新型コロナウイルス

ラハイナ検証、BBC検証記事の欺瞞姓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラハイナの火災攻撃から、早くも本が出版されています。予め計画されていたことが分かります。そんなに早く本は書けないと思ったら、たった68ページ。そうだ、そうだ、気候変動だと思って読む人はいる?

 

 
山岡鉄秀
 
マウイ島の火災が発生したのが8月8日。マウイ島の火災が気候変動のせいだとするこの本の発売が8月10日。フェイクかと思ったら本当に売っていた。しかも解説には「この本には、2023年8月8日から11日までの出来事が綴られている」と書かれている。なぜこんなことが可能なのか? amzn.asia/d/6XikpcD

Image

山岡鉄秀
 
@jcn92977110
指向性兵器(DEWs)が既に実戦配備され、中露は衛星に装着していることを国防総省が認めた。レーザービーム兵器は熱で目標を破壊し、マイクロウェーブ兵器は目標を内側から熱して破壊する。果たして謎の火災や墜落に関係しているのか?いつでも宇宙空間からピンポイントで攻撃されうる。
 

Liquidって?3
 
延焼当日のランドサットの衛星写真。 ラハイナの山は燃えてません。

Image

アーロン大塚
 
はい、ラハイナと山の間は土や岩である。 山火事だというのは真実を隠蔽したいのかな?

Image

ラハイナは高出力DEW(指向性エネルギー兵器)で攻撃されており、山火事の延焼ではないという根拠

木や木の電柱を除いて家々は跡形もなく綺麗に灰となっている。しかし、セレブの豪邸だけは無傷で残っていること。選択的に攻撃された。

燃えやすいという家との区画のアスファルト道路は無事だったこと。

・犬が黒焦げにされた映像では犬が炭化しており、火災の火力では無理で、高出力のレーザーだった。犬の周囲の路面は焦げた跡さえないこと。

・GS付近の火災映像では上空から照射しており、次々に位置を変えながら焼き払っている様子が見える。

・ラハイナはハワイ王国首都だったところで人々は決して土地を売らなかった。

「警察は人々を境界内に閉じ込め、火が広がっている間、彼らが ラハイナを離れるのを阻止していました。」

ラハイナ火災では住民が消火できないように水道が止められ、消防が使おうとしたとき、消火栓も止められていた。

ラハイナは山火事だというが、山は燃えておらず、居住地域だけが火災に遭っている。 重要なのは山から居住地までは土や岩であり、延焼する可能性は小さい。

ラハイナは15分都市スマートシティ計画があったため、土地売買の申し込みが殺到していた。地上げ業者が暗躍していた。

最後にBBCがtwitterに検証記事を出しており、『パイロファイトと呼ばれる耐火性の高い植物には、断熱機能などによって山火事を生き延びるように適応したものもある。』 これに対する反論です。

『パイロファイトは揮発性の油を分泌することで燃えやすくなる植物で、樹皮だけが燃えるようになって、根に栄養を蓄えすぐに発芽、再生できるようになっている。耐火性があるわけではないので、読者の誤解を抱かせる記事は不適切であり、検証と言いながら自らを検証した方が良いだろう。』

当該記事 【検証】 レーザー光線、エリートの仕業……マウイ島森林火災で偽情報が拡散 – BBCニュース

ハワイ山火事被害者に「家を売れ」不動産からの連絡殺到…住民「吐き気がする」(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

※ これまでに出てきた動画はラハイナのものとして扱っていますが、もし仮に他の映像が使われていた場合は調べようがありません。違うものであることが判明した場合はお知らせします。

バカでク〇だと思いますが。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

one + twelve =