新型コロナウイルス

米国政府にSNSとの接触を制限する判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューヨークタイムズ記事ですが、記事の途中に大きな広告が出てきて読み難いですね。広告を出さないとやっていけないようです。SNSに対して政府機関が要請して削除、奨励、圧力、誘導ができなくなったとの判決が出ました。日本で言論統制と言えばYouTubeですが、今後はこの動きが加速していくものと思います。たかだか一企業に過ぎないものが、国民の言論を統制するなど思い上がった態度を示してきましたが、これからはそうはいかないでしょう。コロナワクチンを過度に統制してきたことの責任を取らせましょう。

連邦裁判官は、バイデン当局者のソーシャルメディアサイトとの接触を制限します

この命令は、ミズーリ州とルイジアナ州の司法長官が提起した訴訟で行われ、政権は批判者を沈黙させようとしていると主張している。

政府当局者は、投稿やアカウント全体の削除を命じる権限はないと主張しているが、連邦政府機関とハイテク大手は、特に児童の性的虐待、人身売買、その他の犯罪行為を含む場合、違法または有害な素材に対して措置を講じるために長い間協力してきた。これには、イスラム国や他のテロリストグループに関する情報を共有するための定期的な会議も含まれています

 

ホワイトハウスは、司法省が判決を検討し、次のステップを評価していると述べた。

「ソーシャルメディアプラットフォームは、そのプラットフォームがアメリカ人に与える影響を考慮に入れる重要な責任があるが、提示する情報について独立した選択を行うという私たちの一貫した見解は残っています」とホワイトハウスは声明で述べました。

フェイスブックとインスタグラムを所有するメタはコメントを控えた。Twitterにはコメントがなく、Googleはコメントの要請に応じなかった。

ルイジアナ州司法長官のジェフ・ランドリーは声明で、裁判官の命令は「歴史的」であると述べた。ミズーリ州のアンドリュー・ベイリー司法長官は、この判決を「私たちの最も基本的な自由を守るための戦いにおける大きな勝利」と称賛した。両方の役人は共和党員です。

 

「独立記念日を祝うなんて」とベイリー氏はツイッターで言った。

ソーシャルメディアに対する政府の影響力の問題はますます党派的になっています。

下院の共和党多数派は、情報と召喚状に対する厄介な要求で問題を研究した大学やシンクタンクを窒息させ、大義を取り上げました。

裁判官の命令は、政府機関が、保護された言論をオンラインで削除するために、選挙公正パートナーシップ、バイラリティプロジェクト、スタンフォードインターネット天文台などの外部グループの一部と通信することを禁じています。他の2つのプロジェクトの主導に関与したスタンフォードインターネット天文台のディレクターであるアレックスステイモスはコメントを控えた。

昨年ツイッターを買収して以来、イーロンマスクは共和党の主張に同調し、選ばれたジャーナリストに社内文書を公開し、企業と政府関係者の共謀であると主張していることを示唆している。それはまだ証明されていませんが、マスク氏が開示した文書のいくつかは訴訟の議論に行き着きました。

被告、ソーシャルメディア企業、偽情報を研究する専門家は、憲法修正第1条に違反して個人を検閲するための政府による体系的な努力の証拠はないと主張している。マサチューセッツ工科大学の誤報の専門家であるデビッド・ランド氏は、ソーシャルメディアプラットフォームが誤った情報にどのように関与するかについて、政府がせいぜい限られた影響を与えることを理解していると述べた。

同時に、ダウティ裁判官が判決を下した事件で公開された電子メールとテキストメッセージは、特にコロナウイルスのパンデミックに関連して、影響力のあるユーザーが偽情報を広めたときに当局がソーシャルメディアの幹部に不満を述べた例を示しています。

州は訴訟で、「ソーシャルメディアプラットフォーム上の公の言説で情報の自由な流れを受け取ることに主権的かつ所有権のある利益」を持っていると述べた。

ミズーリ州とルイジアナ州の司法長官に加えて、この訴訟は、政府のパンデミックへの対応に疑問を呈した疫学者であるジャヤンタ・バッタチャリヤとマーティン・クルドルフの4人の原告によって提起されました。アーロン・ケリアティ教授は、コロナウイルスワクチン接種を拒否したためにカリフォルニア大学アーバイン校から解雇されました。ジル・ハインズ、偽情報で告発されている組織であるヘルスフリーダムルイジアナのディレクター。右翼のニュースサイトであるゲートウェイパンディットの創設者であるジムホフト。追加の4人の原告は、ソーシャルメディアサイトが投稿の一部を削除したと述べた。

訴訟はバイデン大統領と11の政府機関の数十人の当局者を被告として指名しましたが、引用された事例のいくつかはトランプ政権の間に行われました。

2017年にドナルドJ.トランプ大統領によって連邦裁判所に任命されたダウティ裁判官は、保守的な事件に同情的であり、以前にバイデン政権の医療従事者に対する全国的なワクチン接種義務を阻止し、石油とガスの掘削のための新しい連邦リースの禁止を覆しました。

彼は、当時米国のトップ感染症専門家であったアンソニーS.ファウチのような著名な役人からの広範な発見と証言録取を原告に許可し、彼は原告の弁護士に、オンラインでコンテンツを検閲するためのいかなる議論にも関与していないと語った。

憲法修正第1条と誤った情報の一部の専門家は、火曜日の判決を批判した。

「政府がコンテンツモデレーションの決定とポリシーについてプラットフォームに関与するだけで憲法修正第1条に違反することはあり得ません」と、コロンビア大学のナイト憲法修正第1条研究所の事務局長であるジャミール・ジャファーは述べています。「それが裁判所がここで言っていることなら、それは判例法によって支持されていないかなり過激な提案です。」

ジャファー氏は、政府は検閲に向かう非公式の強制に踏み込むことなく、虚偽の発言を呼びかけることのバランスをとる必要があると付け加えた。「残念ながら、ダウティ裁判官の命令は、競合する原則を調整するための真剣な努力を反映していません」と彼は言いました。

Doughty裁判官の判決は、彼または高等裁判所が別の判決を下さない限り、訴訟の手続きが続く間、差し止め命令はそのままであると述べた。

エマ・ゴールドバーグがレポートに貢献しました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

three × 1 =