新型コロナウイルス

インフルエンザワクチンがmRNA化するときは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分達が儲けるためにウイルスを作り、ワクチンも作って世界中にパンデミックを引き起こし、各国政府にワクチンを割り当てて秘密契約や成分の分析利用制限を付けて売りつける。ワクチンで世界中の人たちを死亡させ、残りは病弱にし、今度はガンの人たちに高額な薬を売りつけようとする。これが絵に描いたようなグローバル製薬ビジネスだ。せいぜい生きているうちに好きな事をするが良い。死んだら間違いなく、この連中の行くところは地獄しかあり得ないだろう。そして永遠にこの製薬会社は歴史に刻まれる。

五十嵐勉 on X: “「ファイザーは『ターボがん』が世界中で爆発的に増加することに430億ドルの賭けをする。 ファイザーは、ターボがんを治療し、年間わずか20億ドルを稼ぐ小規模製薬会社であるシージェンの430億ドルの買収を完了し、医療界を驚かせた。… https://t.co/ikBWO1k89C” / X (twitter.com)

五十嵐勉
 
@ttmikrs
「ファイザーは『ターボがん』が世界中で爆発的に増加することに430億ドルの賭けをする。 ファイザーは、ターボがんを治療し、年間わずか20億ドルを稼ぐ小規模製薬会社であるシージェンの430億ドルの買収を完了し、医療界を驚かせた。 この買収により、ファイザーはmRNAワクチンによって引き起こされるほとんどのターボがんを治療できる世界最大の腫瘍学企業となる。 ファイザー(およびモデルナ)の新型コロナウイルス感染症(19)mRNAワクチンが、これまで世界の歴史の中で見たことのない速度でターボがんを引き起こしていることを認識しなければなら 私達の身体は金儲けの道具って事に気付かないとね。 thepeoplesvoice.tv/pfizer-makes-4

Image

ファイザーは430億ドルの賭けをします 「ターボがん」は世界中で爆発するでしょう

ファイザーは、ターボがんを治療し、年間20億ドルの収益をわずか20億ドルしか稼げない小さな製薬会社であるシージェンの430億ドルの買収を完了し、医療界を驚かせました。

 

この買収により、ファイザーは世界最大のがん治療薬メーカーとなり、mRNAワクチンによって引き起こされるほとんどのターボがんを治療できるようになります。

しかし、買収の性質上、多くの人が頭を悩ませています。なぜファイザーは、mRNAワクチンで得た莫大な利益に酔いしれて、小さな抗がん剤会社に430億ドルを過大に支払ったのでしょうか?

ファイザーは現金を必要としません。また、シージェンを買収するためだけに310億ドルの負債を発行する。誰もがこれを額面通りに受け取っています。しかし、この取引の詳細には、非常に不吉な何かが潜んでいます。

では、ここで何が起こっているのでしょうか?

まず、ファイザー(およびモデルナ)のCOVID-19 mRNAワクチンが、世界の歴史上かつてない割合でターボがんを引き起こしていることを認めなければなりません。

30以上の医学論文のターボがん症例の説明に基づいて、少なくとも1回のmRNAショットを接種した人の数字で見られるターボがんのトップ5は次のとおりです。

リンパ腫(各種)
脳腫瘍(主に膠芽腫) 乳がん(ほとんどがトリプルネガティブ、ステージ3/4) 結腸がん(ステージ4) 肺がん(ステージ4)

罹患した人の数でトップ10のターボがんを四捨五入します(順不同):

白血病(最悪の予後) 黒色腫(ステージ4) 肉腫(ステージ3,4) 精巣/卵巣(急速進行、ステージ1-4) 腎臓(RCCステージ4)

ファイザーの新たな買収により、これらのターボがんのうち2つを「治療」できることから、10個中7個を治療できるようになりました。それが引き起こしているのと同じ問題を扱うことで市場を追い詰めようとしている企業にとっては悪くありません。

しかし、事態はさらに悪化します。ファイザーのCEOであるアルバート・ブルラは、430億ドルのシージェン買収についてメディアのインタビューツアーを行いました。以下は、彼のインタビューから得られた重要なポイントです。

– 33%の人が将来ターボがんになる(彼は確信している) – 家族全員が影響を受ける(これもまた、彼は確信している)

– 新しいがん治療薬は、「ほとんどの」ターボがんを標的とする「ミサイル」のようなものだ – ファイザーは、これまでに
ない規模でそれらを生産します – 2025年までに、ファイザーは「グローバルネットワークを持つ」
– 「臨床試験を非常に迅速に完了する方法がある」

– 「AT SCALE」、「just like mRNA」で生産される

ブルラがこの情報で何を電報で伝えているのか考えてみてください。なぜ、企業はこれまでにない規模でがん治療薬を製造する必要があるのでしょうか?なぜファイザーは、すべての企業の中で、今後数年間、世界中で指数関数的に爆発的に増加し続けるターボがんに数百億ドルを賭けるのでしょうか?

アルファ分析を求めると、ファイザーがこの取引から損益分岐点に達するには、少なくとも10年はかかるだろうと理論化しています。財務的には、この430億ドルの買収はファイザーにとって意味がありません。

ブルラと彼の取り巻き連中が未来について何かを知らない限り、彼らは我々に語らない。

H/T ウィリアム・マキス博士

 

ファイザーCEO、今年のインフルエンザワクチンにmRNAが含まれることを明言

連新社
 
@HimalayaJapan
ファイザーCEO、今年のインフルエンザワクチンにmRNAが含まれることを明言 ファイザーのCEOは、今年の季節性インフルエンザワクチンにmRNAが含まれ、新型コロナウイルスワクチンと一体化することを確認。大手製薬会社はワクチンによる死亡事実を隠蔽し、新しいワクチンの研究と推進を続けている。 #インフルエンザワクチン #新型コロナワクチン #mRNA #ワクチン災害 #大手製薬会社 #ファイザー #モデルナ #アストラゼネカ #ノババックス #ジェノサイド

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンを混合するのか? 

国内ではまだそのような情報はありません。しかし、いずれ混合されるだろうし、インフルワクチンもmRNA化するのは時間の問題でしょう。

シェディング問題と合わせて、準備しておくことは必要です。非接種を貫き、身体の炎症を起こさないためにやるべきことはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

14 − 7 =