新型コロナウイルス

イベルメクチンの実力:入院率100%低下、死亡率92%低下、死亡リスク86%減少

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学雑誌Cureusに掲載:この研究は、ランダム化比較試験(RCT)ではないが、「交絡因子のコントロールレベルが高い厳密に管理された集団」を使用し、RCTで実現可能なものよりも大きかった。

イベルメクチンで大規模な比較試験が行われ、結果は入院率が100%低下、死亡率が92%低下、コロナ感染による死亡リスクが86%減少することが判明した。これほどの成績を出しているのに、欧米や日本では何故承認されないのでしょうか。

Ivermectin: Cheap Covid Treatment Shown to be Highly Effective in New Peer-Reviewed Study

イベルメクチンは、92%のCovid死亡率を削減、主要な研究は発見 – 何故それは承認されていないのか?

Ivermectin Cuts Covid Mortality by 92%, Major Study Finds – Why is it Still Not Approved?

ブラジルの大規模RCT比較試験

イベルメクチンの定期的な使用は、非使用者と比較して、入院率の100%低下、死亡率の92%低下、COVID-19感染による死亡リスクの86%減少をもたらした。医学雑誌Cureusに掲載されたこの研究は、ブラジルのイタハイ市の223,128人のデータを分析し、この種の研究としては最大であり、その発見に高い確実性を与えました。

ブラジルの223,128人のデータを分析

『上級著者のFlavio A. Cadedani博士はツイッターに「われわれのような分析の規模とレベルを考慮した観察研究はほとんど達成されておらず、無作為化臨床試験として実施することは現実的ではない。結論に反論するのは難しい。データは、あなたの信念に関係なく、データです。』

著者が冒頭に述べているとおり、これだけ大規模なデータ収集は他に見られず、前向き探索研究が行われ、評価に偏りが生じないようランダム化比較試験(RCT)ではないが、「交絡因子のコントロールレベルが高い厳密に管理された集団」を使用する手法が用いられています。

そしてその結論は『イベルメクチンの定期的な使用は、非使用者と比較して、入院率の100%低下、死亡率の92%低下、COVID-19感染による死亡リスクの86%減少をもたらした。』ということです。

調査の方法:市のデータベースを使用して非使用者(イベルメクチンを使用しなかった被験者)と多変量調整後の正規および不規則な使用者との比較

前向き観察研究のこの探索的分析には、イベルメクチンを0.2mg / kg /日の用量で2日間連続して15日ごと、150日間使用したプログラムが含まれていました。規則性の定義は以下の通りであった:正規ユーザーは180mg以上のイベルメクチンを有し、不規則なユーザーはプログラム全体を通して合計で最大60mgを有していた。非使用者(イベルメクチンを使用しなかった被験者)と多変量調整後の正規および不規則な使用者との比較を行った。市のデータベース全体を使用して、COVID-19感染とCOVID-19による死亡リスクを計算して比較しました。COVID-19データベースが使用され、入院と死亡率に傾向スコアマッチング(PSM)が採用されました。

その内容は:

イタハイ市の223,128人の被験者のうち、159,560人が18歳以上で、2020年7月7日までCOVID-19に感染しておらず、そのうち45,716人(28.7%)が使用しておらず、113,844人(71.3%)がイベルメクチンを使用していました。イベルメクチン使用者のうち、33,971人(29.8%)が不規則に使用(最大60mg)、8,325人(7.3%)が定期的に使用(180mg以上)であった。残りの71,548人の参加者は分析に含まれなかった。COVID-19感染率は、非ユーザー(6.64%)よりも一般ユーザー(3.40%)で49%低く(リスク率(RR):0.51;95%CI:0.45-0.58、p<0.0001)、不規則ユーザー(4.54%)よりも25%低かった(RR:0.75;95%CI:0.66-0.85;p<0.0001)。感染率は、非使用者よりも不規則な使用者の方が32%低かった(RR:0.68;95%CI:0.64-0.73;p<0.0001)。

著者らの結論です:

イベルメクチンの不使用は、イベルメクチンの通常の使用と比較して、死亡率の12.5倍の増加とCOVID-19による死亡リスクの7倍の増加と関連していた。この用量反応の有効性は、COVID-19に対するイベルメクチンの予防効果を強化する。

著者らは、治療の有効性を確認するものとして、用量依存関係に特に注意を喚起している。イベルメクチン使用の反応パターンおよびCOVID-19関連転帰からの保護レベルが同定され、用量関連レベルにわたって一貫していた。COVID-19感染率の低下は、一貫性のある有意な用量依存的な方法で起こり、非使用者と比較して、定期的および不規則な使用者では49%および32%減少した。イベルメクチンの有効性の最も顕著な証拠は、女性の常用者の死亡率の100%減少であった。

このデータは政府の公式データベースからのもので、著者らによると、「COVID-19で死亡するリスクは、全人口を考慮して、イベルメクチンのすべての定期的および不規則な使用者と比較して、非使用者と比較して低かったことを決定的に示しています。

この研究は、ランダム化比較試験(RCT)ではないが、「交絡因子のコントロールレベルが高い厳密に管理された集団」を使用し、RCTで実現可能よりも大きかった。

著者らは、「50歳以上の人口と併存疾患のある人々の死亡リスクの顕著な低下」を強調している。

彼らは、この研究によって提供された証拠は「イベルメクチンの有効性に関する最も強力かつ最も決定的なデータの1つ」であると結論付けている。

著者らは、「50歳以上の人口と併存疾患のある人々の死亡リスクの顕著な低下」を強調している。

彼らは、この研究によって提供された証拠は「イベルメクチンの有効性に関する最も強力かつ最も決定的なデータの1つ」であると結論付けている。

この記事の最後に書いてあること:

ソーシャルメディア企業も、イベルメクチンに関する情報を検閲し、COVID-19の治療薬であるという示唆は誤報であると考えています。しかし、イベルメクチンは安価で安全な薬であり、多くの研究がCOVID-19の治療と予防にかなりの利益をもたらすことが示されています。最新の研究は、死亡率を最大92%減少させ、この有効性を印象的に確認しています。

衝撃的なことに、ほとんどの政府は COVID-19の早期治療または予防のためのプロトコルをまだ持っていません。NHSは、治療は、陽性の検査と症状が改善していない高リスクの人にのみ利用可能であると言います。 自宅で病気の人のためのセルフケアに関するそのガイダンスは、パラセタモールとイブプロフェンのみを推奨しています。しかし、200,000人以上の人々を対象とした高度に管理された研究は、安価で広く入手可能な薬物の予防的使用に対して、死亡率の92%の減少、入院の100%の減少という大きな利益を示し、複数の以前の研究の結果を確認しています。私たちの政府は何を待っていますか?命を救うことが示された薬物を承認するには、これ以上何が必要ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベルメクチンはコロナ騒動が始まった当初から話題に上りましたが、残念ながら未だにコロナ治療薬として承認されていません。この記事では、何故承認されないのかについて、人口削減計画のためということです。突飛な表現ですから、これは簡単に信用出来ないのですが、新型コロナウイルスやワクチンで死亡するのは圧倒的に高齢者が多いこと、スパイクタンパクが卵巣に集積して子宮を攻撃し、不妊や催奇形性の問題を引き起こしていることを考えれば、それほど突飛ではないことが分ると思います。高齢者と出生数が減れば、確実に人口削減が出来ますね。

日本でイベルメクチンを入手するには、個人輸入するしか方法がありませんが、最近になって自分が住んでいる地域で、ワクチンの副反応ではないかと思われる事例を複数聞きました。私自身はクスリを100%カット、小麦製品と揚げ物も100%カットしていますので必要ありませんが、配布するため注文することにしました。

以下に記事を貼り付けておきます。

イベルメクチンの定期的な使用は、非使用者と比較して、入院率の100%低下、死亡率の92%低下、COVID-19感染による死亡リスクの86%減少をもたらした。

医学雑誌Cureusに掲載されたこの研究は、ブラジルのイタハイ市の223,128人のデータを分析し、この種の研究としては最大であり、その発見に高い確実性を与えました。上級著者のFlavio A. Cadedani博士はツイッターに「われわれのような分析の規模とレベルを考慮した観察研究はほとんど達成されておらず、無作為化臨床試験として実施することは現実的ではない。結論に反論するのは難しい。データは、あなたの信念に関係なく、データです。

@FlavioCadegianiのためのツイッターアバターフラビオ・A・カデジャーニ、医学博士、修士号、博士号@FlavioCadegiani

私たちのような分析の規模とレベルを持つ観察研究はほとんど達成されておらず、無作為化臨床試験として実施することは不可能です。結論に反論するのは難しい。データは、あなたの信念に関係なく、データです。

フラビオ・A・カデジャーニ、医学博士、修士号、博士号@FlavioCadegiani

公開。ブラジルのサンタカタリーナ州イタハイで、COVID-19の予防としてのイベルメクチンの効果に関する2回目の大規模な研究を発表しました。リンク: https://t.co/5Y4xNHuU5B

この研究では、COVID-19に感染する前にイベルメクチンを定期的に、不規則に、まったく服用していない人を比較し(すなわち、予防として)、用量依存的な関係を発見し、転帰の違いは薬物によるものであり、グループ間の違いなどの他の要因によるものではないことが非常に可能性が高いことを確認しました。

著者らは、「傾向スコアマッチング」と呼ばれる手法を用いて、研究をある方向または別の方向に偏らせた可能性のある交絡因子を制御した。例えば、イベルメクチンを服用している人は、服用していない人よりも高齢になる傾向がありましたが(平均年齢47歳対40歳)、各グループの同様の年齢の人々をマッチングし、結果を比較することによって、この交絡因子が制御されました。

以下は、方法と結果を要約した研究の要約です。

バックグラウンド

私たちは以前、ブラジル南部(ブラジルのイタハイ)の厳格に管理された都市全体のプログラムにおいて、規則性に関係なく、コロナウイルス病2019(COVID-19)の予防として使用されたイベルメクチンが、COVID-19感染、入院、死亡率の低下と関連していることを実証しました。この研究の目的は、イベルメクチンの定期的な使用がCOVID-19からの保護レベルおよび関連する転帰に影響を与え、用量反応効果の実証を通じてイベルメクチンの有効性を強化するかどうかを決定することでした。

メソッド

前向き観察研究のこの探索的分析には、イベルメクチンを0.2mg / kg /日の用量で2日間連続して15日ごと、150日間使用したプログラムが含まれていました。規則性の定義は以下の通りであった:正規ユーザーは180mg以上のイベルメクチンを有し、不規則なユーザーはプログラム全体を通して合計で最大60mgを有していた。非使用者(イベルメクチンを使用しなかった被験者)と多変量調整後の正規および不規則な使用者との比較を行った。市のデータベース全体を使用して、COVID-19感染とCOVID-19による死亡リスクを計算して比較しました。COVID-19データベースが使用され、入院と死亡率に傾向スコアマッチング(PSM)が採用されました。

業績

イタハイ市の223,128人の被験者のうち、159,560人が18歳以上で、2020年7月7日までCOVID-19に感染しておらず、そのうち45,716人(28.7%)が使用しておらず、113,844人(71.3%)がイベルメクチンを使用していました。イベルメクチン使用者のうち、33,971人(29.8%)が不規則に使用(最大60mg)、8,325人(7.3%)が定期的に使用(180mg以上)であった。残りの71,548人の参加者は分析に含まれなかった。COVID-19感染率は、非ユーザー(6.64%)よりも一般ユーザー(3.40%)で49%低く(リスク率(RR):0.51;95%CI:0.45-0.58、p<0.0001)、不規則ユーザー(4.54%)よりも25%低かった(RR:0.75;95%CI:0.66-0.85;p<0.0001)。感染率は、非使用者よりも不規則な使用者の方が32%低かった(RR:0.68;95%CI:0.64-0.73;p<0.0001)。

COVID-19(感染者)参加者のうち、一般ユーザーは高齢であり、2型糖尿病および高血圧症の有病率は、不規則および非使用者よりも高かった。PSMの後、一致した分析には、非ユーザーと一般ユーザーの各グループに283人の被験者が含まれ、通常のユーザーと不規則なユーザーの間には283人、非ユーザーと不規則なユーザーの間には1,542人の被験者が含まれていた。入院率は、非正規ユーザーおよび非ユーザーの両方と比較して、通常ユーザーで100%減少し(p < 0.0001)、非ユーザーと比較して非ユーザーで29%減少した(RR:0.781;95%CI:0.49-1.05;p = 0.099)。死亡率は、非使用者よりも正規使用者で92%低く(RR:0.08;95%信頼区間:0.02-0.35;p = 0.0008)、不規則使用者より84%低かった(RR:0.16;95%信頼区間:0.04-0.71;p = 0.016)、一方、非正規使用者は非使用者よりも37%低い死亡率低下(RR:0.67;95%信頼区間:0.40-0.99;p = 0.049)。COVID-19(一度感染した場合)で死亡するリスクは、非ユーザーよりも通常のユーザーで86%低く(RR:0.14;95%CI:0.03-0.57、p = 0.006)、不規則なユーザーよりも72%低かった(RR:0.28;95%CI:0.07-1.18;p = 0.083)、非正規ユーザーは非ユーザーと比較して51%減少した(RR:0.49;95%CI:0.32-0.76;p = 0.001)。

結論

イベルメクチンの不使用は、イベルメクチンの通常の使用と比較して、死亡率の12.5倍の増加とCOVID-19による死亡リスクの7倍の増加と関連していた。この用量反応の有効性は、COVID-19に対するイベルメクチンの予防効果を強化する。

著者らは、治療の有効性を確認するものとして、用量依存関係に特に注意を喚起している。

イベルメクチン使用の反応パターンおよびCOVID-19関連転帰からの保護レベルが同定され、用量関連レベルにわたって一貫していた。COVID-19感染率の低下は、一貫性のある有意な用量依存的な方法で起こり、非使用者と比較して、定期的および不規則な使用者では49%および32%減少した。イベルメクチンの有効性の最も顕著な証拠は、女性の常用者の死亡率の100%減少であった。

このデータは政府の公式データベースからのもので、著者らによると、「COVID-19で死亡するリスクは、全人口を考慮して、イベルメクチンのすべての定期的および不規則な使用者と比較して、非使用者と比較して低かったことを決定的に示しています。

この研究は、ランダム化比較試験(RCT)ではないが、「交絡因子のコントロールレベルが高い厳密に管理された集団」を使用し、RCTで実現可能よりも大きかった。

著者らは、「50歳以上の人口と併存疾患のある人々の死亡リスクの顕著な低下」を強調している。

彼らは、この研究によって提供された証拠は「イベルメクチンの有効性に関する最も強力かつ最も決定的なデータの1つ」であると結論付けている。

多くの政府は、COVID-19の治療にイベルメクチンを使用することを抑制しており、有効性の証拠が不足していると主張しています。しかし、この証拠の欠如は、しばしば設計が不十分な裁判と偏った結論に頼っています。例えば、治療としてのイベルメクチンの使用に関する最近広く報告されたRCT は、「この薬物の有効性に対する十分な支持を示さなかった」と結論付けたが、それ自身の結果は、回復の速度に対する統計的に有意な利益と、機械的換気および死亡に対する大きな(しかし、その試験では統計的に有意ではないが)利益を示した。参加者はまた、症状を呈するまで1週間以上治療を受けておらず、この研究はプラセボ群の人々によっても薬物を服用している可能性がある。

新しい研究の著者の一人であり、イベルメクチンのような再利用された治療法の経験豊富な支持者であるピエール・コリー博士は、イベルメクチンが承認されていないことを国民に思い出させるFDAのつぶやきに反応して、4月にTwitterで彼の考えを明らかにしました:「27カ国からの82の試験(33のRCT)を無視しながら、1つの腐敗した研究でBSにメッセージを送り、 129,000人の患者 – 莫大な利益を示す合計。嘘をつく人間を止めなさい、人々は死につつある。#earlytreatmentworks」

@PierreKoryのためのツイッターアバターピエール・コリー、メリーランド州MPA@PierreKory

あなたは馬ではない、あなたは牛ではない、あなたは大手製薬会社のお尻です。27カ国、129,000人の患者からの82の試験(33のRCT)を無視しながら、1つの腐敗した研究を伴うBSにメッセージを送る – 大きな利益を示す合計ivmmeta.com嘘をつく人間を止めなさい、人々は死につつある。 #earlytreatmentworks

画像

米国食品医薬品局@US_FDA

馬を抱きしめなさい、みんな。イベルメクチンはトレンドになっているかもしれませんが、COVID-19の治療はまだ承認または承認されていません。https://t.co/TWb75xYEY4

ソーシャルメディア企業も、イベルメクチンに関する情報を検閲し、COVID-19の治療薬であるという示唆は誤報であると考えています。しかし、イベルメクチンは安価で安全な薬であり、多くの研究がCOVID-19の治療と予防にかなりの利益をもたらすことが示されています。最新の研究は、死亡率を最大92%減少させ、この有効性を印象的に確認しています。

衝撃的なことに、ほとんどの政府は COVID-19の早期治療または予防のためのプロトコルをまだ持っていません。NHSは、治療は、陽性の検査と症状が改善していない高リスクの人にのみ利用可能であると言います。 自宅で病気の人のためのセルフケアに関するそのガイダンスは、パラセタモールとイブプロフェンのみを推奨しています。しかし、200,000人以上の人々を対象とした高度に管理された研究は、安価で広く入手可能な薬物の予防的使用に対して、死亡率の92%の減少、入院の100%の減少という大きな利益を示し、複数の以前の研究の結果を確認しています。私たちの政府は何を待っていますか?命を救うことが示された薬物を承認するには、これ以上何が必要ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

ten − six =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。