新型コロナウイルス

英紙テレグラフで報道された論文 西側諸国の超過死亡率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国テレグラフ紙で報道された超過死亡研究記事のもとになった論文です。日本では2,023年に超過死亡は発生していないことになっています。それは2,021年2,022年に超過死亡数が増えたために2,023年の予測死亡数も増えたからであって、本当の超過死亡数はコロナ以前に遡って比較しなければ分りません。

 

森田洋之@コミュニティードクター/医療経済ジャーナリスト/「医療」から暮らしを守る医師/音楽家
 
@MNHR_Labo
 
英テレグラフ紙が報じた世界の超過死亡激増ニュース。 元ネタはBMJという有名医学誌に載った論文です。 ↓ bmjpublichealth.bmj.com/content/2/1/e0 簡単に言うと以下。 西側諸国47か国における超過死亡者数を調査したところ、 ・20年は多くの国でロックダウンが実施されたものの1,033,122人の超過死亡(Pスコア11.4%)が記録された。 ・21年はロックダウンとコロナワクチンの両方が行われたが、過去最高の1,256,942人の超過死亡(Pスコア13.8%)となった。 ・22年にほとんどのロックダウンが解除されたがコロナワクチン接種は継続された。超過死亡は依然808,392人(Pスコア8.8%)に上った。 (結論) ロックダウンとCOVID-19ワクチンの実施にもかかわらず、西側諸国では3年連続で超過死亡率が高いままである。 これは深刻な懸念を引き起こしている。 政府の指導者と政策立案者は、持続的な超過死亡の根本的な原因を徹底的に調査する必要がある。 以下、個人的考察。 ・こんなすごい論文を製薬会社への忖度なしに掲載したBMJスゲー。NEJMも見習え。 ・当たり前だけど、この論文の予想死亡数のベースラインは2015年から2019年まで(コロナ前)の国の過去の死亡データから算出。日本の感染研はコロナ後の著増した死亡数を不自然に使用し、わざと予測値を瀑上げ…結果、超過死亡は消えてしまった。NHKも感染研もそう言うので、日本では「超過死亡はない」ことになっている。あほらし。感染研も見習え。 以上。

 

COVID-19パンデミック以降の西側諸国の超過死亡率:2020年1月から2022年12月までの「Our World in Data」推計

Saskia Mostert orcid logo email,

Marcel Hoogland,

Minke Huibers,

Gertjan Kaspers.

要約

紹介COVID-19パンデミック時の超過死亡率は相当なものでした。WHOのパンデミック宣言後の数年間の超過死亡率に関する洞察は、政府の指導者や政策立案者が健康危機政策を評価する上で非常に重要です。この研究では、2020年から2022年までの西側諸国の超過死亡率を調査しています。

メソッド全死因死亡率の報告は、「Our World in Data」データベースを使用して各国について要約した。超過死亡率は、2020年から2022年までの特定の週または月に報告された国での死亡者数と、通常の条件下でのその期間の国の予想される死亡数との差として評価されます。予想される死亡数のベースラインには、KarlinskyとKobakの推定モデルが用いられた。このモデルでは、2015 年から 2019 年までの国の過去の死亡データを使用し、季節変動と死亡率の年ごとの傾向を考慮します。

業績2020年1月1日から2022年12月31日までの西側47カ国の超過死亡の総数は3,098,456人でした。超過死亡率は、2020年に41カ国(87%)、2021年に42カ国(89%)、2022年に43カ国(91%)で記録されました。COVID-19パンデミックの発生と封じ込め措置の実施の年である2020年には、記録によると、1,033,122人の超過死亡(Pスコア11.4%)が記録されています。ウイルスの蔓延と感染に対処するために封じ込め措置とCOVID-19ワクチンの両方が使用された2021年には、超過死亡数が最も多く報告され、1,256,942人(Pスコア13.8%)でした。ほとんどの封じ込め措置が解除され、COVID-19ワクチンが継続された2022年には、暫定データでは808,392人の超過死亡(Pスコア8.8%)が示されています。

結論西側諸国では、封じ込め措置とCOVID-19ワクチンの実施にもかかわらず、超過死亡率は3年連続で高いままです。これは深刻な懸念を引き起こします。政府の指導者や政策立案者は、超過死亡が持続する根本的な原因を徹底的に調査する必要がある。

 

このトピックですでにわかっていること

  • COVID-19パンデミック時の超過死亡率は相当なものでした。WHOのパンデミック宣言後の数年間の超過死亡率に関する洞察は、政府の指導者や政策立案者が健康危機政策を評価する上で非常に重要です。

この研究で明らかになったこと

  • 西側諸国では、封じ込め措置とCOVID-19ワクチンの実施にもかかわらず、超過死亡率は3年連続で高いままです。これは深刻な懸念を引き起こします。

この研究が研究、実践、政策にどのように影響するか

  • 政府の指導者や政策立案者は、持続的な超過死亡率の根本的な原因を徹底的に調査する必要があります。

 

紹介

超過死亡率は、地理的地域全体の健康危機政策を監視および比較するための正確な尺度として国際的に認識されています。1-4超過死亡率は、COVID-19パンデミックなどの人道的緊急事態において、通常の状況下で予想される死亡数を超える、あらゆる原因による死亡数に関係します。5-7したがって、COVID-19パンデミックの発生以降、超過死亡にはSARS-CoV-2感染による死亡だけでなく、ウイルスの拡散と感染に対処するための健康戦略の間接的な影響に関連する死亡も含まれます。1-4COVID-19パンデミックが疾病と死亡に及ぼす影響は、当初から調査されてきました。SARS-CoV-2感染は、パンデミックの初期段階において、既存の併存疾患や肥満を持つ高齢者の死因の第一位である可能性が高いこと、さまざまな封じ込め対策がウイルス感染の減少に有効であること、COVID-19ワクチンが特に高齢者の重症化を予防したことなど、多くの研究で明らかになっています。1 8-14このように、COVID-19ウイルスによる罹患率や死亡率から市民を守るために、COVID-19封じ込め措置とCOVID-19ワクチンが実施されましたが、それらは有害な影響をもたらし、転帰も悪くなる可能性があります。1 2 15危機的状況下での超過死亡率は、疾病、障害、人間の苦しみのより広範な根本的な負担を示していることは注目に値します。16

2020年3月11日、WHOはCOVID-19のパンデミックを宣言しました。西側世界の17カ国は、ウイルスの蔓延を制限し、住民を罹患率や死亡率から守るために、COVID-19封じ込め措置(ロックダウン、学校閉鎖、物理的距離、旅行制限、事業閉鎖、外出禁止令、外出禁止令、接触者追跡を伴う検疫措置など)を迅速に実施しました。18 しかし、これらの非医薬品的介入は、他の原因による罹患率と死亡率を増加させる間接的な悪影響(経済的損害、教育へのアクセスの制限、食料不安、児童虐待、医療へのアクセスの制限、健康プログラムの混乱、メンタルヘルスの問題など)をもたらしました。19 心血管疾患、脳血管疾患、糖尿病、がんの患者など、急性または複雑な治療を必要とする脆弱な集団は、医療サービスへのアクセスと提供が限られているため、これらの介入によって傷つきました。スタッフの不足、スクリーニングの減少、診断の遅れ、画像診断の中断、医薬品の入手制限、手術の延期、放射線療法の変更、支持療法の制限がプロトコルアドヒアランスを妨げ、患者の状態と予後を悪化させました。19-26最近の研究では、2020年に30カ国でCOVID以外の主要な原因による超過死亡率を調査しました。虚血性心疾患(10カ国)、脳血管疾患(10カ国)、糖尿病(19カ国)の有意な超過死亡が報告された。27 2020年10月14日、スタンフォード大学のイオアニディス教授は、COVID-19の全体的な感染致死率は0.23%、<70歳の人の感染致死率は0.05%であると発表しました。西側諸国の28の政府は、2021年末までロックダウンを課し続けました。

2020年12月、英国、米国、カナダは、西側諸国で最初にCOVID-19ワクチンの緊急承認を受けた国となりました。29-312020年12月末、43,548人の参加者を対象とした大規模な無作為化プラセボ対照試験がNew England Journal of Medicineに掲載され、mRNA COVID-19ワクチンの2回接種レジメンは、ワクチン接種群(COVID-19症例8例/ワクチン接種者17,411人)において、プラセボ群(COVID-19症例162例/プラセボ投与者17,511例)と比較して、検査で確認されたCOVID-19に対して絶対リスクが0.88%、相対リスクが95%低下したことが示されました。32歳33歳2021年初頭、他のほとんどの西側諸国は大規模なワクチン接種キャンペーンを展開しました。34-362021年4月9日、COVID-19感染全体の致死率は0.15%に低下し、ワクチン接種の普及、過去の感染、新しい軽度の変異株の進化により、さらに低下すると予想されています。37歳38

COVID-19ワクチンは、COVID-19ウイルスによる罹患率や死亡率に苦しむ民間人を守るために提供されましたが、疑わしい有害事象も記録されています。15 mRNA COVID-19ワクチンのプラセボ対照第III相ランダム化臨床試験の二次解析では、ファイザー試験ではワクチン群で重篤な有害事象のリスクが36%高いことが示されました。リスク差はワクチン接種者10,000人当たり18.0人(95%CI 1.2〜34.9)で、リスク比は1.36(95%CI 1.02〜1.83)であった。モデルナの試験では、ワクチン接種者の間で重篤な有害事象のリスクが6%高かった。リスク差はワクチン接種者10,000人当たり7.1人(95%CI -23.2〜37.4)で、リスク比は1.06(95%CI 0.84〜1.33)であった。39 定義上、これらの重篤な有害事象は、死亡、生命を脅かす、入院(長期)を必要とする、持続性/重大な障害/無能力を引き起こす、先天性異常/先天性欠損症に関する、または医学的判断による医学的に重要な事象を含む。39 – 41二次解析の著者らは、これらの重篤な有害事象のほとんどが、虚血性脳卒中、急性冠症候群、脳出血などの一般的な臨床状態に関係していると指摘しています。この共通性は、臨床的疑いを妨げ、その結果、ワクチンの副作用として検出することを妨げます。39 医療従事者と市民の双方が、ワクチン接種後の重傷や死亡を、米国のVAERS、欧州連合のEudraVigilance、英国のイエローカード制度など、西側諸国のさまざまな公式データベースに報告しています。42-48mRNA COVID-19ワクチンとインフルエンザワクチンを接種した後のVAERSおよびEudraVigilanceの有害事象報告を比較した研究では、COVID-19ワクチンの重篤な副作用のリスクが高いことが観察されました。これらの反応には、心血管疾患、凝固、出血、胃腸イベント、血栓症が含まれていました。.39歳49歳COVID-19ワクチン接種は、心筋炎、心膜炎、自己免疫疾患を誘発する可能性があることが多くの研究で報告されています。50 – 57死後検査では、心筋炎、脳炎、免疫性血栓性血小板減少症、頭蓋内出血、びまん性血栓症もCOVID-19ワクチン接種によるものとされています。58-67米国食品医薬品局(FDA)は2021年7月、ファイザー製ワクチンの重篤な可能性のある有害事象として、肺塞栓症、急性心筋梗塞、免疫性血小板減少症、播種性血管内凝固症について、さらなるモニタリングと調査が必要であると指摘しました。39歳68

WHOによるパンデミック宣言後の数年間の超過死亡率に関する洞察は、政府の指導者や政策立案者が健康危機政策を評価する上で非常に重要です。1-4したがって、この研究では、2020年1月1日から2022年12月31日までの西側諸国の超過死亡率を調査します。

 

※ クリエイティブコモンズ

これは、クリエイティブ・コモンズ CC BY 4.0 ライセンスの条件の下で配布されるオープンアクセスの記事であり、元の作品が適切に引用されている限り、あらゆる媒体での無制限の使用、配布、および複製が許可されています。

この記事を再利用するために許可を得る必要はありません。

 

図1は、2020年、2021年、2022年の西側世界47カ国の超過死亡率と累積超過死亡率を示しています。線形超過死亡率の近似曲線はほぼ水平です。

図 1

 

図 2

西側諸国の国ごとの超過死亡率のPスコア(n = 47か国)。2022年の暫定的および不完全な全死因死亡率レポートが利用可能です。

 

Figure 2

 

図 3

西側世界の6カ国の超過死亡率Pスコア曲線。2022年の暫定的および不完全な全死因死亡率レポートが利用可能です。

図4は、2020年、2021年、2022年の西側諸国における超過死亡率のPスコアのマップを示しています。74 表1は、西側諸国における超過死亡率のPスコアの分類を示している。

Figure 3

 

図4

西側世界(n = 47か国)の超過死亡率Pスコアのマップ。742022年の暫定的および不完全な全死因死亡率レポートが利用可能です。

 

Figure 4

 

議論

この研究では、2020年から2022年までの西側世界の47か国における超過全死因死亡率を調査しました。超過死亡の総数は3,098,456人であった。超過死亡率は、2020年には87%の国で、2021年には89%の国で、2022年には91%の国で記録されました。COVID-19のパンデミックと緩和策の開始によって特徴づけられた2020年には、1,033,122人の超過死亡(Pスコア11.4%)が惜しまれました。17歳18歳このワクチン接種前の時代の血清有病率研究の最近の分析では、非高齢者集団における感染致死率の推定値は、以前の計算が示唆していたよりもさらに低かったことが示されています。37 世界レベルでは、ワクチン接種前の感染致死率は、<60歳で0.03%、<70歳で0.07%でした。38 0〜19歳の小児の感染致死率は0.0003%に設定されました。38 これは、子供たちがCOVID-19ウイルスによって害を受けることはめったにないことを意味します。19歳38歳2021年は、ウイルスの蔓延や感染に対処するために、封じ込め措置だけでなく、COVID-19ワクチンも使用されたため、超過死亡数が最も多く、1,256,942人(Pスコア13.8%)を記録しました。26歳37歳ウイルス感染の減少における非医薬品的介入の有効性に関する科学的コンセンサスは、現在のところ不足している。75名76名ほとんどの緩和策が否定され、COVID-19ワクチンが維持された2022年、入手可能な暫定データでは、808,392人の超過死亡(Pスコア8.8%)がカウントされています。39 記録された死亡者数と予測される死亡者数の差は、2020年には28%の国で、2021年には46%の国で、2022年には26%の国で最も高かった。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが始まって以来、全死因超過死亡率全体に関するこの洞察は、将来の健康危機政策の意思決定にとって重要な第一歩となる。1-4次のステップは、COVID-19感染、封じ込め措置の間接的影響、COVID-19ワクチン接種プログラムなど、超過死亡率のさまざまな潜在的な要因を区別することです。さまざまな原因を区別することは困難です。16 各国の死亡登録は、質や完全性にばらつきがあるだけでなく、死因を正確に記録していない可能性がある。1 19パンデミックのさまざまな段階において、特定の国や地域における原因別の超過死亡率を調査するために異なるモデルを使用することは、精巧な国間比較分析を複雑にしている。1 2 16すべての国が年齢層別に分類された死亡率レポートを提供しているわけではありません。2 12また、COVID-19感染に対する検査方針は国によって異なります。1 2COVID-19検査で陽性となった場合の解釈は複雑です。77 COVID-19に感染した死亡者をいつCOVID-19の死亡者として登録すべきかについて、医学界ではコンセンサスが欠如している。1 77封じ込め措置の間接的な効果は、パンデミック以降、多くの死因の疾病負荷の規模と性質を変えた可能性が高い。しかし、医療利用の制限や社会経済的混乱による死亡の証明は困難です。1 78-81米国での超過死亡率を評価した研究では、パンデミックの最初の2年間に、COVID以外の原因に起因する超過死亡率が大幅に増加したことが観察されました。超過死亡数が最も多かったのは心臓病で、両年ともベースラインを6%上回った。糖尿病死亡率は、1年目はベースラインを17%上回り、2年目は13%上回った。アルツハイマー病の死亡率は、1年目に19%、2年目に15%高かった。割合では、アルコール関連の死亡者数(1年目はベースラインより28%、2年目は33%)と薬物関連の死亡者数(1年目はベースラインより33%、2年目は54%)で大幅な増加が記録されました。82 以前の研究では、予防接種後の死亡を含む有害事象の深刻な過少報告が確認されています。83名84名また、mRNAワクチンが当初の予測よりも大きな害を及ぼすのではないかという懸念についても、医学界ではコンセンサスが得られていない。85件のフランスの研究は、COVID-19 mRNAワクチンが遺伝子治療製品であり、長期にわたる厳格な有害事象モニタリングが必要であることを示唆しています。85名86名ワクチン接種による望ましい免疫は免疫細胞で行われますが、いくつかの研究では、多くの臓器でmRNAの広範な生体内分布と持続が数週間続くことが報告されています。85 87-90mRNAワクチンの毒性におけるバッチ依存的な不均一性がデンマークで見出された。48 ドイツにおける超過死亡率とCOVID-19ワクチン接種の同時発症は、さらなる調査を正当化する安全性のシグナルを提供する。91 これらの懸念にもかかわらず、これらの関連性をさらに調査するために必要な臨床試験データは一般には共有されていません。92 実際の死因を確認するための剖検はめったに行われません。58 60 90 93-95各国政府は、COVID-19感染が悲惨であるかどうかを示すのに役立つかもしれないが、死因別の詳細な層別化を含む死亡データを公開することはできないかもしれない封じ込め措置、COVID-19ワクチン、またはその他の見落とされた要因のCT効果が下支え役割を果たします。1 8-14 20-25 39-60 68 90一部の西側諸国で詳細な死因データが欠如しているのは、死亡診断書の作成、診断のコーディング、根本的な死因の判断など、時間のかかる手続きに起因しています。その結果、この手順に割り当てられたリソースが限られている一部の国では、迅速かつ時間厳守の死因データの提供に遅延が生じる可能性があります。この状況は、パンデミックが発生する前から存在していました。1 5

超過死亡率研究における重要な課題は、観察された死亡数と比較する予測死亡数の予測ベースラインを計算するための適切な統計的手法を選択することである。96 分析と推定は一般的に類似しているが、その方法は、例えば、調査期間の長さ、利用可能なデータの性質、地理的領域の規模、過去のインフルエンザ流行の包含または除外、人口の高齢化と規模の変化、および経年にわたるモデリング傾向の考慮などによって異なる可能性がある7 96。したがって、KarlinskyとKobakの線形回帰モデルを用いた超過死亡率の分析は、超過死亡を推定する以前の試みとはある程度異なっている。例えば、Islamらは、2020年に高所得国29カ国の週次死亡率データの年齢と性別を別にした時系列分析を実施した。97 彼らは、2016年から2019年までの過去の死亡データから予想される死亡のベースラインを推定するために、より精巧な統計的アプローチである過分散ポアソン回帰モデルを用いた。Karlinsky氏とKobak氏のモデルとは対照的に、彼らのベースラインは、過去のインフルエンザの流行を圧迫しており、すべての新しい流行はプラスの超過死亡率で進化している。7 97イスラームの調査によると、年齢で標準化された超過死亡率は、ほぼすべての国で女性よりも男性の方が高かった。97 Alicandroらは、2020年から2021年にかけてのイタリアの性別および年齢別の超過総死亡率を、時間的傾向と季節変動を考慮した過分散ポアソン回帰モデルを用いて調査した。2011年から2019年までの過去の死亡データを予測ベースラインに使用しました。2020年と2021年を比較すると、2021年には生産年齢人口による超過死亡の割合が増加しました。超過死亡は、両期間とも女性よりも男性の方が高かった。98 Msemburiらは、2020年から2021年にかけての194の加盟国の世界の超過死亡率のWHO推定値を提供しました。ほとんどの国では、2015年から2019年の過去期間を使用して、超過死亡の予想されるベースラインを決定しました。包括的なデータが不足している地域では、ベイズ推定技術を使用して不確実性を測定する過分散ポアソンフレームワークを使用して、全死因死亡が予測されました。この研究は、WHOの6つの地域間の超過死亡率の大きな違いを示しています。99 Paglinoらは、2015年から2019年までの過去の死亡データで訓練されたベイズ階層モデルを使用し、パンデミックの最初の2年間における米国の郡全体の月間超過死亡率の空間的および時間的粒度の推定値を提供しました。その結果、超過死亡率は大都市圏の郡では減少したが、大都市圏以外の郡では増加したことが分かった。100 Ruhmは、米国で報告された4つの先行研究による超過死亡推定の妥当性を検証し、これらの調査は超過死亡の予測ベースラインを過小評価している可能性が高いと結論付け、その結果、超過死亡率とそのCOVID以外の原因への帰属を過大評価していると結論付けました。Ruhmは、超過死亡の誇張は、研究が人口増加と年齢構成を十分に考慮していなかったという事実によって部分的に説明できると説明しています。96 101 – 104上記のすべての研究は、ベースライン死亡率を推定するためにより精巧な統計的アプローチを使用していましたが、KarlinskyとKobakは、彼らの方法はしなやかさと貞淑さの間のトレードオフであると主張しています。7 これは、季節変動と年間傾向を捉える最も簡単な方法であり、広範なアプローチよりも透明性が高い方法です。7

この研究には、さまざまな重要な限界があります。死亡届は遅延により不完全になる場合があります。死亡が登録されるまでに数週間、数か月、または数年かかる場合があります。5 4カ国では、いまだに全死因死亡率の報告が1〜4カ月間不足している。一部の国は、大幅な遅れで完全なデータを発行しますが、他の国は、迅速ではあるが不完全なデータを公開します。5 7したがって、特に2022年の提示されたデータは暫定的なものであり、過去にさかのぼって修正される可能性があります。通常、最新のデータは不完全であるため、時間の経過とともに上方修正される可能性があります。これは、報告された超過死亡の推定値のいくつかが過小評価されている可能性があることを示唆している。7 死亡登録データの完全性と信頼性は、他の理由により国によっても異なる可能性があります。一部の国ではリソース、インフラ、登録能力が限られているため、記録された死亡者数はすべての死亡を正確に表していない可能性があります。5 7ほとんどの国は週ごとに報告しますが、一部の国は月ごとに報告します。週次レポートには一般的に死亡日が記載されますが、月次レポートには登録日が記載されることがよくあります。週次レポートと月次レポートは、完全に比較できるとは限りません。5 7当社のデータは国レベルで収集されており、年齢や性別などの社会人口統計学的特性の詳細な層別化は提供していません。5 7

結論として、COVID-19封じ込め措置とCOVID-19ワクチンの実施にもかかわらず、西側諸国では超過死亡率が3年連続で高いままです。これは前例のないことであり、深刻な懸念を引き起こします。パンデミックの間、政治家やメディアは、COVID-19によるすべての死が重要であり、すべての命が封じ込め措置とCOVID-19ワクチンによって保護されるに値することを日常的に強調しました。パンデミックの余波の中でも、同じ士気が続くはずです。すべての死は、その起源に関係なく、認識され、説明される必要があります。潜在的な致命的なドライバーに対する透明性が正当化されます。したがって、原因別の死亡率データを利用できるようにして、より詳細で直接的かつ堅牢な分析を行い、根本的な要因を特定する必要があります。死因を正確に特定するために、死後検査を容易にする必要がある。政府の指導者や政策立案者は、長引く超過死亡の根本的な原因を徹底的に調査し、健康危機政策を評価する必要があります。

参加者および関連する患者および一般コミュニティへの普及

私たちは、出版物に関するプレスリリースを通じて調査結果を広め、政府の指導者や政策立案者と連絡を取り、持続的な超過死亡の根本的な原因を調査する必要性についての認識を高めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

sixteen − twelve =