新型コロナウイルス

ファイザー従業員用には別のワクチンが提供されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mRNAワクチンのロットには種類があって、高頻度に副反応を起こすものから、ほとんど何も起こらないものまであると最近分りました。その中でも何と、ファイザー従業員用に作られたワクチンがあったことが判明しました。恐らくVIP用もこの製品である可能性が高いと思います。

@jhmdrei
ファイザー社 従業員用「特別ロット」。 . つまり裏を返せば、このワクチンは人体に危険であり、従業員に打たせるわけにはいかないということを意味している。それを、世界中にばら撒いた。 2ndsmartestguyintheworld.com/p/bombshell-pf

Image

爆弾:ファイザーの従業員には*特別なバッチ*が与えられました…一般の人々に強制されたものとは異なる

真実はゆっくりと、しかし確実に出てきます。

低レベルの有用な馬鹿やアパラチクは、プラセボ生理食塩水注射を受けることによって決して免れるつもりはありませんでしたが、好意は常にPSYOP-19スキームに焼き付けられていました。使い捨てエージェントは、チャンスをつかみ、ゆっくりと殺す生物兵器注射でロシアンルーレットをプレイすることを許可されました。それらはすべて時限爆弾を刻んでいますが、今のところ、特定のファイザーの従業員は明らかに保護されていました…

フォローアップPSYOP-23 / 24「パンデミック」は、すべての「ワクチン」の死と破壊を難読化すると同時に、これまで以上に高いレベルの恐怖に基づくコンプライアンスを強化しようとします。その後まもなく、最も恐ろしい真実が認められます。すべて設計によるものです。

「ワクチン」による損傷、脱落、環境毒素から身を守ることがかつてないほど重要になっています。*特別なバッチ」生理食塩水注射を受けたファイザーの従業員でさえ、これらの危険の影響を受けません。

私たち全員が、この進行中の世界的な人口減少プログラムを生き残るための知識を持っています。

オーストラリア上院議会でファイザー社員の証言から明らかになった。社員用のロットと一般用のロットが違う。それらは豪州政府のTGAによって試験されていないものだった。『ファイザー社員用に特別のロットを輸入した』 当然オーストラリアだけではなく、世界中で社員用の無害なワクチンが流通している可能性を疑わせる。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

eight − 7 =