新型コロナウイルス

身体の寿命より腎臓が先に死ぬ人 クレアラシルには白血病に関連するベンゼンが含有 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレアラシル、 白血病の危険性か。  人気のニキビ治療薬「クレアラシル」に、白血病につながる化学物質「ベンゼン」が高濃度で含まれていた。独立機関は、FDAに回収を申し立てた。ベンゼンは、発がん性も指摘されている。 childrenshealthdefense.org/defender/acne-
Image

高レベルのベンゼンは、癌に関連する化学物質は、独立した試験機関Valisureによる新しいレポートによると、過酸化ベンゾイルを含む多くの一般的なにきび治療で形成される可能性があります。

Valisureは、人気ブランドのProactiv、Clinique、Clearasil、Target Corp.のUp & Upなど、数十の処方薬や市販薬をテストし、それらに「容認できないほど高い」レベルの発がん性物質が含まれている可能性があることを発見しました。

また、高温の車内に置いたままにしたり、蒸し暑い浴室に保管したりするなど、製品を高温で取り扱ったり保管したりすると、ベンゼンレベルが上昇することもテストで明らかになりました。

同研究所は、米国食品医薬品局(FDA)に市民請願書を提出し、分析結果を共有し、規制当局がこの問題をさらに調査する間、FDAに製品をリコールし、販売を停止するよう求めました。

にきびは米国で最も一般的な皮膚疾患の1つであり、米国では年間最大5,000万人が罹患しており、青少年の約85%がある時点でこの状態を経験しています。(続きはリンクから)何百万人もの10代の若者が使用する人気のあるにきび治療には、白血病に関連する高レベルの化学物質が含まれています•子供の健康防衛 (childrenshealthdefense.org)

 
 
 
 
Image

ワクチンは効いたが、子供たちは死んでしまった

4価デング熱ワクチン(TAK-003)の長期的な有効性と安全性:第3相無作為化二重盲検プラセボ対照試験からの4.5年の結果。The Lancet Global Health、2024年2月。

朗報:国際的な研究グループによると、南米の子供たちは現在、デング熱の「安全で効果的な」ワクチンを接種しています。悪いニュースは?ワクチンを接種した子供は、ワクチンを接種していない子供の約2倍が臨床試験中に死亡しました。

研究者らは、ブラジル、コロンビア、ドミニカ共和国、ニカラグア、パナマ、フィリピン、スリランカ、タイの「デング熱地域」にある26の医療センターまたは研究センターから、4歳から16歳、50.5%が男性である20,099人の子供を登録しました。

病気やアレルギーの強い子供は除外されました。

研究者らは、13,401人の小児に実験的な弱毒生デング熱ワクチンを3カ月間隔で2回接種した。TAK-003というワクチンは、マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を置く武田薬品工業が開発した

武田薬品は、デング熱の予防効果が61.2%、デング熱による入院の予防効果が84.1%であったと報告しています。

ワクチン未接種の被験者は全体的にわずかに多く副作用を経験しましたが、軽度の効果はワクチン接種を受けた被験者でより一般的でした。

TAK-003のわずかに優れた副作用プロファイルは、ワクチン接種を受けた11人の子供が追跡中に死亡したのに対し、ワクチン未接種の子供はわずか6人であったため、すべての中で最も重大な安全性シグナルである死亡には変換されませんでした。

武田薬品工業のプレスリリースによると、武田薬品工業は2023年7月、データ収集方法の不一致を理由に、米国でのTAK-003の販売申請を「自主的に」取り下げた。

(続きはリンクから)デング熱ワクチン試験:ワクチン接種を受けていない子供よりも多くの予防接種を受けた子供が死亡した+その他•子供の健康防衛 (childrenshealthdefense.org)

 
 

配信

現代ビジネス

Photo by gettyimages

腎臓を傷めつけるいちばん危険な物質

Photo by gettyimages

リンが腎臓を傷つける

Photo by gettyimages

週刊現代(講談社)

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

3 × 4 =