新型コロナウイルス

速報 ファウチが証言:ソーシャルディスタンスに科学的根拠はない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xから翻訳

The Vigilant Fox 🦊 on X: “速報:COVID特別小委員会がファウチの2日間の証言から重要なポイントをドロップ #1 – ファウチ博士は、連邦保健当局が推進する「6フィート離れている」社会的距離の推奨は、いかなるデータにも基づいていない可能性が高いと主張した。「なんとなく現れただけだ」 #2 – 博士….https://t.co/033JAhibar インチ / X (twitter.com)

警戒狐
 
 

@VigilantFox
購読する
 
速報:COVID特別小委員会がファウチの2日間の証言から重要なポイントをドロップ #1 – ファウチ博士は、連邦保健当局が推進する「6フィート離れている」社会的距離の推奨は、いかなるデータにも基づいていない可能性が高いと主張した。「なんとなく現れただけだ」 #2 – ファウチ博士は、研究所リーク仮説は陰謀論ではないことを認めた。
 
これは、研究所流出仮説を中傷し、反証しようとした、今や悪名高い「近位起源」論文の発表を促してから約4年後のことです。 #3 – ファウチ博士は、COVID-19パンデミック時のアメリカのワクチン義務化が、将来的にワクチン忌避を高める可能性があることを認めました。 #4 – ファウチ博士は、アメリカの大学に学生にワクチンの義務を課すよう助言しました。
 
#5 – ファウチ博士は、「近位起源」の不正確な結論を隠蔽するために、「ラボリーク」の定義で意味論を演じた。彼が「近位起源」を決定的なものとして擁護することは不可能です。 #6 – ファウチ博士は、中国からの渡航を制限するトランプ大統領の命令に同意し、EU諸国と英国からの渡航に対する彼のさらなる制限を支持した。ブラッド・ウェンストラップ下院議員は声明を発表し、「2日間の証言と14時間の尋問の後、多くのことが明らかになった。
 
本日のインタビューで、ファウチ博士は、彼が推進した政策や義務化は、残念ながら今後何年にもわたってワクチン忌避を助長する可能性があると主張しました。彼は、しばしば隠蔽された研究所漏洩仮説は、実際には陰謀論ではなかったと証言した。さらに、アメリカ人に強制された社会的距離の推奨は、単に現れただけであり、科学的なデータに基づいていなかった可能性があります。
 
「ファウチ博士のインタビューの書き起こしは、わが国の公衆衛生制度の体系的な欠陥を明らかにし、わが国の公衆衛生当局の深刻な手続き上の懸念に光を当てた。反対意見が考慮されなかったり、完全に抑圧されたりすることが多かったことは明らかです。将来、パンデミックが発生した場合、米国の対応は科学的事実と決定的なデータに基づいて行われなければならない。
 
「ファウチ博士が私たちの調査にとって重要なCOVID-19の情報を思い出せないことに不満を抱いていますが、私たちが話した他の人々は事実を思い出しています。私は、ファウチ博士が特別小委員会の前で個人的に証言することをいとわないことに感謝し、今年の公聴会で彼とさらに話すことを楽しみにしています。今後、もっとうまくやれる機会はたくさんあります」
 
画像
 
 
tonakai
 
@tonakai79780674
Dr.ファウチ1日目の要点 本日、@ COVIDSelectは、アンソニー・ファウチ博士に対し、COVID-19パンデミック時の彼の役割について7時間にわたって質問した。 ファウチ博士の証言は、アメリカの公衆衛生システムにおける抜本的かつ体系的な失敗を明らかにした。 主なハイライト ・ファウチ博士はCOVID-19に関する情報や会話を100回以上「覚えていない」と主張した。 ・ファウチ博士は、NIHは武漢での機能獲得研究に対して資金提供はしていないと述べた以前の証言を徹底的に擁護した。 今日、ファウチ博士は、NIHがこの危険な研究に資金を提供したことを認めないようにするために、機能獲得の定義について意味論的な駆け引きを繰り返した。 ・ファウチ博士の証言によれば、彼は提案書を見直すことなく、国内外のすべてのNIAID助成金にサインしたという。 ・以前、特別小委員会が公開した2020年の電子メールによれば、ファウチ博士は中国の武漢で行われている危険な機能獲得研究を認識していたことが証明された。 今日、彼はそれを「事実」として述べるべきではなかったと主張して撤回した。 ・ファウチ博士は、NIAIDが海外の研究所を監督する何らかの仕組みがあるかどうかを確認できなかった。 ・明らかに、米国民と米国政府は、公衆衛生指導者の責任と公衆衛生機関の説明責任について、まったく異なる期待を持って活動している。 説明責任についてはまた後日!
 
 
 
※ アンソニー・ファウチ 
 
1984年からアメリカ国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID) 所長[5][6][7]。アメリカ合衆国の政権7代に渡って大統領に医療分野の助言をし[8]大統領エイズ救済緊急計画英語版の策定において中心的役割を果たした[7]。 コロナウイルス感染症対策で米国だけではなく、世界中で重要な役割を果たしてきた人物。日本でも米国の対策を元に国内対策を正当化してきた。
 
ソーシャルディスタンスに科学的根拠がないなら、手指消毒やマスク着用、密を避ける、県外への移動自粛なども科学的根拠がないことになります。そしてワクチンは『周りの人のために打つ』という宣伝も何一つ根拠がなかったことになるでしょう。2,022年10月欧州議会におけるファイザー役員の証言からも明らかです。
 
 

But as a spokesperson from Pfizer admitted in the Dutch Parliament this week, the vaccine was never tested for transmission, in other words, stopping you giving COVID to others. So what the authorities told us about stopping the spread with a jab was a total lie.
筆者訳:しかし、ファイザーの広報担当が今週オランダ議会で認めたように、このワクチンは伝播(transmission)について、言い換えるとあなたが他人に新型コロナウイルス感染症をうつすのを阻止することについては試験されていませんでした。したがって、ワクチン接種によって感染拡大を止めるということについて、当局が私たちに言っていたことは全くの嘘でした。

GBNews「Mark Dolan reacts to Pfizer admitting that the vaccine was never tested for transmission」(10月12日)より

 
10月10日の欧州議会では、ファイザーの国際先進国市場担当プレジデントであるジャニーン・スモール氏がオランダの欧州議会議員ロブ・ロース氏の質問に以下のように答える場面があり、ドーラン氏の発言はこのことを指しているものと推察される。
 

ロース氏(15:22:54~)
So I will speak in English so there are no misunderstandings. Was the Pfizer Covid vaccine tested on stopping the transmission of the virus before it entered the market? If not, please say it clearly. If yes, are you willing to share the data with this committee? And I really want straight answer: yes or no. And I’m looking forward to it.
筆者訳:誤解が起きないよう英語で話します。ファイザーの新型コロナウイルスワクチンは市場投入の前に、ウイルスの伝播阻止を試験していたのですか?もしノーなら、はっきり言ってください。イエスなら、そのデータをこの委員会で公開するつもりはありますか?イエスかノーか、明確な答えが欲しいのです。私はそれを望んでいます。
(中略)
スモール氏(15:31:45~)
Regarding the question around did we know about stopping immunization before it entered the market, no.
筆者訳:市場投入の前に私たちが免疫化の阻止について知っていたかどうかという質問についてですが、ノーです。

欧州議会「COVID-19パンデミックに関する特別委員会」(現地時間10月10日)より、強調は筆者による

 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

18 − ten =