新型コロナウイルス

未接種者が感染して負担をかけているというデマを排除せよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般国民を対象に4回目接種が行われていますが、皆さんはどのような理由があっても無視をしてください。接種しても何も良ことはありません。基礎疾患がある人(重症化リスクが高い人)は接種すると命に関わる危険がありますので、絶対に打ってはいけません。万が一、副反応で苦しむようなことになっても、予防接種健康被害救済制度の適用となるケースは希でしかなく、90%以上は何の保証もありません。接種に使うmRNAワクチンは安全性と有効性が確認されたことはなく、感染を防ぐことも出来ません。接種券等が届いたらすぐに、ゴミ箱に捨ててしまいましょう。それで何も問題はありません。

ワクチン接種を受けていない「対照群」の国際調査が調査結果を報告

ワクチン接種を受けていない「対照群」の国際調査が調査結果を報告

パンデミックに関する政府の言説の多くが間違っており、COVID-19予防措置の多くが良いことよりも害を及ぼしたという認識に多くの人が目覚めていることは明らかです。英国の首相候補は最近、ロックダウンが間違いだったことを認めた。特に、ワクチン接種に服従した疑いを持たない一般市民の多くは、現在、ワクチン接種の必要性に疑問を呈し始めています。ワクチン接種は製造業者や政府の主張を満たさず、主流の科学界では、初期のワクチンをほとんど役に立たなくする頻繁な突然変異を予測した人はほとんどいないようです。ワクチン接種を受けた人の一部がワクチン接種後すぐに神秘的に発症する予期せぬ、時には致命的な状態に疑問を呈し始めています。他の人は単に「ワクチン疲労」を持っていて、これ以上のジャブに行くことを気にすることはできません。

さらに、免疫学について何かを知っていて、ウイルスに感染したことによる自然免疫が、将来の多くの変異体に対する優れた保護(抗体だけでなく、より長期間持続するT細胞免疫)でそれらを設定することを理解できる人もいます。彼らはまた、ボリス・ジョンソンと彼の「専門家」アドバイザーによって気まぐれに捨てられた証拠に基づく英国のパンデミック計画で認められたように、感染性の高いウイルスの拡散を止めることはできないことを長い間認識してきました。彼らはまた、これらの専門家が推奨するウイルスを回避する手段(マスク、ロックダウン、社会的距離)が機能しておらず、連続した都市がロックダウンに戻されている中国で「ゼロコビッド」政策の結果を見ていることがわかります。一方、自然療法の成功や、感染を防ぎ、深刻にならないようにするイベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどの禁止薬物の成功から、ニュースが忍び寄ってきています。

興味深いことに、パンデミックを通じてロックダウン、マスク、社会的距離に関する公式の勧告を提供した米国疾病対策センター(CDC)は、英国や他の場所で奴隷的に続いて、「人は、COVID-19の現在のレベルのコミュニティへの影響に関する情報を使用して、どの予防行動をいつ使用するかを決定することができます」と述べて、個人の責任を提唱するガイダンスを静かに変更しました。彼らは現在、高齢者や併存疾患を持つ人々が常に健康な子供や若年成人よりもはるかに大きなリスクにさらされているため、私たちの多くがパンデミックの開始時から提唱してきた個々のリスク評価とリスクベースの対策を推奨しています。実際、改訂されたCDCのガイダンスの多くは、グレート・バリントン宣言からカット・アンド・ペーストされた可能性があります。私たちの多くが、最初からこれを言ったために攻撃され、キャンセルされ、仕事から解雇されたのは、とても残念です。

パンデミックの初期には、感染やワクチン接種によって「群れの免疫」を達成するという話が多かったが、ワクチン接種が群れの免疫をもたらさないことが明らかになったため、これについては何も聞いていない。感染によって群れの免疫を達成することは、ワクチンの展開の有効性を否定するだろう。もちろん、ワクチン接種が導入されて以来、自然の群れの免疫を評価することは不可能になりましたが、ワクチンがなければ達成されなかったと推測する理由はありません。他のコロナウイルスからの既存の免疫の証拠はたくさんあります。

私たちの何人が完全に予防接種を受けていないのかは正確には明らかではありません。数字は500万人(政府の公式情報源)から2300万人以上(その他の情報源)までの範囲です。2,300万人以上が英国人口の約35%を占めており、その割合は少なくないわけではないため、これは重要です。興味深いことに、この35%は、世界のワクチン接種を受けていない人の公式数とまったく同じ割合です。ワクチン接種を受けていない人々が、些細で取るに足らない少数派であることに、そんなに!私たちは皆、世界中の政府が過去18ヶ月間、ワクチン接種を受けていない人々を、ワクチンを拒否する「利己主義」のためにパリアとして烙印を押そうとし、それによってCOVID-19を感染させる可能性のある人々を危険にさらすことを覚えていることができます。しかし、すべての証拠は、ワクチン接種がCOVID-19の伝播を予防しないことを示しているが、ワクチン製造業者でさえ現在認めている点である。CDCはまた、「画期的な感染症が発生するため、予防勧告はもはや人の予防接種状況に基づいて区別されない」と述べて、これを暗黙のうちに認めている。それは、「COVID-19に罹患したが予防接種を受けていない人は、以前の感染からの重度の病気に対してある程度の保護を受けている」と述べることによって、自然免疫を渋々認めることさえあります。そして、伝染性の高いウイルスに少なくとも2年半暴露した後、COVID-19を無症状でさえ受けていないのは誰ですか?では、なぜわざわざ予防接種を受けるのでしょうか?

では、ワクチン接種を受けていない人々の経験とは何でしょうか?Alliance for Natural Health InternationalのRob Verkerk博士が率いる最近の研究では、英国に本拠を置くControl Group Cooperativeの調査に対する18,500人の完全にワクチン接種を受けていない回答者からの調査結果を評価し、COVID-19ワクチン接種を回避する理由には、保健当局、政府、製薬業界への不信感、安全性または有効性の不十分な証拠、潜在的な傷害または有害性に対する懸念が含まれることが判明しました。 反応。70%以上が予防と治療のために自然療法に頼っていましたが、3分の2はイベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどの転用された汎用の特許外薬も使用していましたが、その売上高は世界有数の製薬会社に収益をもたらしません。

では、これらのワクチン接種を受けていない個人はすべてCovidフリーだったのでしょうか?いいえ、それは期待も望ましくもありませんでした – 感染に罹患せずに自然免疫を構築することはできません。報告期間中にCOVID-19に罹患した人のうち、入院を報告したのはわずか0.4%でした(入院患者または外来患者として)。これは国際的なコホートであったため、この数字をしばしば利用できない全国的な入院率と比較することは不可能である。しかし、0.4%の割合は十分に低く、ワクチン接種を受けていない人々が医療システムに重大な追加負担をかけていないことを示唆しています。「ワクチン接種を受けていない人々のパンデミック」に言及するメディアの見出しはたくさんありましたが、これの実際の証拠は常に地上で薄く、それ以来完全に蒸発しています。これは、ワクチン接種後2週間以内にCOVID-19に罹患した人は誰でも「ワクチン接種なし」とラベル付けされることを念頭に置いていると特にそうです。代わりに、最近の研究では、英国では、ワクチン接種を受けた高齢者の間でCOVID-19症例、入院、死亡の数が増えていることが示されました。

さらに、入院したコントロールグループの回答者の大多数は、病院で自然療法や転用薬を使用していないと報告しており、これらの製品は機能せず、医療現場で使用すべきではないという主流の信念を反映しています。これは、これらの救済策から彼らが経験したかもしれない継続的な利益が直ちに縮小されたことを意味しました。著者らによって言及されていないが、セルフケアを信じていた個人のこのコホートにおける疾患の重症度に潜在的に影響を及ぼす可能性のあるもう1つの要因は、より重篤な疾患を予測することが見出された併存疾患(肥満、2型糖尿病、心血管疾患など)の発生率が低い可能性であった。

憂慮すべきことに、回答者はメンタルヘルスの問題の発生率が高いと報告しました。その多くは、ワクチン接種を受けていないこと(オーストラリアとニュージーランドの回答者で29%のピークに達する)、多くの人々が経験し、政府の犠牲の標的となっていることによる合法化された仕事からの解雇(オーストラリア、ニュージーランド、西ヨーロッパと南ヨーロッパ、南米では57%から61%)が原因である可能性があります。この調査の他の有用なナゲットには、顔の覆いやマスクを着用していないと報告した人も、COVID-19の疑いまたは確認された発生率が最も低く、マスクがウイルスを止めるのに効果的ではないことを再び示しているという事実が含まれていました。

この論文はもともとプレプリントサーバーResearchGateに掲載されましたが、「コンテンツが[ResearchGate]に損害を与えたり、潜在的な法的責任を負ったり、または[その]条件に違反したりする可能性がある」という理由で削除されました。幸いなことに、Verkerk博士のチームとControl Group Cooperative は忍耐強く、分析と解釈は、改訂され、さらには拡張された形で、現在、査読に成功し、ワクチン理論、実践、研究のはるかに大胆な国際ジャーナルに掲載されています。この研究に関する優れた解説は、自然健康のための同盟によって出されています。

レイチェル・ニコル博士は医学研究者、講師、作家です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東北有志医師の会
 
@tohokuyushiishi· 仙台市広瀬通り電光掲示板 動画はこちらです!全国へ大拡散!お願いします。
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

4 × four =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。