。重大な懸念と指摘。

” Umschau 2023年12月12日、MDRの評判の高い調査番組「Umschau」が放送され、ファイザーのCOVID-19ワクチンにおけるDNA汚染の深刻な問題にスポットライトを当てました。このエピソードでは、ブリギッテ・ケーニッヒ教授の独立したマクデブルク研究所が、ビオンテックとファイザーのワクチンの5つのバッチでかなりの異物DNA汚染を発見したことを報告しました。 Umschau Umschau Umschau

発見されたDNAレベルは世界保健機関(WHO)の限度を超えており、世界的な集団接種の取り組みで使用されるワクチンの安全性に大きな懸念が生じています。

この研究では、最も汚染の少ないバッチにはWHOの制限値の83倍の外来DNAが含まれており、最も汚染されたバッチのDNAレベルは安全閾値を354倍上回っていることが強調されました。これらの驚くべき結果は、mRNAワクチンの製造と規制当局による監視を強化しています。

ユルゲン・キルヒナー博士は、疑わしい製品を市場から排除することを義務付ける医薬品法の特定の条項に基づいて、ワクチンの撤退を強く求めました。キルチネル氏は2023年9月、連邦議会の請願委員会に調査結果を提出した。

 
 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

seventeen − ten =