新型コロナウイルス

河添恵子さん提供:劣悪なワクチンデータが大量に3-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日に思いがけず地域選出の衆議院議員の訪問がありました。政権党の大臣経験者なのでワクチン接種の問題をメールしておきました。それを見てどう考えるかは本人の問題なので、私には分かりませんが、欧米の人たちは気がついて接種しなくなっており、いずれ日本にも波及して責任追及の嵐になると書きました。自分として出来ることはやっておきたかったのです。

【参政党】周囲の人たちが”続々”と…私も…実は僕も…ヤバすぎる質問への回答は… 大至急、拡散お願いします。ワ●議連 2023年2月2日 神谷宗幣 須藤元気 川田龍平【字幕テロップ付き 切り抜き】

2,023年2月2日ワクチン議連の厚労省に対する質疑応答が行われました。今回は議員だけで厚労省を相手に質問が行われています。以下は質問項目です。厚労省がどのような答え方をするか、注目して下さい。

0:00 ハイライト 0:27 質問1:何故日本が世界最多なのか? 6:10 質問2:超過●●との関係について 8:48 質問3:臨●試●していない? 11:26 質問4:8ハとの相関関係は? 11:56 質問5:情報不足の具体的な例は? 14:13 須藤元気:後●症…全て答えろ! 16:34 たがや亮:解剖について 19:23 川田龍平:ガンマの件数の確認など 29:27 タカギ:私の周囲で多いんです 33:53 川田龍平:自分の身の回りでも… 36:24 須藤元気:僕の周りでも… 39:16 たがや亮:職域接●…同調圧力 43:06 神谷宗幣:怒涛の質問の数々…

特番『河添恵子さん登場!世界で発信される”新型コロナ”衝撃情報とは!?』

mRNAワクチンが如何に劣悪なデータしか示せないかがよく分かる解説です。

こんなものをよく推進出来るものだと思いますが、その危険性を知らずに打っている人たちは一体何を考えているのでしょうか。こう言っては申し訳ないのですが、少しでも疑問があったら絶対に打ってはいけないのに、危険性を訴えている人がいる中で接種に出掛けていく人は、すでに考える能力がないと言ってしまって良いのでしょう。繰り返しになりますが、接種した結果は自分で負うしかないと思います。

ニコニコ有料番組になります。大事な内容ですから入会をお勧めします。松田学さんが、画像を撮って他の人に紹介して良いと言っています。当サイトの記事をコピーして印刷してみてはどうでしょうか。

グラフの一番上がスウェーデンで、(2番目がノルウェー、3番目がデンマーク)全体的な累積超過死亡数が最も低かった。ロックダウン、マスク、学校閉鎖をしなかったということで、井上先生の解説にも出てくるスウェーデンはゼロコロナではなくウイズコロナの政策をとり続けた国で、感染対策が最も成功しました。

 

ところで新型コロナワクチンは感染、発症を防ぐものではなく、重症化を防ぐものだという言説が流布されています。皆さんも良く聞く話だと思いますが、本来のワクチンとは感染・発症を予防するためのものです。結核、破傷風、肝炎、麻疹、風疹、狂犬病など各種ワクチンを考えれば分かるでしょう。これをおかしいと思わない人がいるのです。ワクチンが登場した当時、95%の有効性などと盛んに言われましたが、その効果も段々短くなっていき、今や数ヶ月しかもたないと言われています。

感染を防げないことが分かると、今度は別の効能を言い出したと考えられます。このようなものをワクチンとは呼びません。尚、ワクチン接種で重症化しないと言われているのは、デルタまでと違いオミクロンは重症化しないことが世界中で確認されているからであって、ワクチンの効果ではありません。ウイズオミクロンの対策を取っている国が多いのもこのような理由からです。

ワクチン100人あたり接種数で、世界に先行して接種したのがイスラエル。2,021年早期から接種開始して2,021年後半から横ばいになっている。しかも接種は国民の6割に満たない。そしてアメリカは国民の4割でしかない。日本は出だしが遅かったがワクチンを打った割合は世界でダントツに高い。

日本の場合、総額300兆円を浪費して、日本中が感染症対策に真面目に取り組み、ワクチンを打って打って打って、家でも職場でも森林浴でもマスクを着用した結果、感染者数が世界1になった。それは何故なのか?

感染だ、大変だと毎日TVで煽られた恐怖の時期は、検疫で確認された感染者数は極めて少なかった。そして2,021年暮れ頃から感染者数が一気に激増。ワクチンを打ち始めてから感染者数が激増している。(2回接種からしばらく経過して感染爆発)

結論:ワクチンを接種しても感染する。それどころかワクチン接種した方が感染する。言い換えると接種したから感染する。打った人は打ってない人の何倍も罹りやすい。

(女性セブン記事から)3回目接種を去年の春頃に打った人が多いが、そのあとに死者数が激増している。それから夏頃に4回目を打っている人が多いが、そのあとに死者数が激増している。4回、5回打ったネズミは壊滅的だった。リスクが上がるのはワクチンを打たないからではなく、打つからである。

日本は模範的にマスクや感染対策をしてきたのに、これだけ増えてしまっている。『専門家』がコロナを制御するために行った全てのことは、完全な制御に失敗。最高のワクチン接種率、ほぼ100%のマスク着用率が史上最高の感染者数を出している。

これから子供に打たせるかどうか。EMA:欧州医薬品庁によると『子供の超過死亡が755%増加!』

ワクチン打った方が生まれる子供が感染しにくくなる。 これは大嘘!

米国のVAERS:安全性監視システム。2,020年までは極めて少ない数で推移しているが、2,021年と2,022年は流産と死産が激増している(22年は集計途中)。如何にワクチンが有害なのかはっきり分かる。

イスラエルのデータ。2019年、2020年と比べて2021年には新生児の死亡率が92%増加。母乳からワクチン成分を検出したとの報告もある。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

nineteen − two =