新型コロナウイルス

帯状疱疹:働き盛り世代で2倍に増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参政党の今後の行方が、多方面から批判を浴びて混沌としてきました。一番良いのは5レンジャーが再び集まって引き続き集団指導で党を引っぱっていくこと。

もう一つは過激なのでフィクションということにしてください。神谷さんは権力欲の塊で、まずは事務局を掌握し邪魔な人間(武田、吉野、赤尾)を追い出して個人独裁を達成。反ワクチンは選挙に行かない層が多いので党勢拡大のため、狙いをつけるのにピッタリだった。ある程度の規模になったら多数派を取り込むために少数派の反ワクチン派と反グローバリストを切り捨て、自民党などと連立を組むというもの。人が何人離れようとも、次から次に立候補したい人間は来るから人材に困ることはない。規約を変更して党首や立候補者を党員が選挙できないようにして下働きをさせる。こうすればずっと自分が党首でいられる。当たらないことを願ってます。

 

急増する働き盛りの帯状疱疹 発症率約2倍に増加、予防接種が影響

配信

 
朝日新聞デジタル

急増する20~40代の帯状疱疹

朝日新聞社

※ 現在、ワクチン接種後に免疫低下から帯状疱疹にかかる人はかなり多いようです。筆者は20代の時に顔と目の角膜に出てしまい、その時はかなり痛みがあり2週間ほど入院しました。それがきっかけで視力が大きく落ち、メガネ着用となりました。実は最近まで帯状疱疹とヘルペスは一緒だと思っていましたが違うようです。

AIから 帯状疱疹とヘルペスは、どちらもウイルスによって引き起こされる感染症ですが、原因ウイルスが異なります。帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる感染症で、身体の一部に、帯のように痛みのある赤いぶつぶつができます。一方、ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症で、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなど、様々な部位に水ぶくれができます。

[医師監修・作成]帯状疱疹とヘルペスの違いは?原因・症状・治療薬と見分け方 | MEDLEY(メドレー)

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

one × 3 =