新型コロナウイルス

モデルナ疑惑、パンデミック以前の特許とウイルス配列が一致

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルナ疑惑、パンデミック以前に特許取得した遺伝子配列が、covid-19の遺伝子配列と一致していた。

これはもう、大きな問題となりそうです。人工的に作成されたウイルスなのか、それを意図的にばらまいたのか、あまりにも早いワクチンの登場に不自然な点がいくつかあります。自作自演のマッチポンプであった可能性もあります。

次世代シークエンスだの遺伝子配列を決定しただのと、遺伝子情報に関して人の手によって何やら相当怪しいことが行われているのではないでしょうか。日本の研究者も含めて遺伝子配列がどうのこうの、と言っている連中には眉につばを付けて聞いた方が良いかも知れません。

モデルナの不可解な遺伝子特許の話【ウイルスのスパイクプロテインと一致】

デイリーメールの記事についてお聞きします。ウイルスが研究所で操作されたという証拠である、DNAの小さな集合体を科学者が見つけました。それはコロナの3年前にモデルナが特許を取った配列と一致します。これについて教えてください、ステファン(モデルナCEO)。

モデルナはカナダの2つの企業から特許侵害で訴えられました。彼らが言うには、モデルナはmRNAを細胞内に送り込むためにLNP:資質ナノ粒子を使いましたが、この技術は彼らが既に特許を取得済みで、モデルナ社は何の断りも無くこの技術を乗っ取って使用している。この技術が無ければこの製品は作れないものである。

またモデルナ社は、NIH:国立衛生研究所からも別の特許の件で訴えられている。NIH:国立衛生研究所はモデルナのmRNA配列特許の共同権利者である。NIH技術者の協力が非常に大きかった。

科学者は、Covidウイルスには「パンデミックが始まる3年前にモダナによって特許を取得した配列と一致する」DNAの小さな塊が含まれていると主張するDailyMail

科学者がウイルスのスパイクタンパク質でモダナが所有する遺伝物質を発見した後、Covidが研究室でいじられたかもしれないという新たな疑いが今日浮上した。

彼らは、パンデミックの3年前にワクチンメーカーによって特許を取得した遺伝子の一部と同一のコードの小さなスニペットを同定した。

これは、SARS-CoV-2のユニークなフリン切断部位で発見されました, それは人々に感染し、他のコロナウイルスからそれを分離するので非常に優れた部分.

この構造はウイルスの起源に関する議論の焦点の一つであり、一部の科学者はそれが自然に獲得できなかったと主張している。

国際的な研究チームは、ウイルスが実験室でヒト細胞の実験中にフリン切断部位を持つために変異した可能性を示唆している。

彼らは、モダナのシーケンスが自然進化を通じて無作為に現れた可能性が3兆分の1あると主張している。

しかし、この試合が研究の主張ほどまれであるかどうかについていくつかの議論があり、他の専門家はそれを「喫煙銃」ではなく「風変わりな」偶然と表現している。

Covidを引き起こすSARS-CoV-2は、RNAとして知られる遺伝コードの約30,000通の文字に広がるために必要なすべての情報を運びます。ウイルスは、モダナが所有する遺伝的セクションと19の特定の文字のシーケンスを共有しています。共有された手紙の12はCovidのふるまい切断部位の構造を構成し、残りはゲノムの近くの部分のヌクレオチドと一致する

 

Covidを引き起こすSARS-CoV-2は、RNAとして知られる遺伝コードの約30,000通の文字に広がるために必要なすべての情報を運びます。ウイルスは、モダナが所有する遺伝的セクションと19の特定の文字のシーケンスを共有しています。共有された手紙の12はCovidのふるまい切断部位の構造を構成し、残りはゲノムの近くの部分のヌクレオチドと一致する

 

モダナは2016年2月にがん研究部門の一部として特許を出願した。特許取得済みの配列は、MSH3と呼ばれる遺伝子の一部であり、損傷した細胞が体内でどのように修復されるかに影響を与えることが知られています。翌年3月7日に承認されました。

ウイルス学のフロンティアに掲載された最新の研究では、研究者はCovidのメイクアップをオンラインデータベース上の何百万もの配列タンパク質と比較しました。

ウイルスは、ヌクレオチドとして知られている広がるために必要な情報を運ぶ遺伝コードの30,000文字で構成されています。

これは、そのスパイクタンパク質がフリンと呼ばれる一般的な酵素によって活性化することを可能にする12のユニークな文字を運ぶそのタイプの唯一のコロナウイルスであり、人間の細胞間で容易に広がることができます。

元のCovidゲノムの分析は、ウイルスが3,300ヌクレオチドの合計を持つモダナが所有する遺伝的セクションと19の特定の文字の配列を共有していることを発見しました。

・・・・レディング大学の微生物学者サイモン・クラーク博士 は、この発見が研究の主張ほどまれかどうか疑問に思った。

彼はMailOnlineに言いました:「フリン切断部位内に一定数の[遺伝的組み合わせ]しか存在できません。

「彼らはセル内のロックとキーのように機能し、2つは限られた数の組み合わせでのみ一緒にフィットします。

「だから、それは興味深い偶然ですが、これは確かに完全に偶然です。

MailOnlineはモダナにコメントを求めました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

nineteen − 11 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。