新型コロナウイルス

ワクチン後遺症患者の細胞からDNA検出され、人間のDNAに統合された

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@j_sato
コロナ(ワクチン)後遺症81人の血液のゲノムDNAを調べたところ、ファイザーワクチンのスパイク蛋白質配列が見つかった人(人数の記述なし)がいて、試験管内実験で示されてきたmRNAからDNAへの逆転写が実際にヒトで発生していることが示された。S蛋白人間が実際に発生

新型コロナワクチンをいち早く接種した医療従事者。その中には、接種せざるを得なかった看護師もいました。 5回にわたる接種の末、悲鳴をあげた身体。今は歩行困難となり、車いす生活を強いられ休職しています。 彼女のホンネから見えてきた、医療従事者をとりまく実情とは?

 

ワクチン後遺症の患者の細胞内に、ワクチンのDNAが見つかった。 ・ワクチンのmRNAが逆転写した ・ワクチンに混入したDNAの断片が組み込まれた いずれかの理由かは不明だが、スパイク蛋白人間、つまり、接種者の遺伝子が改変された証拠が見つかった。 全否定していた人たちには、都合の悪い事実だ。 彼らは、ワクチンに懸念を示すふりをしながら、薬害を隠蔽していたことになる。

Image

@You3_JP
新しい研究は、コロナ後遺症は、ワクチンのDNAの統合による可能性があることを明らかした 「コロナ後遺症患者から採取したDNAをPCRとサンガー法で遺伝子解析した結果、ファイザーのワクチンのスパイクタンパク質配列に類似した配列の存在が確認された。(ワクチンのDNAが) 統合された可能がある」

COVIDワクチンは人間のDNAに統合され、研究で判明

大いに嘲笑された「アンチバックスの比喩」は真実であることが証明された

30代
共有
 

概要:ロングコビッドに罹患したヒトを対象とした研究では、細胞DNAを分析しました。 著者らは、思いがけず、ヒトの血液細胞からファイザーのCOVIDワクチンに特異的な遺伝子を発見した。 この発見は、mRNA COVIDワクチンが一部のCOVIDワクチン接種者のDNAに永久に組み込まれることを証明しています。

新たに発表された研究では、ボランティアの血液サンプルから分離されたヒトDNAを分析しました。著者らは、血液細胞のDNAとファイザーのCOVIDワクチンBNT162b2に特有の遺伝子配列との一致を調べた。高感度検査を行った後、科学者たちは、、ファイザーのCOVIDワクチンに由来する遺伝子を発見し分析された血液サンプルのゲノムからました。

これは何についてですか?

 

約2年前、私はファイザーのCOVIDワクチンがヒトDNAに組み込まれていることを発見した研究の説明を投稿しました lab experiment in a dish 。

イゴールのニュースレター
最悪の恐怖が現実のものとなった:ファイザーのmRNAがDNAに転写される
新しい研究が発表されました:ファイザービオンテックCOVID-19 mRNAワクチンBNT162b2の細胞内逆転写ヒト肝細胞株でのin vitro。つまり、実験室での研究は、mRNAワクチンがヒトの細胞DNAに組み込まれることを示しているのです。これは、ファイザーのワクチンを一度でも接種すると、影響を受けた細胞のDNAが永久に変化してしまうことを意味します。
続きを読む

シャーレ中のヒト細胞を用いた実験は容易で、再現性のある結果が得られやすい。しかし、このような細胞培養の実験結果をで再現できるかどうか生きた人間という疑問が常にあります。

具体的には、COVID-19ワクチンは、生きて呼吸している人間のDNAを逆転写し、統合し、その結果、人間のDNAの一部になるのでしょうか?その質問に対する答えは、今までありませんでした。

ネタバレ注意 – 答えはイエスです – mRNA Covidワクチンは時々DNAの一部になります。

Dhuriらの研究、いわゆる「ロングコビッド」を探求するイタリアの科学者による興味深い科学的発見の旅を描いています。

まず、彼らは、ロングコビスパイクタンパク質ッドに苦しむ一部の人々の血液から、コビドワクチンのみに特異的な特定の特徴を持つを検出しました。

 

この検出は、ワクチン接種のかなり後に行われました。

次に、研究著者らは、どのようにして長期的なスパイクタンパク質産生が可能になるのか、と尋ねました。DNAが変化して、細胞が永久的なスパイクタンパク質工場になってしまったことが原因なのでしょうか?

この疑問に答えるために、彼らはDNA特異的な検査を用いて、被験者の細胞のゲノムにCOVIDワクチンの遺伝暗号が存在することを検出しました。

では このサプリメント 、次のように説明しています。

科学者たちは、これらのゲノムに何か興味深いものを見つけましたか?

答えはイエスです – 何人かの実験被験者のDNAは改変され、ファイザーのCOVIDワクチンからしか得られない遺伝子を含んでいました!

著者らは、この発見が「細胞内逆転写」、つまりワクチンがレシピエントのゲノムの一部になることと一致していると述べています。

この画像は、細胞のDNAファイザーの遺伝暗号が検出されたのは、RNAやタンパク質ではなく、であったことを指摘しています。

注意の言葉

 

上記の知見は不安を煽るものであり、ワクチン接種を受けた人の中には、、ゲノムの強制的な改変を経験する人がいることを示していますスパイクタンパク質産生コードが罹患細胞に恒久的に存在し。

しかし、逆転写を経験し、ファイザーのワクチンコードがDNAに組み込まれた人の中に、どれだけの細胞が罹患しているのかはわかっていません。このような変化した遺伝子鎖を検出するために使用される方法は、非常に敏感です。ファイザーのワクチンコードを持つ細胞が、罹患した各生物の中でご少数派であることを願っています。

また、生殖細胞(卵子や精子)が影響を受けるかどうかもわかっていません。 生殖細胞系遺伝子にファイザーのワクチンコードを持つ新生児はいますか?(チェックアウト この投稿 デイリービーグルによるも)

さらに、すべてのワクチン接種者がこの逆統合の影響を受けたわけではないようで、したがって、ワクチン接種を受けた人は、ゲノムが改変されたのは自分ではないという希望を持っています。

さらに、この研究が発表されたジャーナルは、最も権威のあるジャーナルではありません。 (権威あるジャーナルは、COVIDワクチンに批判的な科学的知見を発表することを好みません。著者の方法を再現して、その結果を確認する研究がさらに増えることを願っています。

「コビドワクチンは私たちのゲノムを変える」は、反科学的な反ワクチンの比喩と見なされ、ファイザーが後援するマスコミによって常に嘲笑されていたことを思い出してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 + thirteen =