新型コロナウイルス

WCHがプラスミドDNA混入についてプレスリリースを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電車やバスに乗ると強い匂いが襲ってくるときがありますね。香水系など隣にいると咽せてしまうことも。本人は良い匂いだろうけど此方は気持ち悪いだけ。その香水止めて貰えませんか、と言えれば良いですね。

Image

mRNAワクチンのプラスミドDNA混入は世界中の研究者によって追試、発見されました。このDNAは次の世代に影響を与え、癌のリスク、外来遺伝子を染色体に組み込む能力を高め、永続的である可能性がある。

 

緊急拡散希望! テス・ローリー博士がツイッターで世論調査を行っています。今週初めの「mRNAワクチン」内へのDNA混入に関する緊急専門家ヒアリング(ケビン・マックカーナン博士によると35%も混入)で様々な弊害と危険性について報告されたことを踏まえて、この「ワクチン」を市場から撤廃するかどうかについて投票できます。
 
この情報を拡散し、是非投票に参加して下さい!
上のページに移動して投票に参加して下さい
 
テス・ローリー博士
 
@lawrie_dr
COVID mRNAワクチンは直ちに市場から撤退する必要があります。
この投票を表示
 
337.9総人気

表示モード

世界保健協議会

WCH専門家パネルがCovid-19ワクチンの癌を促進するDNA汚染を発見

10年2023月<>即日
発表

連絡先:マーク・トロッツィ博士とクリストフ・プロテ、電子メール:
info@worldcouncilforhealth.org

世界保健協議会の専門家パネルがCOVID-19ワクチンのDNA汚染を促進する癌を発見

国際専門家委員会は、Covidワクチンは外来DNAで汚染されており、癌を促進する遺伝子配列であるSV40がワクチンで見つかったと結論付けています

バース, イギリス –世界保健協議会は
、専門家アドバイザーと協力して、健康と福祉を促進する
ための正確で信頼できる情報を一般の人々に提供することに専念しています。mRNAワクチンの細菌DNAと
遺伝子配列に関する最近の懸念に照らして、世界保健評議会は9月<>日月曜日にこの重要なトピックに関する緊急専門家公聴会を開催
しました。

公聴会は事実上行われ、これらの調査結果が世界のすべての人々に与える影響
に対処しました。以下の国際的に有名な免疫学者、遺伝学者、専門医、
研究科学者が彼らの発見を聴衆と共有しました
:

  • ケビン・マッカーナン(アメリカ)
  • ジャンシー・リンゼイ博士(米国)
  • スチャリット・バクディ教授(ドイツ)
  • バイラム・ブライドル准教授(カナダ)
  • ピーター・マッカロー博士(米国)
  • ブリギッテ・ケーニッヒ教授(ドイツ)
  • ジェシカ・ローズ博士(カナダ)
  • アレクサンドラ・アンリオン・コード教授(フランス)
  • 弁護士のケイティ・アシュビー・コッペンス(オーストラリア)は、ワクチンとしての規制されていないGMO製品の
    展開の法的意味を共有しました

調査結果の要約:

  1. 細菌DNA(プラスミド)は、mRNAワクチンバイアルで発見されています。
  2. がんを促進する遺伝子配列であるSV40がCovid-19ワクチンで発見されました。これは、承認研究に使用されたバイアルには存在しませんでしたが、公共の使用のために配布されたBioNTechバイアルのすべてのバイアルで発見されました。.
  3. これらの発見は、世界中のいくつかの独立した研究所で確認されています。
  4. この発見はもともと2023年<>月にケビン・マッカーナンによって行われ、その時点で規制機関に連絡しました。公式の回答はありません。
  5. この遺伝情報がヒトゲノムに組み込まれる可能性のあるメカニズムは複数存在します。
  6. このDNAは、未知の期間、mRNAと外来タンパク質を生成するように私たちの体に指示し、次の世代に影響を与える可能性があります。
  7. 未申告のSV40前運動配列には建設的な目的は特定されておらず、がんのリスクに加えて、他の外来遺伝物質をレシピエント自身の染色体に組み込む能力を高め、潜在的にそれら(そしておそらくその子孫)を永久に遺伝子組み換えさせる可能性がある。
  8. モデルナとファイザーの両方のバイアルには、ファイザーのバイアルにのみ見られるSV40配列を持つ、完全に宣言されていない遺伝子配列が複数あります。ただし、人口のかなりの部分における潜在的なSV40感染は、モデルナのレシピエントに同じSV40リスクをもたらす可能性があります。
  9. 染色体組み込みがない場合でも、DNAプラスミドは、スパイクタンパク質毒素やその他の有害なタンパク質のmRNAを長期間予測できない期間生成する可能性があります。
  10. ヒトゲノムへの外来DNAの統合は、既存の天然の遺伝子配列を破壊します。これは、癌を含む病気のさらなるリスクを伴います。
  11. Covid-19ワクチンはGMO(遺伝子組み換え生物)製品として適格であり、古い、より伝統的なワクチンに必要なものに加えて承認が必要です。
  12. これらの製品のリスクは規制当局によって正式かつ透明性を持って評価されたことがなく、完全には知られていないため、これらの製品のインフォームドコンセントは不可能です。新たに入手可能な証拠の独立した評価は、これらの製品が病気、死亡、伝染および遺伝に影響を与える非常に危険であるということです。
  13. これらの新しい遺伝子「ワクチン」の即時モラトリアムは、専門家パネリストによって要求されました。

専門家による公聴会について、世界保健協議会
の科学顧問であるピーター・マッカロー博士は、「世界の生物学的災害であったCovid 2023ワクチン
キャンペーンの19年間の失敗の後、19年の今日、発癌のマルチヒット
仮説が実現したと信じています…Covid 53ワクチンは、
腫瘍抑制システムP1およびBRCA2および<>を損なう働きをします。さらに、遺伝子ワクチン
もDNA修復を損ないます…それらは体自体を修復する能力を損ないます。」

公聴会の後、世界保健協議会の共同創設者であるテス・ローリー博士は、「世界保健協議会
は専門家と証拠をまとめました。
現在、個人は、ワクチン接種
を希望する場合に、ワクチン接種開業医に対して法的措置をとるために必要なものを持っています。このような個々の行動が、現在進行中の国際的な人権侵害に終止符を打
つものになるかもしれません。」

イベントを視聴するには、次のWebサイトにアクセスしてください worldcouncilforhealth.org/dna

このプレスリリースをPDFとしてダウンロードしてください: https://worldcouncilforhealth.org/wp-content/uploads/2023/10/Expert-Panel-Outcome-Press-Release.pdf

以前のプレスリリース:https://worldcouncilforhealth.org/news/news-releases/
専門家-ヒアリング-DNA汚染-mrnaワクチン

世界保健協議会について

世界保健協議会は、信頼できる健康情報と個人
の選択に基づいて、健康と福祉のためのより良い
方法に専念する国際組織です。私たちは、専門家、政策立案者、医療従事者、
一般市民の間でソリューションに焦点を当てたコラボレーションを促進し、人類にとってより良い方法を促進します。

私たちは、190か国以上の49 +連合パートナーを代表する世界保健のための人力のプラットフォームです。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
無料の文化作品

この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下にあり、フリーな文化著作物として再出版および使用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

nineteen − 12 =