新型コロナウイルス

「新型コロナワクチン後遺症」患者の会記者会見の報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃がん、大腸癌、直腸癌の話。食べたもので身体は出来ている。癌の人は日々の食事内容を見直していくこと。食塩NACLはマグネシム、カリウム不足になるので海塩に変える。安価で着色しているソーセージ、ハム、コンビーフなどを食べていると、ニトロソアミンとなり胃がんを起こす原因。胃がんになっている人はソーセージ、ハム、コンビーフを食べている人に多い。食パン(グルテン)を焼いてハムエッグにして、マーガリンを塗って食べていると、複数の発癌物質が入ってくるので、胃の中にニトロソアミンが出来やすくなる。これを朝食べて朝トイレに行く人は直腸癌になりやすくなる。ソーセージやサラミをつまみにしてアルコールを飲む人、カップラーメンを常食する人は胃がんが多い。他には怒り。

ここしばらく患者会のことを取り上げているので紹介します。

新型コロナワクチン後遺症患者の会
 
厚労省は分科会の了承を得て、生後6カ月以上のすべての人を対象に9月20日からワクチン接種実施の方針を決定しました。 当会は引き続き「薬害」案件として声をあげて参ります。 コロナワクチン接種の一切を容認いたしません。

配信

FNNプライムオンライン(フジテレビ系)

FNNプライムオンライン

「新型コロナワクチン後遺症」患者の会が会見をした場所は「厚労省」。 そこには政治家、専門家、医師、弁護士らも集結し、厚労省へ訴えました。 その会見で出されたのが患者の会が調査した「後遺症の実態」。 その詳細データから見えてきた信じられない現実。 症状が出現しても接種を続けた患者の数は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

8 + twelve =