新型コロナウイルス

ファイザーワクチンで妊婦とその新生児に懸念 ラットの神経細胞形態異常、ニューロン数、運動能力に変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中のラットにコロナワクチンを接種させた場合、自閉症様の行動、ニューロン数、運動能力に変化が生じたという深刻な内容です。厚労省の公式発表がどうであろうと、生まれた新生児に及ぼす影響は大きいということです。ラットだから人間には影響がない?と、どうして言えるでしょうか。

勤務医団の本音 on X: “つまり,コロナワクチン接種で神経細胞の形態異常が観察されたのである。 これを(人間ではなく)ラットだからと無視するようでは医学者として失格。 周産期に関わる医師達は(学会を含めて)未来の生命へ責任が生じる。 最早,あの時は分からなかった,は決して通用しない。 https://t.co/AVC3lVUwnb https://t.co/u3cboow3TU” / X (twitter.com)

勤務医団の本音
 
@JPN_Doctors
つまり,コロナワクチン接種で神経細胞の形態異常が観察されたのである。 これを(人間ではなく)ラットだからと無視するようでは医学者として失格。 周産期に関わる医師達は(学会を含めて)未来の生命へ責任が生じる。 最早,あの時は分からなかった,は決して通用しない。 link.springer.com/article/10.100

Image

Image

Image

Image

COVID-19 mRNAワクチンBNT162b2への出生前曝露は、雄の新生仔ラットに自閉症様行動を誘発します:WNTおよびBDNFシグナル伝達摂動に関する洞察

要約

COVID-19のパンデミックは、この病気に対処するためのBNT162b2を含むmRNAワクチンの迅速な開発と配布を促進しました。これらのワクチンの潜在的な神経発達への影響について、特に妊婦やその子孫などの感受性グループにおいて懸念が生じています。この研究は、ラットモデルにおけるWNT、脳由来神経栄養因子(BDNF)レベル、特異的サイトカイン、m-TOR発現、神経病理学、および自閉症関連の神経行動学的結果の遺伝子発現を調査することを目的としていました。

妊娠中のラットは、妊娠中にCOVID-19 mRNA BNT162b2ワクチンを接種しました。その後、雌雄の子孫に対する評価には、自閉症のような行動、ニューロン数、運動能力が含まれていました。分子技術を適用して、脳組織サンプル中のWNTおよびm-TOR遺伝子発現、BDNFレベル、および特異的サイトカインを定量化しました。その後、この発見は、潜在的なメカニズムを特定するために、現存する文献の中で文脈化されました。

その結果、mRNA BNT162b2ワクチンは、雄ラットと雌ラットの両方でWNT遺伝子発現とBDNFレベルを有意に変化させ、主要な神経発達経路に大きな影響を与えることが示唆されています。特に、雄ラットは顕著な自閉症様行動を示し、社会的相互作用の著しい減少と行動の反復パターンを特徴としていました。さらに、重要な脳領域のニューロン数が大幅に減少し、神経変性または神経発達の変化の可能性が示されました。

雄ラットはまた、協調性と敏捷性の低下によって証明された運動能力の障害を示しました。私たちの研究は、ラットモデルにおけるWNT遺伝子発現、BDNFレベル、および特定の神経発達マーカーに対するCOVID-19 mRNA BNT162b2ワクチンの効果に関する洞察を提供します。ヒトでこれらの観察結果を確認し、正確なメカニズムを探るには、より広範な研究が必要である。COVID-19ワクチン接種のリスクと報酬、特に妊娠中のリスクとリターンを包括的に理解することが引き続き不可欠です。

結論

結論として、私たちの研究は、COVID-19 mRNA BNT162b2ワクチンがラットのWNT経路とBDNFレベルに影響を与え、特に雄で顕著な影響が観察されるという証拠を提示しています。自閉症様行動、ニューロン数の減少、運動能力の低下など、これらの男性特有のアウトカムは、神経発達障害におけるWNT経路とBDNFシグナル伝達の役割に関する既存の文献と一致しており、ワクチンの潜在的な神経発達への影響を強調しています。

私たちの研究は、動物モデルに依存していることを考えると、その限界を認識することが不可欠です。これらの結果を人間に一般化する場合は注意が必要です。.ヒト集団におけるこれらの観察結果を確認し、作用している正確なメカニズムを確認するためには、さらなる厳密な臨床研究が必要である。

COVID-19ワクチン接種の効果を理解することの公衆衛生上の重要性を考えると、特に妊娠中、包括的な研究が不可欠である。これらは、ワクチン接種の利点と潜在的なリスクを比較検討し、最適な神経発達アウトカムを確保することに焦点を当てるべきである。私たちの調査結果は、すべての個人、特に妊娠中とその子孫の安全と幸福を保証するために、この分野での継続的な研究の重要性を強調しています。

要約すると、この研究は、特に神経発達の結果に関連して、WNT経路とBDNFレベルに対するCOVID-19 mRNA BNT162b2ワクチンの効果に関する貴重な洞察を提供します。観察された男性特有の脆弱性と既存の文献との収束は、神経発達障害におけるこれらの分子経路の関与を裏付けています。しかし、ヒト集団におけるこれらの知見を検証し、観察された影響の根底にある複雑なメカニズムを解明するためには、さらなる研究が必要である。最終的な目標は、特に妊娠中にCOVID-19ワクチン接種を受ける個人の安全と健康を確保しながら、神経発達への潜在的なリスクを最小限に抑えることです。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

one × 1 =