新型コロナウイルス

アーミッシュの生活様式から 他地域よりコロナ死亡率90分の1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日お伝えしたアーミッシュのことを取り上げています。確かに2020年新型コロナ流行当時には超過死亡が2.3倍に増加しましたが、その後のワクチン接種を拒否、ロックダウンも拒否した結果、コロナ死亡率は他のアメリカ地域に比べて90分の1だった。特筆すべきは自閉症、自己免疫疾患、てんかん、ADHDはアーミッシュの子供たちには存在しないということです。文明と隔絶した土地で自分達の生活様式を貫いた方が感染から守られるようですね。我々に示唆してくれるものがあるようです。

何十年もアメリカ政府はアーミッシュを研究してきたが、一度も結果を公に発表していない。その理由は明白で、政府のガイドラインに従わなければ、より健康になれる。だから報告がないのだ。それが(ワクチンとロックダウンの)ストーリーに壊滅的な影響を与えるからだ。

ワクチンを接種していないアーミッシュのコロナの死亡率はアメリカの他の地域より90倍低い

パンデミックがアーミッシュコミュニティに与えた影響に関する大規模な調査によると、伝統的な市民グループであるアーミッシュのコロナによる死亡率は、アメリカの他の地域よりも90倍低いことが明らかになった。

この研究で明らかになった主な違いは、アーミッシュ・コミュニティが米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインを完全に無視したことである。

アーミッシュの家族はワクチン接種もマスクの着用もせず、戸締まりや社会的距離の取り方、その他のいかなる制限も行わなかった。

この研究はワクチン安全性研究財団(VSRF)によって実施され、特にペンシルベニア州ランカスターのアーミッシュの人々に焦点を当てた。

ランカスターには、45,000人以上のアーミッシュが住む世界最大の単一コミュニティーがある。

今週、ペンシルベニア州上院で、VSRFの創設者であるスティーブ・カーシュは、彼の研究について証言した。

コミュニティーでは5人がコロナで死亡した。カーシュは、この計算からアーミッシュの死亡率は “アメリカ合衆国の感染症死亡率の90分の1 “であることが明らかになったと述べた。

その理由はアーミッシュの家庭がワクチンを打たないからだと彼は続けた。

アーミッシュはCDCのガイドラインに一つも従わなかったからである。彼らは基本的に、CDCが私たちに示したガイドラインをことごとく無視したのです

後にカーシュは、研究者たちはアーミッシュコミュニティで「ワクチン接種を受けていない自閉症児を見つけることができなかった」とも述べている。

さらに、ADD、自己免疫疾患、PANDAS PANS、てんかんのような病気は基本的にアーミッシュの子供たちには存在しないと付け加えた。

アーミッシュ:アメリカのペンシルベニア州や中西部などに居住するドイツ系移民集団である。アメリカのキリスト教者共同体であり、 移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしている。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

one × 4 =