新型コロナウイルス

高額案件でワクチン推奨するユーチューバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

先ほど、東京地裁において、作家兼医師の知念実希人氏が、旧Twitterで私の名誉を毀損した件に関し、名誉毀損についての損害賠償と当該ツイートを削除することを命ずる判決が出ました。 河野太郎ワクチン大臣の「ワクチンで不妊になるというのはデマ」という発言に対し、「デマではなく中長期リスクは不明」と私が投稿したことを「ワクチンで不妊になる等のデマで」「反ワクチン活動をした」との虚偽の事実を摘示して名誉を毀損したものです。 被告のこのような言動が、自由な言論を萎縮させ、社会を歪めることの一助となったことは否めません。 新型コロナワクチン集団訴訟を含め、異常であったコロナ禍を検証することが今後進んで行くことと考えます。この判決はその第一歩です。

Image

 

Image

 

ダニエル社長さんの言われる通りだと思います。 あと、どーでもいい細かいことかもだけど 「広告案件ではないので費用は一切いただいておらず、動画の収益化も行なっておりません。」 との文面。 普通なら 「報酬(or収益)は頂いておりません」 でしょう。 「費用は…」って何?
ダニエル社長@令和の軍師
 
@danielchannel
はじめしゃちょーと河野大臣とのワクチン動画に関して「費用が発生していないのは怪しい」という件について補足。 実際に120万登録のYouTuberのコヤッキーさんの元には代理店から高額な案件として話がきた(数百万円で歴代2位の高さの案件)という証言があり、また、PR会社に5000万円で契約された厚労省の「ワクチン推進プロジェクト」という契約書面等も出てきています。 そんな中で、なぜ日本トップクラスの登録を誇る1000万登録越えの「はじめしゃちょー」だけ無料なんでしょうか? はじめしゃちょークラスだと、相場的には数千万円の案件になるのが常識の世界です。(登録者×3〜5円程度) で、広告も挟んでいない訳ですよね? 対談動画の中で「ネットでは陰謀論者やデマが多い」と書いているように、そんなワクチンのジャンルで動画を出すなんて叩かれる炎上リスクしかない訳ですよね? 何のメリットも無しにボランティアでハイリスクの動画を出し、しかも編集費用や、運営チームのリソースとコストを払ってやります? それも他のユーチューバーや代理店にはお金が入る契約の案件なはずなのに。 そんな事あり得ます?無理ありません? 僕がこんな生々しい事実を晒してしまうと、おそらく同業の代理店やプロデュースしている省庁・大企業などからめちゃくちゃ嫌われると思いますが、これがリアルです。 それでも無料に見せかけたいなら、巧妙なスキームを使うはずです。 このクラスのインフルエンサーが、無料でハイリスクな案件を考えなしに出すなんてあり得ないですよ。

Image

Image

Image

Image

 

厚労省は過去の薬害の反省を活かし、ワクチン接種の予診票に「接種を希望します」という記載を入れている。これが国賠訴訟を難しくすると思う。いくら同調圧力があったとしても、接種した人は自ら進んで接種した事になる。加えて接種券に同封された説明書には「接種による予期しない副反応が起きる可能性があります」という記載がある。だから接種した人は接種による予期しない副反応があることを承知したうえで進んで接種した、ということになる。まあ、「予期しないこと」の具体的な懸念の情報は医クラやインフルエンサーが潰したんだが。

Image

 

何回読んでも意味が分からないんだよね。 比較的重い高齢者の1/4が未接種 比較的重い高齢者の3/4は何なの?

Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

1 × four =