新型コロナウイルス

カナダ保健省:ファイザーワクチンに未公開のDNA配列を確認した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イスラエルとハマスによる民間人大量虐殺の応酬が行われていますが、どちらかを支持することは決して攻撃を止めさせることにはつながらない。10月16日国連安保理事会でロシアが提出したガザ人道停戦決議に反対票を入れたのはアメリカ、日本、イギリス、フランスの4カ国だった。日本については米英仏のネオコロニー(新植民地)として紹介されている。

アメリカから奴隷として扱われ、決議にはアメリカに同調することしか許されていないようです。このような日本政府の決定に対して国民の側は何も求めたことはなく、何処(の国)を支持すべきか聞かれたこともないというのは、政府は国民の意見など何も聞いてないことを意味していて、これからも勝手に独走していくことを表わしています。

政権党の自民党に票を入れている限り、岸田の行動を支持していると受取られる恐れがあります。そしてイスラムのテロが今後日本で起こされる可能性をも暗示しているのではないでしょうか。そのような政府を支持したのは日本国民だからです。極めて異常な事態が起きていると思いませんか。国民が無関心であればあるほど、政府には都合が良いのですから。

歴史上、民間人を攻撃対象とするようになったのは近代になってから

 

反ワクチンには呪いのワラ人形を! 死ね!と ワザワザ道具まで揃えてご苦労さんですね。ひとを呪わば穴ふたつ

画像

カナダ保健省がファイザーmRNAワクチンに未公表のDNA配列を確認した

和訳してくれた記事

以下はTwitter自動翻訳です。

 
ロビン・モノッティ
 
購読する
独占:カナダ保健省はファイザーショットでのDNA配列の未公開の存在を確認します 「カナダ保健省は、製造業者が以前に開示していなかったファイザーCOVID-40ワクチンにサルウイルス40(SV19)DNA配列の存在を確認しました。この発見の重要性については科学者の間で議論があり、癌を引き起こす可能性があると言う人もいれば、ほとんどまたはまったく脅威をもたらさないと言う人もいます。
 
「カナダ保健省は、スポンサーが提出時にプラスミド(SV40エンハンサーなど)内の生物学的に機能的なDNA配列を特定することを期待しています」と代理店はエポックタイムズへの電子メールで述べています。 「ファイザープラスミドの完全なDNA配列は最初の出願時に提供されましたが、スポンサーはSV40配列を特異的に特定しませんでした。」
 
規制当局は、科学者のケビン・マッカーナンとフィリップ・J・バックハウツ博士が今年初めにワクチン中のSV40エンハンサーの存在を公に提起した後、「カナダ保健省は、公表されたSV40エンハンサー配列に対してファイザーから提出されたプラスミドDNA配列に基づいてエンハンサーの存在を確認することができた」と述べた。 両方の科学者は、mRNA COVID-19注射でプラスミドDNAを発見した後、波を起こし、ヒトゲノムを変化させる可能性があると警告しました。
 
しかし、両者は、ワクチン製造プロセス中に遺伝子転写を促進するためのエンハンサーとして使用されるSV40配列がショットに存在することの重要性について、異なる程度の懸念を共有しています。 マサチューセッツ工科大学ヒトゲノムプロジェクトの元研究者兼チームリーダーであるマッカーナン氏は、エポックタイムズに、SV40とポリオワクチンとの関連により、ファイザーがDNA配列の存在を開示しなかったのではないかと疑っていると語った。
 
彼は、配列が発がん性であるという証拠はないが、ヒトゲノムへの統合について懸念していると述べた。 発癌性DNAウイルスであるポリオーマウイルスシミアンウイルス40は、癌との関連が懸念されるため、以前はポリオワクチンから削除されていました。1950年代後半から1960年代初頭に使用されたポリオワクチンは、ワクチンの増殖に使用されたサルの腎細胞にウイルスが存在していたため、SV40で汚染されていることが判明しました。
 
McKernan氏は、ポリオワクチンには完全な5kbのSV40ウイルスが存在していましたが、SV40プロモーターの存在は、癌を引き起こす可能性のある遺伝子である癌遺伝子の近くのヒトゲノムに組み込まれるリスクがあるため、依然として懸念されていると述べました ロンドンのセントジョージ病院医学部の腫瘍学教授であるアンガス・ダルグレイッシュは最近、 保守的な女性 彼自身と彼の同僚が見たCOVID-19ワクチン接種後の癌の発生率が高いことについて、多発性転移性広がりを伴う「爆発性癌の流行」を含む。
 
彼は、「癌の発生を促進する上でのDNAプラスミドとSV40の統合」の可能性を指摘しました。 リンゼイ博士は、ファイザーがSV40プロモーターを米国食品医薬品局、欧州医薬品庁、カナダ保健省などの規制当局に開示しなかった理由を疑問視しました。 「彼らは彼らを隠しました。ですから、彼らがそこにいるという事実だけでなく、規制当局から意図的に隠されていたという事実です」と彼女は言いました。 ファイザーはエポックタイムズのコメント要請に応じなかった。
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
「科学者のケビン・マッカーナン氏とフィリップ・J・バックホルツ博士が今年初めにワクチン中のSV40エンハンサーの存在を公に提起した後、「カナダ保健省はファイザー社から提出されたプラスミドDNA配列と公表されているSV40エンハンサーの配列を照らし合わせて、
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
エンハンサーの存在を確認することができた」と規制当局は述べている。」 「マサチューセッツ工科大学ヒトゲノム・プロジェクトの元研究者であり、チームリーダーであるマッカーナン氏は、ファイザー社がDNA配列の存在を公表しなかったのは、SV40とポリオ・ワクチンとの関連があったからではないか、
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
とエポック・タイムズ紙に語った。同教授によれば、このDNA配列に発ガン性があるという証拠はないが、ヒトゲノムに組み込まれることに懸念があるという。 発癌性DNAウイルスであるポリオウイルスSimian Virus 40は、癌との関連が懸念されたため、以前はポリオワクチンから取り除かれていた。
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
1950年代後半から1960年代前半にかけて使用されたポリオワクチンは、SV40に汚染されていた。」 この件についてはこちら。
 
 

blog.goo.ne.jp
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
「マッカーナン氏によれば、ポリオワクチンには5kbのSV40ウイルスが含まれていたが、SV40プロモーターの存在は、癌遺伝子(癌を引き起こす可能性のある遺伝子)の近くでヒトゲノムに組み込まれる危険性があるため、依然として懸念されているとのことである。」
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
「ロンドンのセント・ジョージ病院医学部のアンガス・ダルグリーシュ教授(腫瘍学)は最近、『The Conservative Woman』誌に、COVID-19ワクチン接種後の癌の発生率の高さについて、彼自身と彼の同僚が経験した、多発性転移を伴う「爆発的癌の流行」を含めて書いている。
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
彼は、癌の発生を促進するDNAプラスミドとSV40の統合の可能性を指摘した。」 「リンゼイ博士は、なぜファイザー社がSV40プロモーターを米国食品医薬品局、欧州医薬品庁、カナダ保健省などの規制当局に開示しなかったのか、と疑問を呈した。
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
「彼らはそれを隠したのです。つまり、単にそこにあるというだけでなく、意図的に規制当局から隠したということです」と彼女は言った。 ファイザー社は『エポック・タイムズ』紙のコメント要請に応じなかった。」
 
にいがたまなみ
 
@akari520
 
ファイザーが意図的に隠したDNA汚染を、日本ではワクチン被害を追及するはずの弁護士が、過小評価に躍起になっている新田剛准教授の話に乗っかって追及もしないのだから呆れ果てています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

five × 2 =