新型コロナウイルス

mRNAワクチンにDNA混入問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mRNAワクチンにDNAが混入している疑いは大変重要で、今後大スキャンダルに発展する可能性があります。今までワクチンの有害性をお伝えしてきましたが、この問題はそれ以上に深刻で、接種した人は混入したDNAによって、遺伝子を書き換えられている可能性があるためです。そのためこの問題は再度繰り返しお伝えしていきます。

今現在接種しているmRNAワクチンにDNAが混入されていたのではないかという疑惑が起こっている。

ケビン・マッカーナンは塩基配列解読の第1人者。この人物がファイザーとモデルナのmRNAワクチンに過剰な量のDNAが含まれていると発表した。

DR. J Gilmoreがこれは遺伝子組み換えではないかと言っている。『遺伝子組み換えの子供たち』が出来てしまうのではないか。

DR. J Gilmoreとマッカーナンの会話がサブスタックに出ている。

この問題を日本で取り上げたのは村上康文 東京理科大学名誉教授と荒川央 イタリア分子腫瘍学研究所:文末に『スペース』がありますので聞いて下さい。

mRNAワクチンに入っているはずのないDNAが入っていたという疑惑。

mRNAワクチンにDNAが残っていた。そしてプラスミドまで残っていた。動物の細胞にDNAを入れるという遺伝子組み換えはあるが、人間の細胞では絶対にDNAを除くもの。人間には独自のDNAがあるので、それ以外のDNAを入れることは絶対にあり得ない。もしそれが起きているなら大変なこと。mRNAを打っているつもりが、もしかしたらDNAも打っているのではないか。

mRNAワクチンはスパイクというトゲトゲがあるのが特徴で、このスパイクがコロナという名前。その中にはRNAの遺伝子情報が入っていて、RNAの中にスパイクタンパクを作るRNAがあるが、コロナウイルス全体ではなく、RNAの部分だけを抽出してワクチン粒子を作ったのが今回のワクチン。それがスパイクタンパクを作るmRNA。これをそのまま注入したら壊れてしまうので、資質ナノ粒子に包んでいる。

そしてこれがヒトの細胞に結合して、中に入っていたmRNA(設計図のコピー)に基づいてスパイクタンパクがヒトの細胞の中で作られ、そうするとトゲトゲのスパイクが出てくる。このスパイクが出てくると、人間の免疫細胞がこれを異物だと認識して攻撃をする。その結果抗体ができて、外からウイルスが侵入したときに即時攻撃が起こるようになる。ヒト細胞の中に細胞の核があって、ここに重要な遺伝子情報のDNAがある。

人間の身体の基本はタンパク質で出来ている。そのタンパク質の中身はDNAの塩基の並び方で決まる。

DNAは2本のらせん構造で、その間を繋ぐところが塩基

塩基の並びはA,T,G,CでUのウラシルはDNAの塩基ではなくRNAの塩基。

DNAというのはタンパク質の設計図でリボソームはタンパク質を作る工場。この工場で設計図通りにタンパク質を作る。ところがDNAから直接タンパク質は作れない。

細胞の核の部分にDNAがあるが、DNAは一旦RNAに変わって(転写)、細胞核を出て細胞質に出てきてリボソームと言う工場に持ち込まれて、そこでタンパク質を作る仕組みになっている。このプロセスが転写。

DNAはタンパク質の設計図原本だが、原本はすごく重要なものなので、細胞核から持ち出すことは禁止になっている。そこで設計図のコピーであるRNAを持ち出してリボソームに持ち出している。これが転写。

ウイルスの多くはRNAしか持っていないため、DNAはない。その中で一部のウイルスはRNAからDNAをつくりだし、宿主のDNAに組み込ませることが出来る。RNAからDNAを作ることを逆転写という。

この逆転写によって、人間の身体のDNAにプラスしてウイルスのDNAが入り込むという恐ろしいことが起きる。今回はこれと似たようなことが、もしワクチンにDNAが混入されているとしたら、人間のDNAにプラスして外から別のDNAが入ってくることになる。

mRNAワクチンにDNAが混入したということは、遺伝子組み換えにならないか?

遺伝子組み換えで使われる方法がプラスミドの遺伝子組み換え。プラスミドはDNAで輪になっているもの。(真ん中)このプラスミドを途中で切り、そこに別のDNAを挿入してノリでくっつけて、もう一度輪にする。これが遺伝子組み換え。何のためにやるかというと、別の遺伝子を細胞に運ぶためにやっている。これがプラスミドベクター(運び屋)。このプラスミドベクターがmRNAの中にそのまま残っていたことが判明した。普通はそれを除外するはずなのに、除外しなかったら遺伝子組み換えになってしまう。

さらには、どういうDNAが入っていたのか? SV40 DNAウイルスだが、これは発癌遺伝子を持っているウイルスで、ワクチン製造にはまったく必要のない配列をしている。何故入っていたのか。

だから即座に止めるべきだ。村上、荒川両氏が訴えている。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

3 × 1 =