新型コロナウイルス

ソーセージ、ベーコンなど加工肉に発癌性を指摘:WHO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品添加物の有害性を示せと言われても、そのような有害性のデータは30年以上経たないと出てきません。などと言っていたら早速出てきました。加工肉を食べたから有害なのではなく、添加されている化学物質が問題で発癌性認定されたのでしょう。特に加工肉には様々なものが添加されており、亜硝酸ナトリウム、リン 酸塩、結着剤、保存料、酸化防止剤、合成着色料、化学調味料などが使われており、さらに増量するために塩水なども。とても人が食べられるものではありません。

既にこのサイトでは加工肉の有害性についてお伝えしてきました。ですから、今更の感はありますね。せっかくワクチンの毒を回避できたのに、他の食品添加物で癌になったのでは意味がありません。徹底的に有毒なものを回避しましょう。食事は食べたいものを食べるのではなくて、身体を健康に維持してくれるものだけを選びましょう。腸内細菌は健康にとって非常に大事なものです。小麦グルテン、乳製品カゼイン、植物油は徹底して排除しましょう。

赤髪 ※このニュースは他のサイトで調べましたが、該当するものがなく過去の記事であった可能性があります。しかしながら加工肉と直腸癌の関連を指摘する記事は多くあります。末尾の農水省サイトで、亜硝酸ナトリウムは『ヒトに対しておそらく発がん性がある』のグループ2Aに含まれています。
 
 
ソーセージ・ベーコン 「発癌性のリスク」きになる捜査結果を発表しました。「 WHO研究機関が警鐘ドイツ加工肉は発癌性物質として知られる。アスベスト、大気汚染、喫煙などと同じ分野に分類されます。ソーセージや加工肉を毎日『50g食べると大腸癌になるリスク18%増す。』理由は肉が加工される段階で発癌性物質が生成されると見られている。ショッキングの発表にイギリスでは、まったくばかげているこんな新鮮で。 おいしい肉がこの町にはあるのに 、食肉加工施設では、もし客がこの発表を信じたら、他の肉を食べることを選択するかもしれない。国際がん研究機関!牛豚などの赤身肉直火で焼くなどで発がん性物質国際癌研究機関大腸癌やすい臓癌などを引き起こすリスクも加工肉の過剰摂取に注意するよう呼びかける。厚生労働省。では、まったくばかげているこんな新鮮で。 おいしい肉がこの町にはあるのに 、食肉加工施設では、もし客がこの発表を信じたら、他の肉を食べることを選択するかもしれない。国際がん研究機関!牛豚などの赤身肉直火で焼くなどで発がん性物質国際癌研究機関大腸癌やすい臓癌などを引き起こすリスクも加工肉の過剰摂取に注意するよう呼びかける。厚生労働省。

過去にも指摘されていた 加工肉に発がん性、摂取増えるとリスク増大 WHO

2015.10.27 Tue posted at 10:26 JST

 

ロンドン(CNNMoney) 世界保健機関(WHO)は26日、ソーセージやハムといった加工肉の摂取ががんを発症する原因になるとの見解を発表した。加工されていない赤身肉についても、恐らく発がん性があると指摘している。

WHOの発表に対して業界団体からは、「特定の結果を導き出すためにデータをねじ曲げた」(北米食肉協会)などと反発の声が相次いでいる。

WHOのがん研究機関は何百万もの研究結果を分析した結果、喫煙やアスベストと同様「人に対する発がん性」のある物質に加工肉を分類。特に直腸がんとの関連を指摘した。

ハム2枚分に相当する50グラムの加工肉を毎日食べた場合、そうしたがんを発症する危険性は18%高まるという。ただし喫煙などと同等の危険性があるわけではないとも強調している。

加工肉は「塩分を加えたり燻製にしたりして香りや保存性を高めた肉」と定義。一般的には豚肉や牛肉から製造されるが、鶏肉を使うこともある。

一方、ステーキやラムなどの加工されていない赤身肉についても、「恐らく発がん性がある」物質に分類した。ただし赤身肉には栄養価があるとも指摘。「赤身肉や加工肉を摂取するリスクと恩恵の間でバランスを保つため、政府機関や国際当局がリスク評価を実施して、食生活について勧告を出すことが重要」と述べている。

WHOでは、世界のがん患者のうち年間3万4000人の死亡は加工肉の摂取量が多い食生活に起因すると推計する。ただしこの割合は、がんによる年間の死者820万人(12年の統計)のごく一部にとどまる。

農水省  国際がん研究機関(IARC)の概要とIARC発がん性分類について

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

five × 4 =