新型コロナウイルス

村上康文先生、東北有志医師の会:XBB対応ワクチン抗体価を表わす詐欺グラフに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【R5.9 最新対談動画】「コロナワクチン 3年間の振り返りと新たな問題 第2部 ~自己複製型mRNAワクチンの危険性・XBB対応型ワクチン定期接種中止の要望~」(投稿日8月21日 公開日9月2日)

【R5.9最新対談動画】コロナワクチン 3年間の振り返りと新たな問題 第2部
~自己複製型mRNAワクチンの危険性・XBB対応型ワクチン定期接種中止の要望~
(投稿日8月21日 公開日9月2日)

村上康文
東京理科大学 名誉教授
https://www.yasufumimurakami-official.com

後藤均(東北有志医師の会 代表)
ごとう整形外科 手外科クリニック 院長
https://karyukai.jp

駒野宏人(東北有志医師の会)
薬学博士、認知症・神経科学専門
https://brainfitness-coaching.net

XBB対応型ワクチン定期接種中止の要望~

人での臨床試験は全く行われていないこと。XBB1.5(緑色)は444から1,800、773と増えているように見える。しかしこれは、グラフが対数軸だからそう見えるだけで、これを常数で表わすと下のようになる。

※ 厚労省から出されたグラフでは縦軸が対数になっている。(XBBワクチンの審査結果について)001141609.pdf (mhlw.go.jp)

全くの詐欺グラフで、見る人を騙すために表示しているかのよう。XBB1.5の抗体価がほとんど出来てない。このレベルの抗体が増えても全く効果は無い。結局のところ、何を打とうが武漢型を初めに打った人は、山のような武漢型抗体だけが誘導されて、少し似ているBA.4/5だけは少し出来るのみ。世の中にはこのウイルスはもういない。XBB対応ワクチンを打った人には武漢型抗体ばかり出て、何も役に立たない。igG4が増えて終り。

武漢型抗体によって抗原原罪が成立している。XBB対応ワクチンを接種すると既存の抗体を中和できず、フルに毒性を発揮するスパイクタンパクが全身にばら播かれる。そしてスパイクの毒性がもろに発揮される。抗体が無い人と同じように、もう一度スパイクが身体中を回って、その毒性を一切抑えられない。単なるスパイク毒素の注射にしかならない。全くワクチンを打ったことが無い人がXBBに感染しXBBワクチンを打った場合は、XBBを産生した細胞を異物として認識して、全身炎症となる。以前のスパイクよりも受容体への親和性が上がっているから、毒性が出る。ワクチンを打った人がXBBを打ったら、スパイクが排除されず、毒性がもろに出ることになる。今まで接種した人ほど打ってはいけない。だから世界中では打たないんです。

※ XBB対応ワクチンを接種することで、今までにない深刻な事態が訪れる可能性があると分りました。接種は自己責任とはいえ、止める手立てがないことは無力感しかありません。以下に第1部ディスカッションの様子です。

【チャプター】
#0:00 コロナワクチンの簡単な経緯
#7:09  ①人類史上初めてのmRNAワクチン
#24:20  ②有効性と安全性の検討が不十分
#30:45  ③コロナmRNAワクチンの問題点
#42:44  ④副反応被害・超過死亡数激増の問題
#48:31  ⑤コロナ治療薬
#52:15  ⑥その他の重大な問題
#55:28  ⑦史上最大の薬害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

14 + six =