新型コロナウイルス

ワクチン後遺症患者の会記者会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月24日、新型コロナワクチン後遺症患者の会記者会見の様子です。

堀内有加里 臨床薬学博士

副反応報告として医療機関から報告された有害事象は36,317件、そのうち重篤症例は8,548件

ワクチン接種の健康被害救済制度で申請受理は8,138件、認定3,362件、

たった1つのワクチンが、過去46年間に起きた健康被害の累計を抜きそうなほど数が増えている。

申請は増える一方なので、毎月400件審査をしても追いつけない。メディアで報道されないので、国民は知らない。

・救済申請のハードル 時間、労力、費用、この数は国に届いた申請の数。医者がワクチンが原因だと認めないと申請は出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

12 − one =