新型コロナウイルス

死に至る不治の病:肺動脈性肺高血圧症で右心不全に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10代のワクチン接種後の心筋炎、心膜炎は症状が軽く軽快するなどと言っていますが、年齢を重ねて50代、60代になり体力、抵抗力が低下すると心不全から重篤な症状に至り、死亡するリスクが高くなるといわれます。一度出来てしまった心筋細胞が壊死した後に出来る瘢痕は再生できないそうです。肺動脈性肺高血圧症も同様に治ることはないそうです。
 
最近何故か骨折の話をよく聞くようになりました。ワクチン接種と関連があるのどうか分りませんが、気になるところです。
 
Laughing Man
 
コロナ後遺症でしょ? 実はコロワクが原因の 死に至る難病でした . コロワク接種により難病「肺動脈性肺高血圧症」で死亡することが明らかに。初期症状は、コロナ後遺症に似ており呼吸器科では誤診される可能性がある。一度症状が出れば根治が難しく「右心不全」で死に至る。 hartgroup.org/pah/

Image

肺動脈性肺高血圧症

2021年<>月、ジョージタウン大学(ワシントンDC)の鈴木雄一郎氏とセルギー・ギチカ氏の<>人の科学者は、自身の研究を含む動物を用いた多くの研究をレビューした論文を発表しました。

これらは多くの懸念を提起し、著者らは次のように提案しています。

“…特に健康な人や若年成人、子供に投与された場合には、長期的な影響を慎重に検討する必要があります」

この観察に関連する1つの特定の懸念:

「培養した初代ヒト肺動脈平滑筋細胞(SMC)またはヒト肺動脈内皮細胞を組換えSARS-CoV-2スパイクタンパク質S1サブユニットで処理すると、残りのウイルス成分なしで細胞シグナル伝達を促進するのに十分であることがわかりました」。

特に懸念されたのは、これが最終的に肺動脈性肺高血圧症(PAH)と呼ばれる状態を引き起こす可能性があることでした。

著者は次のように述べています。

「PAHは治療法のない深刻な病気で、子供を含むあらゆる年齢の男性と女性が罹患する可能性があります。PAHの肺血管抵抗の増加は、右心不全を引き起こし、その後死に至ります。

PAHと診断された患者は、治療しなければ、診断時から平均して2〜3年しか生きられません。現在利用可能な治療法でも、PAH患者の60〜70%のみが<>年間生存します。PAHは、その症状(息切れ、倦怠感、めまいなど)が他の一般的な非生命疾患の症状と類似しているため、検出が困難であり、PAHの正式な診断は侵襲的な右心カテーテル検査によって行う必要があります。

人間の血管系の解剖学的構造により、肺は人体に注入された物質の標的になる可能性が非常に高く、それは急速に静脈循環に入ります。静脈血は心臓の右側を通過し、肺動脈循環に入り、次に肺の微小血管系に入ります。

脂質ナノ粒子(当初は抗がん剤を標的に運ぶ手段として想定されていた)は、脂質膜を通過して細胞への侵入を可能にするように設計されています。したがって、注射された物質は注射部位で完全に分解されるという趣旨の規制当局の主張に反して、体全体に広範囲に分布することは実際には避けられません。これは、注射が筋肉組織に行われるか、不注意に小さな血管に行われるか(Marc Giradotのボーラス理論による)に関係なく、後者の場合、より迅速に発生し、より多くの損傷を引き起こす可能性があります。

この時点で、この記事で概説されているように、これらの製品の主な作用機序を思い出す価値があります(サブスタックバージョンはこちら)、特に、mRNAによって「トランスフェクション」された細胞は、体自体の免疫系によって即座に破壊され、これはそれ自体が炎症プロセスであるだけでなく、LNP自体も炎症誘発性です。

肺の線維化および自己免疫状態がPAHを引き起こす可能性があることは十分に確立されているため(たとえば、ここを参照)、一般的な要因は肺への正常な血流の制限をもたらす肺の損傷であるため肺の微小血管系(小さな血管)への大量のLNP / mRNA産物の迅速な送達もPAHを引き起こす可能性があることを理解するのは難しいことではありません。

それから2年以上が経過した2023年2月、上記の論文の著者の2人(鈴木雄一郎)は、他の<>人とともに、以前は健康だった中年男性がPAHを発症した<>つの症例報告を含む「Diseases」という論文を学術誌に発表しました。

どちらの場合も、患者はファイザーのCovidワクチンの2回目の接種直後に症状を発症しました。

  • 症例1(49歳医師)は、注射後3週間で「疲労、インフルエンザ様症状、頻脈、動悸、起立、右側胸圧迫、労作時の呼吸困難」を呈した。
  • 症例2(56)は「注射後12日で突然発症した倦怠感、インフルエンザ様症状、呼吸困難」を呈した。

ケース1は大幅に改善したにもかかわらず(この論文では、ケース2の機能状態の進行についてはあまり明確ではありません)、著者らは次のように指摘しています。

“..診断の重大さが伝わりにくい。「軽度」の肺高血圧症でさえ、不治の病と考えられています。通常、進行性であり、多くの人にとっては末期の診断です。

著者らは、PAHの発症後、心臓の右側が「適応」(ポンプ力を増加させる)し、症状が緩和される可能性があると指摘している。しかし、右心室はそのような需要の増加に長期的に対処できないため、そのような緩和は一時的なものであることが判明する可能性があります。

これがどのように、そしてなぜ起こるかについての良い説明はここにあります。

したがって、これらのケースは、いくつかの重要でより一般化可能な懸念を提起します。

  • 症状は陰湿で、倦怠感や息切れが主な症状であるため、「コロナ後」の呼吸器症状と混同されやすいかもしれません。
  • したがって、mRNA注射後の運動耐性の低さ、息切れ、持続的な疲労感など、多くの人が「ロングコビッド」と呼ぶ症例は、実際には早期PAHである可能性があります。
  • (心臓専門医ではなく)呼吸器内科医に診てもらった場合、PAHは診断されない可能性があります。なお、症例1は医師であり、より知識が豊富で、診断サービスへのアクセスも良好であったであろう。
  • 右側の適応と症状の改善は、根本的な病状を覆い隠し、したがって正しい診断を遅らせたり妨げたりする可能性があります。多くのアスリート(そのような変化に非常に敏感な人)によって報告されたパフォーマンスの一時的な低下は、実際には軽度のPAHとそれに続くそのような適応を表している可能性があります。
  • このようなメカニズムによって症状が緩和されるPAH患者の長期的な見通しは明らかではありません。
  • ここで報告された2例は2回目の接種後ですが、この症状のリスクは接種ごとに高まると推定され、多くの人はさらに数回の接種を受けており、場合によっては合計7回または8回の注射も受けています。

著者との私的なやり取り(私が同じことを述べることに同意した)に続いて、彼らがこれらの懸念を共有していることは明らかです。

では、これは、最初は非常にまれな病気と思われていたが、医学界がその可能性を認め、認識すると、ますます多く見つかるようになった病気のもう一つの例なのだろうか?

HARTでは、心筋炎のトピックについて幅広く執筆してきましたが、私たちが予測したように、心筋炎は以前よりも一般的で深刻なものとして認識されています。(この記事(サブスタック版はこちら)は、このトピックについてこれまでに書いたすべての記事を引用しています。

ここ数週間、公式に認められているよりもはるかに広範囲にわたる心臓損傷を指摘する非常に重要な論文が多数発表されており、注射後に医師の診察を受けなかった人々に危害が加えられた可能性が高まっています。

2つの例を挙げると、

  • ハーバード大学の病理学者が行った一連の剖検が、Nature に掲載されました。最も重要な所見は、ワクチン接種後12日以内に死亡した30人の患者に関するものであった。各心臓には2つの心室があるため、24個を検査しました。心筋損傷のない17の脳室にはワクチンは見つからなかったが、心筋損傷の証拠がある4つの脳室のうち7つでワクチンが見つかった。
  • 日本で心臓以外の理由(主にがん検査)でPETスキャンを受けた約1000人(ワクチン接種者700人、未接種者300人)の患者を対象とした放射線学のこの洗練された研究は、心臓症状を報告していない人でもmRNAによる心臓への害を強く示唆しています。それについては、このサブスタックの記事を参照してください。

mRNAワクチンに関連して「与え続ける贈り物」という言葉が思い浮かびますが、これは人類にとっての状況の潜在的な深刻さを適切に反映していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 + two =