新型コロナウイルス

グローバリストの衰退が始まった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州議会選挙でグローバリスト勢力は力を失ったようです。フランスのマクロン、ドイツのショルツが敗北しています。代わって躍進したのはフランスのマリーヌ・ルペン(国民連合)、ドイツでは『AfD:ドイツのための選択肢』、イタリアではジョルジャ・メローニ(イタリアの同胞)ですべて反グローバリスト勢力。EU委員長フォン・デア・ライエンの退陣への秒読みが始まっている。

※ 個別の記事を紹介するスペースがないため、リンクを張っておきます。

※ 新型コロナウイルスのカテゴリー記事は自由に転載し拡散して下さい。

 

 

スイスの心臓専門医、WHOの廃止を要求。

「もうたくさんだ!! !! pic.twitter.com/pUv6uF6Zng

— “Sudden And Unexpected” (@toobaffled) June 2, 2024

「トーマス・ビンダー医師: 親愛なる皆さん、私の名前はトーマス・ビンダーです。チューリッヒで医学を学び、免疫学とウイルス学で医師号を取得し、内科学と循環器学を専門とし、病院、集中治療室、個人診療所で急性呼吸器感染症の診断と治療に35年の経験があります。

殺人ウイルスのパンデミックは一度もありませんでしたが、臆病者のパンデミックはありました。そして私たち医師は、心臓発作、心筋炎、大動脈解離、脳卒中や肺塞栓症、血栓症や他の臓器の炎症、特に脳や脊髄の炎症、播種性血管内凝固症候群、免疫抑制によるCOVIDを含む感染症の増加、がん、自己免疫疾患、不妊症、流産、その他多くの病気や突然死のパンデミックを目の当たりにしています。

この修飾(改変)RNAによる大量虐殺は、人類史上最大の医療犯罪であり、未曾有の人道的災害です。現在、製薬業界はすべてのワクチン接種を改良型RNAワクチン・プラットフォームに移行させようとしています。数えたり、自己と自己を区別したりすることができるだけでも、知能の複雑さの痕跡さえあれば、修飾RNAワクチン・プラットフォームがまったく無意味で生命を脅かすものであることに気づくのに十分であるにもかかわらず、そうしているのです。その2つの根本的な欠陥とは、どの体細胞がどの程度の量、どれくらいの期間、それを産生するのかを制御することなく、体にとって異物であるタンパク質の構築計画を注入すること、そして、この異物であるタンパク質を産生するよう強制され、それを表面に提示する細胞は、私たちの免疫システムによって異物として誤って認識され、その結果、自分に移植された外来の臓器の拒絶反応のように破壊されるという事実です。

修飾RNAワクチンは、あなたの体に未知の量の毒素を、未知の期間産生するよう強制し、文字通りあなたの体の一部を異質なものに変えてしまうのです。従って、修飾RNAワクチン・プラットフォームは直ちに禁止されなければならない。・・・・スイスの心臓専門医が世界保健機関(WHO)の廃止を要求 Niamh Harris|さてはてメモ帳 Imagine & Think! (shinobi.jp)

 

 

林 千勝 Hayashi Chikatsu @ChikatsuHayashi ★    林 千勝 Hayashi Chikatsu on X: “★ EU選挙で反グローバリズム派が大勝利 ★  さて、日本は? 反グローバリズム派政党は、6月9日日曜日のEU議会選挙で大きく躍進し、EUの最も重要な指導者の二人、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とドイツのオラフ・ショルツ首相は見事な敗北を喫した。 https://t.co/8MTlNyFlit” / X

EU選挙で反グローバリズム派が大勝利 ★  さて、日本は? 反グローバリズム派政党は、6月9日日曜日のEU議会選挙で大きく躍進し、EUの最も重要な指導者の二人、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とドイツのオラフ・ショルツ首相は見事な敗北を喫した。 フランスではルペンの政党、EU選挙でマクロン派を圧倒。マクロン大統領は、EU選挙敗北後、急遽フランス議会選挙を呼びかけた。 イタリアのメローニ首相も、EU議会でトップの座を固めた。 ドイツ、オーストリア、ベルギー、ポルトガル、スペイン、ポーランド、でも反グローバリズム派が躍進。

 

 

 

先週末の欧州議会選挙は、マスコミが”右派・極右”と呼ぶ「反グローバリズム政党」が全ての国で勝利 フランスでは、マリーヌ・ルペンの政党がマクロンの政党に圧勝。この結果を受けて、マクロンは議会を解散総選挙へ。 この後、秋にウルズラ・フォン・デア・ライエンのEU委員長人事があるが、続投は難しくなる。

 

 

 

※ 少し前の投稿になります。5月3日

★ 上院共和党議員団からバイデン大統領への反WHO書簡 ★ ワシントンD.C. 2024年5月l日 ジョセフ・R・バイデン閣下 アメリカ合衆国大統領 ホワイトハウス ワシントンD.C. 20500 親愛なる大統領閣下: 来月、第77回世界保健総会(WHA)において、貴政権は、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を宣言する世界保健機関(WHO)の権限を強化し、そのような緊急事態の際に加盟国に対するWHOの権限を拡大する2つの国際協定を米国に約束することが期待されています。これは容認できません。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)におけるWHOの失敗は、予測可能なほど完全なものであり、わが国に永続的な損害を与えました。米国は、WHOが最も基本的な機能を果たすことができないこの最新の状況を無視するわけにはいかず、国際保健規則(IHR)の改正やWHOの権限を高める新たなパンデミック関連条約を検討する前に、包括的なWHO改革を主張しなければなりません。我々は、貴国がこれらのイニシアティブを引き続き支援していることを深く憂慮し、貴殿に方針転換を強く求めます。 IHRの第55条は、IHR改正の文言を、検討されるWHAの少なくとも4か月前に加盟国に通知することを要求しています。WHOはまだ加盟国に最終修正文書を提供していないため、来月のWHAではIl-IRの改正が検討されない可能性があると提出します。加盟国が提出した300以上の改正案の中には、WHOの公衆衛生上の緊急権限を大幅に強化し、米国の主権に対する耐え難い侵害を構成するものもある。そのため、WHOは4ヶ月の通知期間を守り、加盟国がそのような提案の痕跡がWHAによる検討のための最終修正パッケージに含まれていないことを確認する時間を与えることが不可欠でした。それを怠ったので、修正は順調ではありません。 世界保健機関(WHO)が公開した最新のパンデミック条約の草案は、死んだも同然だ。この条約は、WHOの欠点に対処する代わりに、義務化した資源と技術の移転、知的財産権の寸断、言論の自由の侵害、WHOの強化に焦点を当てています。中国政府が正当な独立調査を阻止し続けているため、COVID-19の起源がいまだにわからないという事実を無視している。 第77回WHAで検討されているパンデミック関連の条約、条約、協定に参加しないことを強くお勧めします。この忠告を無視するならば、我々は、そのような協定は、憲法第11条第2項に基づき、上院の3分の2の同意を必要とする条約であると考えることを、可能な限り強い言葉で述べる。 わが国にとっての大きな利害関係と憲法上の義務に照らして、私たちは、(1)現在のIHR改正とパンデミック条約交渉に対するあなたの政権の支持を撤回し、(2)あなたの政権の焦点を、その権限を拡大することなく、その永続的な失敗に対処する包括的なWHO改革に移し、(3)これらの要求を無視するならば、 パンデミック関連の合意を上院に提出し、助言と同意を求めます。           米国共和党連邦上院議員 49名 sovereigntycoalition.org/wp-content/upl

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新規事業ご案内

新規事業として一般向け『電話によるカウンセリング業務(有料)』が始まります。ご案内ページをご覧になりお申し込み下さい。18歳以上の方が対象になります。非接種者として辛い思いをされてきた方のお話を聞かせて戴きます。https://k-doujou.com/counseling-1/

PC用森林・草原の壁紙(1920×1200)#13|WALLPAPERBOX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

12 − 9 =