新型コロナウイルス

ニュージーランド:異常な超過死亡 接種開始以来毎日120人以上が死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者は現在キンドル本の執筆をしております。悪戦苦闘して最初の1冊を送り出せるかどうかのところまで辿り着きました。最初の登録はしたものの、後からやり直したり設定を変えたりで、そのうちに表紙や原稿のアップロード出来なくなり、何度も繰り返すのですが、一向に受け付けて貰えません。期限が迫る中、最後の手段だと思って一気に抹消、リセットをしたら、どうやら上手く行ったようです。よく考えたら原稿や表紙は最初に作るもので、それに合わせてキンドル側のアップロードをするべきだったということに気がつきました。

そして来年は電話によるカウンセリングにも対応する予定があります。具体的にはまだ計画中ですが、コロナ騒ぎの中、非接種を貫くことは思いのほか大変な負担があることと思います。ワクチン接種への同調圧力の中、どうやって切り抜けていけるかは、行動によって生死を分けることがあります。そのような精神的負担とスッキリしないモヤモヤを受け止めさせていただきます。対象はワクチン非接種または接種をやめた方に限定します。こちらは出来次第、順次お知らせします。

本日、キンドルの審査を通って電子書籍が発売されました。第1弾は『自分で出来る腱鞘炎・親指の痛みを解消』です。自分のため、家族のためにも常備しておいて下さい。画像をクリック ¥500

 

 

※ 動画の下にあるのはコミュニティノートというファクトチェックみたいなものですが、政府の見解を繰り返しているに過ぎません。未だにワクチンの後遺症を認めていませんね。

ニュージーランドで超過死亡に関する決定的な証拠が出てきました。前首相でクラウス・シュアブの弟子、アーダーン首相がワクチン接種の実質強制を行いました。その中から保健省統計学者バリー・ヤング氏による内部告発が行われました。接種が始まると死亡数が増えることから統計的に調査したところ、ニュージーランドでワクチン接種が始まって以来、1日の死亡者数が一貫して120人超である事が分った。そして特定のバッチ(ロットNo.)で高い死亡数を記録している。最も高い死亡率のバッチでは711人接種中死亡者152人で死亡率は21.38%だった。その後バリー氏は内部告発をしたことが守秘義務違反に問われ、懲役7年となっている。日本でも副反応の数が多いロットが問題となっているが、これと同じ事かも知れない。

 

ニュージーランド政府の内部告発者のデータダンプが明らかに コビド「ワクチン」の毒性の真の範囲

テス・ローリー博士、MBBCH、PhD

世界保健機関(WHO)は、ワクチン接種プログラムに関するニュージーランド政府のデータの主要アナリストであるニュージーランド人の勇気ある暴露について知らされました。

このデータと内部告発者へのインタビューは、弁護士でジャーナリストのリズ・ガンが率いるニュージーランド・ロイヤリティ党のウェブサイトで本日公開されました。WCHでは、なぜ私たちが誠実な健康情報を世界の人々に届けるために取り組んできたのかを思い出させてくれます。

視聴者は、これは見るのが非常に難しい素材であることに注意してください。内部告発者が強調しているように、この国は非常に小さな国であり、インバーカーギルのような人口54,000人の町に、ワクチンの30%が亡くなったときに男性と女性にワクチンを接種し続ける責任があるワクチン接種者が1人いるとしたら、それは衝撃的で忌まわしいことであり、その人はニュルンベルク法のあらゆる面で責任を負っています。

インタビューの全文ここははこちらからご覧いただくか、ニュージーランド・ロイヤルのウェブサイトでご覧いただけます。

 

するからの重要な追加情報NZL LOYAL DEATHVAX™が、グレートリセット2030アジェンダのために人類の人口を減らすために、民主的優生学者によって意図的に放出されたスローキル生物兵器であることに疑いの余地なく証明:

NZのCOVIDワクチン虐殺が暴露

 

NZ政府の大量殺戮への共謀 |Kiwi4Justiceによる記事

 

大量虐殺。大虐殺だ。これは、リズ・ガンの『M.O.A.R(すべての啓示の母)』におけるNZ政府の内部告発者からの爆弾証拠に値する唯一の記述である。想像を絶する悲劇です。この内部告発者や他の人々から出てきた証拠は、NZ政府によるCOVIDワクチンの展開が単なる犯罪ではなく、虐殺であったことを示しています。証拠と意味は避けられず、理解するのが難しい。しかし、さらに気がかりなのは、これが偶然ではなかったということです。それは意図的な大量殺戮であったし、今もそうである。

COVID-19ワクチンによるNZの人々の死傷者の規模は、今や疑いの余地なく証明されており、考えるのは困難です。これは、NZや世界中の多くの人々が、長い間屋上から叫んできたにもかかわらず、主流メディアや政府によって無視され、嘲笑されてきたことの壊滅的な確認です。2022年2月、国会議事堂前のテントや車にキャンプを設営し、この恐ろしい犯罪の責任を負った人々から無視され、悪者扱いされ、「汚物の川」のレッテルを貼られた18,000人のニュージーランド人に対する悲しく残念な弁明です。

リズ・ガンが、M.O.A.R.の降下に先立って、内部告発者とのインタビューと彼の証拠を私に転送し、これから起こることについて「感情的な現実チェック」をしたとき、私はそれの準備ができていると思いました。しかし、祖国を愛する愛国心の強いキウイとして、リズと内部告発者が私に見せてくれたことを精神的にも感情的にも処理することは困難でした。この虐殺の規模を何らかの観点から見ると、この証拠が現在示しているNZでのCOVID-19ワクチンによる死亡者数は、ガリポリでのNZの死亡者数の13倍です。ガリポリ×13。ニュージーランドでワクチンが接種されて以来、ほぼ毎日、クライストチャーチの虐殺に匹敵する出来事が起きています。ここニュージーランドと海外の専門統計学者は、このデータを研究し、これらの死亡がCOVID-19ワクチンによるものでない確率は1,000億分の1であると結論付けました。

インバーカーギルのワクチン接種センターでは、わずか2時間で51人がワクチン接種を受けました。51人全員が死亡した。別のワクチン接種センターでワクチンを接種した837人のうち、253人が死亡しています。そのセンターでワクチンを接種した人の30%が亡くなっています。別のワクチン接種センターでは、ワクチンを接種した923人のうち、276人が死亡しています。全国に多くの予防接種センターでは、死亡率が30%に達していました。これは、通常の平均死亡率がわずか0.75%であるのに対し、これは私たちが見るべきものです。このデータは、個々のワクチン接種者に関連する死亡者数も示しています。ワクチン接種者1人の死亡率は25%でした。そのワクチン接種者からワクチンを接種した人の4人に1人が亡くなっています。他のワクチン接種者も同様でした。彼らのワクチンバッチは、文字通り死のバッチでした。これらの数字は単にスケールから外れており、ワクチンによる大虐殺以外の解釈は不可能です。

また、南島と北島の死者数に大きな偏りがあります。国内で最も死亡率の高いワクチン接種センターの上位20カ所のうち、10カ所がクライストチャーチだけで、そのうちの2カ所(全米全体の10%)が小さなゴア地区にあった。一方、総人口の3分の1がオークランドに住んでいるのは20人中2人だけです。これは、特定のワクチンバッチが他のバッチよりもはるかに致命的でない限り、人口によって統計的に不可能であるはずです。これはまさにデータが示していることです。このデータは、特定のワクチンバッチが「死亡バッチ」であり、他のバッチはそれほどではないことを非常に明確に示しています。これは、このワクチンで非常に奇妙で非常に異常なことが起こらない限り、起こってはならないことです。非常に真剣な調査が必要です。

内部告発者は、問題のデータに独自のアクセス権を持っています。彼は、NZ政府、特にCOVID-19ワクチンのデータベースを設計および構築しました。これは政府の公式データであり、220万人のニュージーランド人の非常に詳細なCOVID-19ワクチンデータが含まれています。 内部告発者は、目の前で死亡データがエスカレートしていくのを2年間にわたって恐怖で見つめ、ついにそれを暴露するために一歩踏み出さなければならないと感じました。 そのために、NZは彼の勇気と道徳性に心から拍手を送り、感謝しなければなりません。彼がこのように名乗り出たのは、決して小さなことではありません。悲しいことに、内部告発者であることは、ディープステートの腐敗と犯罪行為の今日の世界では非常に危険なことです。しかし、内部告発者が日常的に目の前で見ていたのは、顔の見えない数字や統計だけではありませんでした。彼は、特定の場所と特定の時間における膨大な名前のリストを見ていました。もうここにはいない人の名前。実在の家族を持つ実在の人物の名前。数字ではなく、人の命。それはあまりにも多すぎた。彼は、なぜ名乗り出なければならなかったのか、たった2つの言葉があると言います。もう二度と。

これは恐ろしいことですが、NZの人々が理解する必要がある最も壊滅的な点は、この膨大な数の死者が、善意の政府の健康戦略の非常に不幸で予期せぬ結果によるものではないということです。 いや、これらの死は大量殺戮への意図的な共謀の結果だった。 これらは人々にとって非常に聞きにくい言葉ですが、残念ながら証拠は議論の余地がありません。NZ政府は、COVID-19ワクチンの結果がどうなるかについて、完全な予知を持っていました。彼らは、COVID-19ワクチンの大規模な全国展開に先立って、すべての情報とデータを持っていました。彼らは、先に進んだら何が起こるかを正確に示す明確な証拠を持っていました。彼らは、ファイザーのCOVID-19ワクチンが膨大な数の負傷者と死亡者を引き起こすことを知っていました。また、NZ司法省とNZ Medsafeの両社から、提案されたワクチン接種義務化は法的に正当化できないと助言されました。いずれにせよ、彼らは先に進んだ。彼らはファイザー社と契約を結び、COVID-19ワクチンを全国に「安全で効果的」と吹聴し、医療アパルトヘイトによってニュージーランド社会を意図的に2つに分断する違法で残忍な命令を通じて、国民にワクチンを押し付けました。

NZ Medsafeは、ニュージーランドの医師からのOIA(公式情報法)の要請により、政府が2021年半ばにCOVID-19ワクチンの全国展開を開始する数か月前に、ファイザーのCOVID-19ワクチンの初期安全性データを所有していたことが書面で確認されています。ファイザー社の最初のデータは、重傷者数と死亡者数という点で、まったく壊滅的な結果を示していました。そのデータは非常に悪かったため、ファイザーのCOVID-19ワクチンを正式に承認したFDA(食品医薬品局)は、75年間、合法的に国民から隠そうとしました。しかし、この恐ろしい安全性データがあるにもかかわらず、NZ政府はCOVID-19ワクチンが絶対に安全で効果的であるとNZ国民に伝えただけでなく、できるだけ多くのNZ人口にワクチンを効果的に強制するために、義務化とワクチンパスポートを推進しました。すべては、致命的な影響が何であるかを完全に理解した上で行われました。

このプロセスの一環として、NZ政府はファイザー社と、ニュージーランドでのCOVID-19ワクチンの供給と配布に関する契約を締結しました。ファイザー社が南アフリカ政府と締結したのと同じ契約書(現在は公開されています)の中で、ファイザー社はCOVID-19ワクチンの長期的な安全性と有効性を確認できなかったため、ワクチンによる負傷または死亡に対するすべての責任に対して法的に補償される必要があると明確に述べていることがわかっています。ファイザー社とニュージーランド政府との契約書に全く同じ文言が書かれていたことはほぼ確実であるが、それでも政府の「信頼できる唯一の情報源」から「安全で効果的」というマントラが連日発信されていた。信じられないことに、政府の「安全で効果的」なメッセージは、今でも全国で活発に発信されています。反対の致命的な証拠が、人々が見るために明らかであるにもかかわらず。彼らは単に気にしていないようです。

これに加えて、COVID-19ワクチンの接種中、NZ政府と関連機関は、全国のNZの医師や医療従事者が、インフォームドコンセントのヒポクラテスの誓いを果たし、「害を及ぼさない」ことができるようにするために、COVID-19ワクチンの安全性に関する非常に正当な懸念を患者に提起することを積極的に阻止しました。COVID-19ワクチンの安全性について懸念を表明したり、質問したりしようとした医師や医療従事者は、医師免許の剥奪や失業の恐れがありました。場合によっては、これらの脅威が実装されました。ニュージーランド全土の医師や医療従事者に、ワクチンの大量接種に対する反発を防ぐために、意図的に恐怖の雰囲気を作り出しました。これがNZDSOSという組織の結成につながりました。

内部告発者からのこの新しい証拠は、基本的な医療倫理と医療プロセスが放棄され、ワクチンクリニックがマクドナルドのドライブスルーのように患者を押しのけて「現金をダッシュ」するという不穏なパターンも示しています。インフォームド・コンセントは、ヒポクラテスの誓いの最も重要な側面の1つであり、「まず害を及ぼさない」ことです。このデータでは、患者が1時間に30人の割合でワクチン接種クリニックに駆けつけていることを示していますが、ワクチンのリスクを高める可能性のある危険因子や個人の病歴を概説する各患者との会話はどこにあったのでしょうか?これらの人々が袖をまくり上げていたとき、ファイザーの公式安全性データには9ページにわたる副作用のリストがあり、最初の試験で1,223人が死亡したことを知らされていたのでしょうか?これは、ワクチン接種が始まる数か月前にNZ政府が入手した情報です。これは過失ではなく、犯罪です。

この新しい内部告発者の証拠が示している何万人もの死亡の証拠に加えて、NZで引き起こされた膨大な規模の負傷と死亡の証拠もあります。Stats NZを通じて、ワクチン接種キャンペーンが始まって以来、超過死亡が大幅に増加していることが確認されています。また、NZ Medsafeのデータベースには、歴史的に前例のない数の重篤なワクチンによる負傷が登録されており、死亡者数、死因、およびそれらの死亡の多くに見られる恐ろしい症状に関して、NZの複数の葬儀社から非常に憂慮すべき証拠が提出されています。現在わかっているのは、膨大な数の死者だけではありません。また、人生を変えるような重傷者も大量に発生しており、理解しがたいものです。少なくとも、何十万人ものニュージーランド人です。

これで、全国の病院、救急サービス、葬儀社が過去2年間で崩壊点を超えている理由がわかります。

2022年2月、NZ国民はこの人道に対する罪に対して、NZ史上最大の抗議行動で立ち上がりました。18,000人がNZ国会議事堂の前でテントや車に陣取り、120人の現職国会議員全員が、いかなる国会議員も抗議者と関わり、話をしないという共同協定に署名した。それどころか、抗議者たちは政府によって「汚物の川」というレッテルを貼られ、主流メディアによって悪者扱いされた。

NZ権利章典と1947年のニュルンベルク綱領は、医療処置を人に強制または強要することを犯罪としています。NZの人々は、この実験的な医療処置を受けることを強制されたり、強要されたりしただけでなく、NZ政府は、この特定の医療処置が非常に大規模で致命的で恐ろしい結果をもたらすことを十分に知っていました。NZ政府は、NZの人々がその既知の危険に気づかないようにするために多大な努力を払っており、できるだけ多くのNZ国民にそれを強制するためにさらに長い時間を費やしました。同時に、彼らはそれを取る必要から彼ら自身を免除した。

私が育った国では、このようなことが起こり得なかったように思えます。今はNZの最も暗い時間です。しかし、私たちは、常に私たちの国の基盤である強さと団結力を持って、それに立ち向かわなければなりません。NZは、医療アパルトヘイトと医療専制政治によって、残酷かつ意図的に分断されました。NZは今、私たちが今知っていることを中心に団結したキウイとして団結しなければなりません。私たちは皆、この犯罪の犠牲者です。

NZ政府などによるこの大量殺戮は、意図的なものだった。それは不幸な事故ではありませんでした。「Two Shots for Summer」は、世界中で聞かれるショットでした。NZの人々に対する犯罪の甚大さは、いくら強調してもし過ぎることはありません。それは大虐殺だった。

– によって書かれたこの記事Kiwi4Justice
はSubstackで入手できます


奴らはお前を死なせたがっている。

従わないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

15 + three =