新型コロナウイルス

ワクチン問題研究会発足記者会見  50歳未満の癌が世界的に増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ワクチン問題研究会』発足記者会見の模様です。福島先生の怒りが腹の底から伝わってきます。科学者としてのレーゾンデートル(存在理由)が問われている。ワクチン接種後症候群が今、問われている。ほとんどの人は被害届(申請)を出していない、皆が目をつぶって知らぬ振り。人がやってくれるのを待っているだけではダメ、自分が動くことだ。

コロナワクチン、接種後の不調救済へ研究会 有志医師や学識者、診断基準の策定や治療法確立目指す  (河北新報) – Yahoo!ニュース

どうして世界的に癌が増加しているかは、皆さんお分かりだと思います。

50歳未満のがんが世界的に増加 原因は不明

  • twitter
  • facebook
  • LINE

がん細胞の顕微鏡画像(shutterstock.com)

 
50歳未満でのがん発症例が世界的に増加しているとする研究論文が5日、学術誌BMJ Oncologyに掲載された。原因は不明という。すでに逼迫している医療機関がさらなる負担を強いられる恐れがあるほか、がんに関するこれまでの知見の多くに反する傾向だ。


がんは今も高齢者に多く見られるものの、論文によると、50歳未満のがん(早期発症がん)患者数は過去30年間で増加。2019年には世界全体で50歳未満の182万人ががんと診断され、106万人が死亡したことが報告されており、1990年からの増加率はそれぞれ79%と28%だった。

発症増加が特に顕著なのは気管がんと前立腺がんで、年間でそれぞれ2.28%と2.23%のペースで増加していると推定される。

早期発症がんで発症例と死亡例が最も多かったのは乳がんで、2019年の10万人当たりの症例は13.7人、死亡例は3.5人だった。非黒色腫皮膚がんを除外すると、乳がんは世界で最も多いがんとなっている。

死亡例の増加率が最も高いのは腎臓がんと卵巣がん。続いて乳がん、気管がん、肺がん、胃がん、大腸がんとなっている。

SEE
ALSO

ライフスタイル > 健康

ミレニアル世代のがん発症率が急増している理由

論文を執筆した研究チームによると、早期発症がんの増加は世界的な傾向ではあるが、2019年の罹患率は北米、西欧、オーストララシア(オーストラリア大陸とその周辺の島々)の富裕国で高かった一方、死亡率は中央アジア、東欧、オセアニアでは不釣り合いに高かった。

研究チームは、過去30年間の傾向を踏まえ、早期発症がんの新規症例と死亡例が2030年までにそれぞれ31%と21%増加すると予測。40代の人々が最も危険にさらされていると指摘した。

英クイーンズ大学ベルファスト校公衆衛生センターの研究者らは、論文に付随した論説で、今回の発見は「比較的若い人々の間で診断されるがんの種類をめぐる認識に異議を唱えるもの」であり、新型コロナウイルス流行から回復途上にある公衆衛生システムの「将来の責務に対する警告」だと指摘。40~49歳の人々へのリスクを踏まえ、公衆衛生当局は検診体制の拡大を検討すべきだとした。

早期発症がんが増えている理由ははっきりしていない。がんは、細胞の増殖に歯止めがきかなくなり、体の他の部分へと広がっていく疾患だ。原因は、細胞の成長抑制をつかさどる遺伝情報が損傷することにあり、こうした変異は時間の経過とともに増えるため、高齢者にがんが多いことは説明できる。


がん発症の要因はさまざまで、遺伝性素因、特定のウイルスへの感染、汚染物質などの環境要因、食生活、運動、薬物使用、アルコール摂取、喫煙などが関わっており、早期発症がんの増加を1つの理由で説明することはできないと研究チームは指摘している。

研究チームによると、米国における子宮頸がん検診の普及など、検査体制や医療制度の改善が症例増加を部分的に説明できるかもしれない。また、ライフスタイルの変化、特に肥満人口の増加と運動不足や、環境汚染などの要因も原因となっている可能性があるという。

早期発症がんの中には、過去30年間で減少していたものもあった。減少傾向が最も顕著だったのは肝臓がんで、50歳未満の新規症例は毎年推定2.88%のペースで減少していた。

forbes.com 原文

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

2 × 1 =