新型コロナウイルス

10万ドルで上院議員を買い、ウクライナ戦争で利益を上げる、世界中を支配するブラックロックの暴露動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LGBT推進は日本で言われるように性的少数者の保護や、人権の問題ではないそうです。山岡鉄秀さんがニコ生で言っていました。上っ面では差別禁止を言いながら、実は背後にあるものはビッグビジネスの利権が控えており、子供が親の承諾無く性別を選べることで、性転換手術を受け高額医療ビジネスが繁栄する。

性転換した子供には、恐らく一生涯ホルモン剤が必要になるため、違う性別を選択させることで、今度は子供を対象に性転換手術の器具や執刀する医者、製薬ビジネスが動き始めることになる。それによって訴訟が増加する結果、弁護士が利益を得る。性自認をキャンペーンする広告宣伝会社も儲かる。学校に派遣されるLGBT講師、LGBTファッションを売るメーカー、LGBTの人に何が売れるかの市場調査を含め、広告宣伝会社も利権グループの中に入っていく。

これは市場で何十兆円もの巨大な金が動くビッグビジネスへと成長していく。

かつて『お父さん眠れてる? 疲れてない?』という、うつ病キャンペーンを展開して全国のうつ病患者を劇的に増やし、SSRIなど向精神薬を大量に売りさばいて自殺者を大量製造したビッグビジネスと変わりはないだろう。今の時代は病気になった人が薬を飲んで治療を受けるのではなく、新たな医療の需要をキャンペーンによって作りだし、ビッグファーマが莫大な利益を得る構造になっている。こういう観点から言うと、『人をワクチンで病弱にさせて、高額な薬を売りつける』製薬会社の利益最大化戦略が益々顕著になっていくだろう。

オキーフに騙された男は警察に駆け込んだようですね。及川さんの動画を待って貼り付けます。これはパート1で、次回も楽しみに待ちましょう。

1,200万回再生された動画。億の回数まで行きそうな勢い。以前、ファイザー研究者の『ウイルスを作ってワクチンも一緒に作る』を暴露して世界中で動画が再生された、元プロジェクトベリタスのジェイムズ・オキーフが再び爆弾を投下しました。ブラックロックは世界最大の投資会社で上に上げたビッグファーマの経営方針を左右させるパワーを持っています。それだけだけではなく政治をも資金力で買って支配してしまうことから、DSの司令塔としての役割を持っていると言うことも出来ます。

S&P500種株価指数を構成する企業の80 %以上において、持ち株比率の上位3位までに入っていることから如何に巨大な力を持っているかが分ると思います。アップルやマイクロソフト、Amazon、コカ・コーラ、ゼネラル・エレクトリック、P&G、CNN、FOX、ファイザー等々。オキーフはブラックロックが政治に介入し何をしようとしているかをを暴露しています。

世界中でmRNAワクチンを打たせて人々を病弱にし、さらに今後のワクチンは全てmRNAに変更。人々が病弱になろうが死のうが、キャンペーンでワクチンの効果を宣伝し、家族を守れるというイメージ戦略で、何か良いものだという意識を植え付けて更なる利益倍増へと突き進んでいく。

10万ドルで上院議員を買える、ウクライナは良いビジネスだから戦争は終わって欲しくない、何でも買って金の力で支配しようとする、この巨大な企業を前に、国民主権だの、国民の権利だの、選挙で国民の意思を示すと言っても虚しいだけだと思いますが。TVやメディアで言っていることは全てが嘘だと気付かない限り、ここから逃れる術はないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

two × five =