新型コロナウイルス

変異速度が速く感染力が高い新変異株HV.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近Twitterでは医者に対する風当たりが強くなっています。障害が出ることが分っているワクチン接種をして、何も責任を感じない上に、院内マスクを強要して『俺たちが診なくなったら困るでしょう?』と恩着せがましく言うのですが、相変らず診療報酬引き下げには大反対しています。この時は寝たきり高齢者の延命治療をすれば医療機関は儲かるというものでした。それに対する現役医師からの反論も。

筆者は延命治療は高齢者に対する虐待だと思いますが、患者家族が延命を希望するから、というものがあるそうです。まだまだ一般には、1日でも長く生きていれば良い、とする考えが根強いようです。口から食べられなくなったらその時が亡くなるとき、というのが欧米の考え方。チューブに繋がれ寝たきりで生かされても、それで本人は嬉しいかどうか。

RM 𝕏 帝国@現役世代の強い味方🦸‍♂️ on X: “落ち着いて読んで下さい。言ってはいけない事を暴露すると延命治療はビジネスです。様々なデータを分析すると病院の一番のカモは『延命治療者』だとわかる。延命治療費は医師会の資料を見ると日額入院単価は平均で31,800円。入院期間は驚く事に365日以上の患者が多い。1年と考えても1日の入院費31800×3… https://t.co/ADWZspI6Pv” / X (twitter.com)

RM 𝕏 帝国@現役世代の強い味方
 
@Parsonalsecret
 
落ち着いて読んで下さい。言ってはいけない事を暴露すると延命治療はビジネスです。様々なデータを分析すると病院の一番のカモは『延命治療者』だとわかる。延命治療費は医師会の資料を見ると日額入院単価は平均で31,800円。入院期間は驚く事に365日以上の患者が多い。1年と考えても1日の入院費31800×365=1160万で患者負担は高額医療制度の月額青天井サブスクで15,000円or 24,600円しか払わないし、年金が入るからこれを払ってもまだまだ残る。
 
この負担は全て我々現役世代です。現役世代の給料から問答無用に30%搾取したお金を患者自身9割が望まないのに家族が〝寝たきり大黒柱〟の年金をあてにしたり格安だからと延命治療を望むからここに注がれる。これは病院と家族が老人に寄生して国から儲けるというビジネスです。 出産が10割負担で延命治療がサブスクなのはおかしい。 今だけ・ここだけ・私だけ。 高齢者や病院や国は、一切現役世代の事は考えていません。新しい政権が必要です。維新の会?国民民主党?まずはみなさん政治に興味を持ちましょう。政治は生活そのもの。

Image

Image

Image

これには流石に一言言わせてください。 怒っています。 僕らの仕事への冒涜です。 マジな話で(当たり前ですが)例えば病院長に「もっと延命しろ」なんてことは言われないですし、言われてるなんて噂すらも聞いたことがありません。 経営側ではなく勤務医からしたら病院の利益なんて知ったこっちゃないです。 もし僕の知らないそういう世界があるのかもしれませんが長いことこの世界に身を置いて知らないということは少なくとも一般ではないと思います。
 
あくまでも主治医の裁量で治療を選択しています。 そしてここからは重要ですよく理解して下さい。 その治療ですが、基本僕らが勝手にやることは許されません。 インフォームドコンセントといって治療法の提示、選択、同意を本人もしくは患者家族と対話して、患者サイドが選んだ治療を行っています。 勿論素人には医療の妥当性がわからず ある程度はこちら側で誘導させていただいています。
 
考える限り無理ない、倫理的に妥当なところへ。 90代後半、100歳 また80代でも意思疎通なく、寝たきりで回復の見込みのない方など。 に積極的延命をお金のためにすすめることなどは少なくとも私は知りません。それが医療倫理的に、社会的に良いこだとは思わないからです。 ただ、それは同意を得た場合なんです そんな状況でも家族にそれを求められれば応じざるおえません。
 
頑張って頑張ってお話してもわからない人にはわかりません。 三次救急はまた別の世界です。 彼らは心臓が既に止まってようが搬送されてきた患者に蘇生を行い可能な限り試みるそれが彼らの職務だからです。 現場から国へのお願いは 死生観も含め国民への医療教育をちゃんとしてください。 自然老衰に対して胃瘻、経管栄養、中心静脈栄養での延命を当たり前に求められる倫理は異常です。 繰り返しますが僕らは患者家族の同意のないことはできません。 これも負担額が少なすぎる弊害です。 お金がかからないからといってお金の事考えないでフルコースを望む人が多すぎます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワクチンを打てば打つほどウイルスの変異スピードが増していき、ワクチンによって出来る抗体を回避するようになっていきます。このようなことは薬剤耐性菌の問題が分った頃から明白であるにもかかわらず、何故かmRNAワクチンに同様の問題が起こっていることを過小評価しています。さらにワクチンが変異のスピードに追いつくことがないのは既に明らかです。

新型コロナの変異株「HV.1」に意外な変異が

米国では新たな変異株が増加しており、エリスと2022年のデルタ変異株の特徴があります。どのような影響がありますか?
新型コロナの変異株「HV.1」に意外な変異が
新型コロナの変異株「HV.1」に意外な変異が
(Kitreel/Shutterstock)
董 玉洪
10/31/2023

米国疾病管理予防センター(CDC)の最新の10月28日の報告書によると、HV.1と呼ばれる新しいCOVID-19ウイルスの変異株が、米国で診断された主要な変異株としてEG.5(エリス)を抜いた。

HV.1は、8月上旬の1.1%から25.2%に上昇しました。一方、EG.5は9月30日の24.3%から1カ月以内に現在の21.9%に低下した。

XBB.1.5変異株に基づいて設計された最新のCOVIDブースターが展開されて以来、米国ではXBB.1.5に取って代わった2つの主要な変異株が主流となっています。ワクチンとCOVID変異株の戦いについては、次の記事で説明します。

あなたの健康は重要です

 
 
HV.1は、米国における全症例の25.2%を占めていると推定されています。(米国疾病予防管理センター)
HV.1は、米国における全症例の25.2%を占めていると推定されています。(米国疾病予防管理センター)

HV.1の普及が加速

HV.1は、XBB.1.5の孫であるEG.5、またはクラーケンの後に登場します。EG.5は、感染速度が速く、F456L変異による免疫回避能力に優れているため、世界的な有病率が上昇し、8月上旬に世界保健機関(WHO)が「懸念される変異株」(VOC)に分類しました。

HV.1は、F456Lを含むEG.5が持つほとんどすべてのスパイク変異を共有しています。しかし、HV.1には、L452Rという驚くべき変異が1つ追加されています。感染力を高めるL452R変異は、2021年のデルタ株の重要な変異の1つですが、オミクロンには存在しません。
どうしてこんなことが起こるのでしょうか?これらのCOVIDウイルスの変異株の予測不可能性は、ハイゼンベルクの量子物理学の不確定性原理を思い出させるはずです。物理学者は、微視的な領域での粒子の位置や速度を決定することはできません。同様に、ウイルス学者は、ウイルス領域におけるCOVID変異株の変異部位や変異率も特定できません。

関連記事

変異の激しい変異株「BA.2.86」に立ち向かう:自然免疫を強化し、感染を防ぐための戦略

9/23/2023
変異の激しい変異株「BA.2.86」に立ち向かう:自然免疫を強化し、感染を防ぐための戦略

COVIDとインフルエンザのワクチンは、新しい変異株のためにイングランド全土で早期に展開されました

9/11/2023
COVIDとインフルエンザのワクチンは、新しい変異株のためにイングランド全土で早期に展開されました
北京大学のYunlong Cao助教授らが実施した最近の分析によると、HV.1はACE2受容体への結合親和性がEG.5よりもわずかに優れているため、以前の優勢株EG.5よりもわずかに優れた伝染性を持っていると考えられています。さらに懸念されるのは、オミクロン株の亜種HK.3(FLip)とJN.1で、結合親和性がはるかに低い。

HV.1はワクチンをより簡単に回避

HV.1は、EG.5よりもワクチン誘発性免疫から逃れることができるため、現在のCOVID-19ワクチンをさらに無効にする可能性があります。つまり、現在のCOVIDワクチンはいずれも、HV.1に結合する有効な抗体を誘導することができないのです。

これは、この変異株の主要な変異であるF456L、L452R、F157L、およびQ52Hに起因しています。これらの最新の変異は、新しいオミクロン変異株が、特定の部位を明示的に標的にすることで、人工ワクチンを回避するための狡猾な戦略を開発したことを示しています。そうすることで、ワクチン接種による防御効果を部分的または完全に逃れることができ、ワクチン接種者の間でブレークスルー感染につながる可能性があります。

ウイルスの感染力の速さと回避性の向上は、CDCの報告書で観察された上昇曲線を説明するのに役立ちます。

当然のことながら、HV.1は抗体中和反応がさらに低下し、再感染やブレークスルー感染の可能性が高まっていることが、曹氏の実験データから明らかになっています。

ウイルスは急速に変化します

2022年以降、オミクロン株の亜系統は、免疫反応を回避し、感染力を高め、より多くの再感染を達成する新しい方法を見つけました。

SARS-CoV-2の変異能力は、他の多くの風土病ウイルスよりもはるかに速いと考えられています。他のコロナウイルスの7倍の速さで変異し、抗原が急速に変異するよく知られたウイルスであるインフルエンザウイルスの2.5倍の速さで変異します。

なぜでしょうか。ウイルスは知的な生物であり、常に生き延びようと努力しています。その目的を達成するためには、人類の新しいワクチンの開発を進化させ、追い越す以外に選択肢はありません。

広く受け入れられている見解の1つは、迅速で大規模なワクチン接種キャンペーンがSARS-CoV-2に前例のない選択圧力を強いたというものです。これは、集団免疫圧とも呼ばれます。
2022年後半から、XBB.1.5、XBB.1.16EG.5、HV.1というオミクロン株の新たな変異株が次々と登場しています。 これらはより迅速かつ効率的に感染し、現在のCOVIDワクチンをますます回避することができます。

HV.1はより重篤な症状を引き起こしますか?

現在のデータによると、HV.1はオミクロン株の感染に関連するのと同じ症状を引き起こす可能性があります。

  • 咳。
  • 疲労。
  • 渋滞。
  • 鼻水。

HV.1がより重篤な症状を引き起こすかどうかは、個人差がある可能性が高い。

ウイルスは外的な状態であり、私たちの免疫は内部的なものですが、私たちの自然免疫は戦いの結果を決定するより根本的な要因です。
ウイルスや変異の仕方をコントロールすることはできません。しかし、食べるもの、就寝時間、毎日外を散歩するかどうか、さらには人生観など、ライフスタイルをコントロールすることはできます。これらはすべて重要です。

ビタミンDとC、微量ミネラルを摂取し、平和で楽観的な態度を維持し、ストレス、不安、うつ病を避けることは、すべて免疫力の向上につながります。

同じウイルスに曝露した場合、抗ウイルス免疫が強い人と免疫力が弱い人の結果は異なります。ウイルスとの戦いに勝つためには、免疫力を高めるという長年の実績のある戦略を選ばなければなりません。

董 玉洪
董 玉洪
著者 (M.D., Ph.D.)
 
 
Yuhong Dong博士は、The Epoch Timesのシニアメディカルコラムニストです。彼女は、スイスのノバルティス本社の元上級医学科学専門家およびファーマコビジランスリーダーであり、ノバルティス賞を4回受賞しています。ウイルス学、免疫学、腫瘍学、神経学、眼科の前臨床研究の経験があり、感染症や内科の臨床経験もあります。彼女は中国の北京大学で感染症の医学博士号を取得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

12 − 11 =