新型コロナウイルス

早期の対応で救命できた可能性 愛西市医療事故調査委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日お送りした記事のYouTube版です。 https://k-doujou.com/choice-859/

動画①【2023/4/14配信】 ワクチン接種後 “難病が再燃” 24時間点滴が必要に 看護師が訴える新型コロナワクチン後遺症【大石が深掘り解説】

動画②【2023/4/28配信】 5月から新型コロナワクチン接種が変わる。接種の前に知っておいてほしいリスクの現状と実態【大石が深掘り解説】

動画③【2023/5/9配信】 加藤厚労大臣が“約束”した「長期のワクチン副反応」実態調査の内容とは?【大石が深掘り解説】

動画④【2023/5/12配信】 1回目のワクチン接種後から出ていた副反応。それでも2回目に踏み切った理由は「情報不足」【大石が深掘り解説】

動画⑤【2023/5/26配信】 ワクチン接種後 14歳の少年に体調不良 1年8か月学校に行けず 「ブレインフォグによる記憶障害で生活に支障も」 病院はたらい回し【大石が深掘り解説】

動画⑥【2023/6/12配信】 国内初の新型コロナワクチン訴訟 司法の場で「因果関係の立証」は?【大石が深掘り解説】

動画⑦【2023/7/4配信】 新型コロナワクチン総接種回数4億回超。最新のデータを見てみると…【大石が深掘り解説】 00:00 動画① 08:03 動画② 16:59 動画③ 28:07 動画④ 34:49 動画⑤ 42:47 動画⑥ 50:54 動画⑦

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 愛知県愛西市42歳女性死亡を巡って、接種会場の状況から、医療スタッフによって救命できたのではないかとの記事です。当時色々な見解がありましたがアナフィラキシーではないか、急性心不全ではないかと言われていました。残念ながらその後解剖が行われませんでしたから、死因を究明することはできませんでした。この記事はアナフィラキシーだという前提で接種会場の問題を指摘していますが、もう一つの可能性として急性心不全による肺水腫がありますので記事の後に掲載しておきます。

いずれにしてもアドレナリン注射を常備しておかなくてはならないこと自体が、異常なワクチン接種を物語っている上に、わずか10分で心停止になるほどに毒性が高いということです。

あなたが
 
ワクチンが接種して10分後に人を殺し、因果関係も確認された。だが、いまだにワクチンは問題なく、現場の対応が悪いせいであると報道。 遺族 「僕はワクチンがだめだと思っているわけではなく、安全に接種できる環境をきちんと整備した上で接種を行っていかないといけない」 遺族でも、こういう人は到底共感はできない。 有害なものは有害だ。10分で人間を死に至らしめるようなものは毒だ。安全な接種などない。

早期治療で「救命の可能性」 コロナワクチン接種後、女性死亡

配信

 
共同通信

事故調査委員会から報告を受けた後に取材に応じる、飯岡綾乃さんの夫英治さん(右端)=26日午後、愛知県愛西市役所

このケースを急性心不全と考えた場合

※ この件について、アナフィラキシーではないというtwitter投稿がありましたので紹介しておきます。正反対のことを言って申し訳ありませんが、現時点では分らないことが多く、アナフィラキシーだったとの結論には至っていないようです。

咳が出てピンク状泡沫痰ですから急性心不全による肺水腫ですね。 アナフィラキシーショックではない 医師はやるべきことをやってるようです

心不全というのは心臓のポンプ機能がダメになって、心臓に流入してきた血液の全てを送り出すことが出来ません。例えば1リットルの血液が流入してきたら500ミリリットルの血液しか送り出せません。そのために残りの500ミリが心臓に残ってしまって、やがて血液が心臓や血管に溜まっていってしまいます。そのため肺にも血液が溜まってしまって肺が血液浸し、つまり肺水腫になってしまうんです。肺胞が血液で水浸しになってしまうことによって、肺胞に溜まった血液が痰として喀出されるので、肺水腫ではピンク色の泡沫痰が見られていきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

1 × two =