新型コロナウイルス

井上正康先生:難分解性mRNAは鋳型のプラスミドDNAと強く結合するので、ワクチンにDNA混入は免れない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

素晴らしい日本庭園のライトアップに感動

image

出版記念/感謝と決意のつどい
来賓者24名、出席者132名、皆様との素晴らしい時間
 

大変失礼しました。動画を貼り付けるのを忘れていました。
 
井上 正康 大阪市立大学名誉教授
 

新型コロナ患者数 約3か月ぶりに増加 “今後も対策を” 厚労省 新型コロナ患者数 約3か月ぶりに増加 “今後も対策を” 厚労省 | NHK | 新型コロナ 国内感染者数

新型コロナ患者数 約3か月ぶりに増加 “今後も対策を” 厚労省11月末の1週間の新型コロナウイルスの全国的感染状況は、前週の1.2倍に増加した。オミクロン株の感染力は激増したので更に増加することは困難であり、大きな波は作れない状況である。インフルエンザは毎年2月をピークに約1000万人が40度近い発熱で苦しんでいたが、新型コロナとのウイルス干渉で過去3年間は世界的に激減した。メディアが感染情報で煽っているが、特に激増する兆しは見られない。しかし、ワクチンの頻回接種者では免疫力が低下しているので、特に高齢者は「手洗い、ウガイ、生理食塩水での鼻洗浄、スマホの消毒」などで感染対策し、過剰反応しない事が大切である。現在、20種類以上ものmRNA型インフルエンザワクチンが開発製造中であるが、深刻な副作用が予想されるので接種すべきでない。

毎日ヨーグルトを食べる人は新型コロナやインフルの抗体価が高いと判明 毎日ヨーグルトを食べる人は新型コロナ・インフルの抗体価が高いと判明 明治らによる「神奈川県産官学共同 新型コロナウイルス抗体価社会調査プロジェクト」中間報告 – トラベル Watch (impress.co.jp)

発酵食品が腸内細菌叢を多様化させて免疫バランスを改善する事が古くから知られている。今回の研究は「ヨーグルトもコロナやインフルエンザへの免疫力を上げる可能性」を示したものであり、多くの発酵食品や食物繊維に共通の現象である。特に食物繊維は腸内細菌により酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸に代謝されて便通改善、肥満予防、炎症抑制などの効果があるので、食事に気を付ける事が病原体への対策として重要である。尚、今回のヨーグルト研究には危険な遺伝子ワクチン製造企業が関与しているので、過大広告に気を付ける必要がある。食品メーカーは有害無益なmRNAワクチンなどで泡銭を稼がず、日々の食生活改善で国民の健康を支援すべきである。

乳製品を摂るとメンタルヘルス上の問題が少なくなるという研究結果 

現代人のメンタル不調は世界的問題であり、毎年15~29歳の若者が8万人も自殺している。 中国の大学生で行われた研究で「乳製品の摂取量が多いほどメンタルヘルスの不調が少ない事、及びその摂取量は男性より女性が多く、骨折やメンタルリスクと逆相関する可能性」が示唆された。乳製品にはセロトニン生成に必要なトリプトファンが多いが、食物繊維食は腸内細菌によりアミノ酸となり、セロトニンをはじめとする神経伝達物資に代謝されて腸内環境や脳機能を改善する。家庭で食事を摂らない学生には、食物繊維の多い食生活で脳免疫統合系を介する健康維持が重要である。馬鹿騒ぎしているLGBTは政治マターであるが、無意識下の性意識にも腸内細菌叢が関与しているので、食生活を改善して馬鹿騒ぎしない事が大切である。

後遺症に3年間悩む女性 コロナ後遺症の味覚嗅覚喪失は回復しないのか 「一生においも味も感じないままなの?」 新型コロナの後遺症に3年間悩む女性 亜鉛や漢方、嗅覚トレーニングでも…(熊本日日新聞) – Yahoo!ニュース

WHOは「新型コロナ感染者の10~20%に味覚嗅覚障害、疲労倦怠感、関節痛、せき、記憶障害などがあるが、大半は改善する」としている。第5波のデルタ株までは血栓症や血管障害を誘起するACE2標的型コロナであり、舌や鼻粘膜の受容体組織や脳の味覚嗅覚中枢も障害されうる。前者は短期間で回復するが、後者は神経細胞の再生が必要なので時間がかかる。第6波以降のオミクロン株では喉粘膜が主病巣で味覚嗅覚障害は世界的に激減した。同様の後遺症は遺伝子ワクチンで高頻度に起こり、2022年以降はワクチン後遺症である可能性が高い。味覚嗅覚障害の治療には、粘膜保護作用のある亜鉛や香料によるアロマテラピーで受容体組織や感覚中枢を刺激する治療法が用いられている。ACE2受容体も亜鉛が必要な血圧制御酵素である。mRNAワクチンの後遺症治療に関しては「きょうから始めるコロナワクチン後遺症17の方法」をご参照下さい。

最後の課題”新型コロナ後遺症治療の最前線 電磁波で脳を活性化 「ブレインフォグはなぜ起こるのか?」 “最後の課題”新型コロナ後遺症治療の最前線 電磁波で脳を活性化 「ブレインフォグはなぜ起こるのか?」原因に迫る臨床研究の現場に密着【news23】 | TBS NEWS DIG

ワクチン禍への対策が確立されなければコロナ禍は終わりません。聖マリアンナ医大では「倦怠感やブレインフォグ患者の脳を電磁波で活性化するrTMS療法を行い、これらの後遺症は脳血流低下が原因」と指摘している。この脳血流障害は「第5波デルタ株までのACE2標的型コロナとmRNAワクチンのスパイク毒性で誘起される病態」である。第6波の喉粘膜型オミクロン株出現以降は『大半がワクチン後遺症』である。ワクチン後遺症の方がコロナ後遺症よりも遥かに深刻であるが、政府は「全てのワクチン後遺症をコロナに濡れ衣を着せよう」としているが。ワクチン禍への対策が確立されない限り、コロナ禍は終わらない。

国産のmRNAワクチンは海外の特許を使用する限り制約があるか? 

厚労省は「通常の冷蔵保存で扱える第一三共のオミクロン株XBB.1.5対応型mRNAワクチンを承認して140万回分を購入」する事を決めたが、これは旧株対応型ワクチンなので今回の接種には使われない。厚労省は9月~2024年3月末の接種用にファイザーとモデルナから4500万回分を購入したが、従来型より短期間で量産できる明治製菓ファルマ社製も承認した。国内生産で輸入に頼らず確保可能となるmRNA型ワクチンは『基本的設計ミスであり、凡ゆるタイプが同様の薬害を起こす事』になる。尚、『Moderna社との特許使用条件に情報開示制限があれば国内企業製でも情報隠蔽される可能性』が高いので、国民が政府や厚労省に厳しい監視体制を要求する必要がある。

第一三共のコロナワクチン国産初の実用化承認 第一三共のコロナワクチン承認へ 国産初の実用化 – 日本経済新聞 (nikkei.com)

1)mRNAワクチン自体も『基本的設計ミス』であり、決して接種させてはならない。2)プラスミドDNAはワクチンのmRNA製造に必須であるが、『難分解性mRNAは鋳型のプラスミドDNAと強く結合してDNA分解酵素の活性を阻害する』ので、最終商品へのDNA混入は免れない。『mRNAワクチンは基本的にプラスミドDNAが混入するリスクが高いので、mRNAワクチン製造自体を廃止すべきである。

新型コロナワクチンで感染者数や死者数大幅減:京都大の妄想試算 新型コロナワクチンで感染者数や死者数大幅減か 京都大が試算 | NHK | 新型コロナ ワクチン(日本国内)

京都大学の西浦博氏が奇妙な数理モデルで「ワクチンを接種しなければ感染者数が約6330万人、死者数が約36万4000人と計算したが、『実際には感染者数約470万人、死者数約1万人で両者共に大幅に少なかった事実』がある。彼は「この手法でワクチンの効果をリアルタイムで確認しながら接種する体制を作れる」と話しているが、『前回の42万人死亡説と同様に非科学的な妄想』に過ぎない。京都大学は『政府に忖度する犯罪的御用学者達を雇用し、正しい医学情報を故・安部首相に伝えた上久保靖彦前教授を解雇』するなど、堕ちるとこまで堕ちたものであり、これが『日本の大学の現実』でもある。

「こびナビ」がワクチン情報伝える「プロジェクト終了」 「こびナビ」終了 新型コロナワクチン情報伝える専門家プロジェクト「目的達した」 – ITmedia NEWS

吉村健佑代表や木下喬弘副代表により運営されてきた「コロナワクチン誤情報を拡散する『こびナビ』が「目的は達した」として11月30日に解散」した。この『媚ナビ集団』は2021年1月から政府や河野前ワクチン担当大臣(通称デマ太郎)の意向を受けて『非科学的情報』を発信し続け、2022年3月には厚労省主催の『宣伝アワードで最優秀賞』を受賞した。「媚ナビ集団」が激奨してきた遺伝子ワクチンの深刻な薬害が世界で明らかになったことから、『当初の目的は達成した』として逃走した。このメンバーの多くは米国で仕事をしているが、ワクチンの被害実態が白日の元に曝され、大切な家族を失った多くの遺族から死ぬまで恨まれるであろう。医師として『ヒポクラテスの誓い』を忘れた彼らは、政府からも『トカゲの尻尾』として切り捨てられるであろう。

米テキサス州がファイザー提訴、「コロナワクチン有効性の説明に誤り」 米テキサス州がファイザー提訴、「コロナワクチン有効性の説明に誤り」(ロイター) – Yahoo!ニュース

テキサス州のケン・パクストン司法長官が「新型コロナワクチンの有効性を95%と虚偽報告して被害を深刻化させた。この主張は僅か2カ月の臨床試験に基づくもので、本来の基準による有効性は0.85%に過ぎない」として、ファイザー社を提訴し、約1000万ドルの罰金を求めた(11/30ロイター)。現在、同様の訴訟が米国や世界中で広がりつつある。欧米と較べて権利意識の低い日本でもある程度の訴訟は起こるであろう。厚労省の玄関には「千数百名もの被害者を出した『薬害エイズ』を反省する『誓の碑』が建っているが、その横に巨大な『新誓の碑』が建てられるであろう。しかし、畜度の高い日本人はその程度でお茶を濁されて誰も責任を取らず、大半の被害国民は泣き寝入りするであろう。『正く怒れる事は重要な教養』でもある。

新型コロナ ワクチン接種直後に女性死亡 遺族が市を提訴 愛知 新型コロナ ワクチン接種直後に女性死亡 遺族が愛知県愛西市を提訴 | NHK | 愛知県

2022年に愛知県の接種会場で飯岡綾乃さん(当時42)が接種直後にアナフィラキシーショックを起こし、担当医師がアドレナリンを投与しなかった為に死亡し、遺族が市に対して4500万円の損害賠償を求めて名古屋地方裁判所に訴えた。これに対して愛西市は「訴状が届いていないのでコメントを差し控える」としている。遺伝子ワクチン後遺症におけるアナフィラキシーショックも重要であるが、それよりも遥かに多くの深刻な被害がある。しかし、『ワクチン後遺症は存在しない』が国の基本方針であり、「病理解剖でワクチンが死因とされた症例まで『因果関係不明』と医学常識に反する異常な対応」で最後までシラを切るつもりである。これに関しては、スパイク蛋白とN蛋白に対する免疫二重染色が『ワクチンが病因か否かの決定的証拠』となる。この方法を用いて『接種被害者の病因や死因に関する決定的証拠を提供し、被害者の救済や補償』を支援する予定である。『一般社団法人・ワクチン問題研究会』はその診断法を確立したので、それを全国的に実施する為に国民から寄付を集めている。詳細はホームページに掲載してあるので、是非、皆様に被害者救済の支援をお願いしたい。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

eight − six =