新型コロナウイルス

秋以降にXBB対応ワクチン導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチンを打った人と打たなかった人のその後の結果は既に出ています。打った人の免疫が低下した結果、新型コロナやインフルエンザに罹りやすくなって学校閉鎖や学級閉鎖が発生。ウイルスに対する排除能力が下がってしまい、少しのことでも感染するようになっています。一方未接種者は初期には感染者が出ましたが、その多くは基礎疾患がある人たちであったため、今では打たない人が温かい5月に感染するなどということは、これまで通り考えられない状況にあります。

嘘だのデマだのと散々攻撃されましたが、今や勝敗は決しています。打たなかったから無事でいられるし、打たなかったから感染もせずに過ごしていられるのです。状況ははっきりしているのに、頭のおかしい人たちは、まだこれから打とうとしています。メディアと政府に誘導された彼等の考え方は、宗教カルトと一緒です。どのようなデータがあろうとも、ワクチンの有効性以外のものは一切認めようとしないでしょうから。

未接種の私達に必要なことは、準備されている次のパンデミックに備えることで、今まで自分の身体に備わっている免疫で、対処できなかったことは一度もないということ。これからもワクチンが有効だと宣伝されるでしょうが、そのようなものは人を病弱にさせて薬を売りつける製薬会社のビジネスモデルだと見破ることだと思います。全ての薬をやめて、免疫を維持していくことが本当の健康法です。

森田洋之さんが病院勤務の脳神経外科医にインタビューしています。

XBB対応ワクチンの入院予防効果が極端に低いことは前回お伝えしました。ワクチン接種が正しい選択肢だと言った厚労省は、もう接種を止めることが出来ません。有効性が低いことを知らない人たちは、人類初の画期的ワクチンだと言って、秋になると打ちに行くのでしょうか。

新型コロナ 秋以降の接種「XBB」対応ワクチン導入へ

 

配信

テレビ朝日系(ANN)
 

All Nippon NewsNetwork(ANN)

国立感染研が免疫逃避が起こる可能性を言っているのに、ワクチン打っても意味が無いだろう。

今は新型コロナ感染「第9波」の入口か。感染症法上の位置づけが5類へ移行して行動制限が緩和されたことから、コロナ再拡大を懸念する声が出始めていますが、現在流行している「XBB系統」はワクチン抗体や発症で得た抗体が効かなくる「免疫逃避」が起こる可能性が指摘されています。症状は咳・鼻水・発熱といったもので、重症化するというデータはないとのこと。

(2023年6月19日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」より) ◎勝田吉彰氏(関西福祉大学教授):医師でもあり、感染症などの公衆衛生に詳しい SARS流行時に北京で日本大使館医務官を務めた 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

thirteen − one =