新型コロナウイルス

井上正康先生、村上康文先生 動画他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウクライナ現地ドネツクから報告。ウクライナ軍が住民、民間人に対して攻撃を行っている。

ワクチン3回接種後に悪性リンパ腫を発症した原口一博 衆議院議員と井上正康先生の対談。

今回のパンデミックやワクチン行政を見ると、医学だけでは解決せず政治やお金の流れを見なければ解けない問題だと思う。日本に米CDCがオフィスを設置する法案(CDC設立法)が成立したことで、これからワクチン接種やパンデミックに意味が出てくると思われる。それ以降は厚労省が無いに等しい存在になる。生物兵器の禁止は一番最初にやらなければならないのに、アメリカに対して何も言えない今の政権はDSの傀儡。WHOテドロスは製薬企業のセールスマン。

WHO日本オフィスとCDC東京事務所、そして憲法の緊急事態条項が揃えば何でもやれてしまう。日本がこれからやろうとしているのはレプリコンワクチンで、微量のRNAとRNAを増幅する遺伝子を同時に入れると、接種した37兆個の細胞でいくらでもRNAを増産できる。ものすごく危険なこと。これを日本人で治験をやろうとしている。

【ゲスト:世界情勢アナリスト 河添恵子氏】LIVE適塾☆世相解剖学 第13回ニコ生ライブ

前半無料後半有料

原口一博議員

村上先生との対談 2023/06/02

欧米ではワクチン接種を巡る状況は変わってきて、日本でしか打っている国はないようだ。6回目を打つというのは世界中で日本だけ。これだけ多数回接種すると誘導される抗体も変わってきて、igG4が優勢になってくる。その結果免疫力が抑制されウイルスを排除できなくなってしまう。欧米で起きていることが何故、日本で報じられないのか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

twenty + nine =