新型コロナウイルス

猛毒が身体に入るとどうなるか カネミ油症事件から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カネミ油症事件は世代を超えて子供に影響を与え続ける問題として深刻ですが、これは今接種してる新型コロナワクチンにも言える問題として受け止めなくてはならいない問題です。DNA改変は後の世代にまで薬害が受け継がれていく問題です。安易に妊婦や妊娠する可能性がある人に接種させて良い事ではなく、慎重に行動しなければならない事を示しています。

 

55年前「黒い赤ちゃん」が生まれ、世間を震撼させた「カネミ油症事件」。「カラダにいい」と言われた食用油に猛毒ダイオキシンが入っていた。「毒は抜ける」と言われたが、21年後に産まれた娘の肌は黒ずんでいた。子孫への影響が続いており、厚労省も協議を継続中である。 news.yahoo.co.jp/articles/704d4
Image

カネミ油症 患者の子供や孫への影響で「歯の病気」詳しく調査へ【長崎】

配信

 
KTNテレビ長崎

テレビ長崎

テレビ長崎

 

※ 睡眠中に舌の付け根が下がる問題に対して、新たに舌筋肉をシェイプアップする方法を加えて増強しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

five × 2 =