新型コロナウイルス

村上康文先生:初めから必要のないワクチンで病弱にさせ、高い薬を売るビジネスモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木敏仁
 
独ニュース、 「17才の少女がファイザーワクによって麻痺を発症した。州政府はワクチンが原因だと認めて月854ユーロを支払っている。しかしファイザーによる補償は免責によって拒否された」 このニュースで分かることは2つ。 ドイツでは国による補償がすでにスタートしているということと、ぼろ儲けしているメーカーが契約によって依然守られていること。

今回のLGBT騒ぎで盗撮を含む性犯罪を誘発してしまうだろうことが懸念されます。今までは単に性犯罪者として逮捕されてきましたが、これからは『自分は女性だ』と自己弁護を許すことになります。日本社会は飲酒とセクハラについて社会規範が緩いところがあって、多少のことはと大目に見てきた風潮があります。これが裏目に出なければ良いのですが。今回の法案化に際して必要なことは、既存の利用者に対する安全を確保する法律だと思いますが、どうでしょうか。

LGBT法案は6月16日、参議院本会議にて可決、成立しました。

『医療従事者が最優先される風潮』発言 千葉県民ではないが医療従事者として許し難く怒りが込み上げます 物資乏しくマスクの替えもなく防具で汗に塗れ、救えない命に涙した毎日 分断煽り、そんな医療従事者にその矛先を向けるやり方 全ての医療従事者への愚弄 #熊谷知事の辞職を求めます

Image

Koichi Kawakami, 川上浩一
 
熊谷:医療従事者が最優先される風潮

とんでもない考え。パンデミック下、優先されるべきは罹患者を救うこと。その人たちの命を救うため医療従事者が働いてきたのだ。中には医療現場で罹患し今も後遺症で苦しむ医療従事者も。 一番優先されたのは貴方も含め罹患した政治家ではないか

※ 熊谷知事の辞職を求めるというから、見てみたら医療関係者の好き勝手とわがまま放題でした。莫大な公金をチューチューしておきながら言うことといえば、発熱患者はお断りだけどワクチン会場のバイトはやって荒稼ぎする。自分達こそが人の命を救っている。こうした傲慢な考えは自分達が特別だという意識からしか生まれてこない。コロナがまん延した世界でインフラが止まったら、恐らく人々は生きてはいけないだろう。

食べるものを運ぶ物流が止まったら同じく生きてはいけない。医者も看護師も平均より多く報酬を貰っていながら、言うことは子供同然のわがままばかりだ。高齢患者の目にテープを貼り写真を撮る、転倒した患者の写真を撮るなどおよそ考えられないことが起きるのは、この連中が子供レベルの精神性しか持ち合わせていないからだ。

熊谷知事を攻撃するなら、双方の利害を調整するような言説にあると思われる。ワクチンで人が死亡、障害を負っているのに、あっちの意見とこっちの意見をすりあわせて着地させようとしているように見えることだ。本当に接種して良いものかどうか、これを判断する能力に欠けていると言わざるを得ない。いずれにしても、ワクチンの薬害が明らかになったとき、厳しく断罪されることになる。

病弱にさせて高い薬を売るのが目的  村上康文教授

村上 康文 東京理科大学名誉教授    インタビュアー  山路 徹

厚生労働所もマスコミも打て打てと皆で盛り上げて

初めから(ワクチンは)やる必要がないものだったんです。打つ必要がないものを皆さんに無理矢理打たせるために、今回のコロナウイルスは重くなるよ、死ぬ可能性があります、肺炎になりますよ、という情報を意図的に流して、その一方で安い薬はもう売らせない。有効ではないという情報で。(ワクチンは)一切必要なかった。

そもそも既存の薬で対処できた

2020年6月くらいには、どういう医薬品で治せるかの話は、見えていたんですよ。安くて古い薬で十分治せると、分ってました。

イベルメクチンとか、それらさえ投与すれば治せると。1つの問題は古くて安い薬を売っても製薬会社は儲からないため、それらを利用してはいけないということに、メデイアを使って誘導した。本来ならば安い医薬品が、非常に安全で有効なものがありましたから、それらさえ投与すれば十分治せたと。ところがそれを抑えて売らせない、アメリカではドクターのライセンスを剥奪するということまでやっています。ワクチンに、どうしても誘導したかった。

アメリカのような大きな国の影響を日本はもろに

ヨーロッパも日本も影響を受けました。

高齢者だけ守れば良かった

本来は病原性も低かったですし、お年寄りだけを守れば良かったんです。お年寄りだけを、感染したら病院に入れれば良かった。ステロイドのようなものを使うと、肺炎になっても抑えられる。

本来は20代、30代、40代の人たちが、早くに感染してしまえば、終わったんですよ。そういう方策を選んだ国では早くに終了しています。

ワクチン最低1回接種率:日本81.4%、ハイチ3.2%

もう1つは2020年に400人位のボランティアを集めて、採血してどういう抗体を持っているか調べたんです。約7割に反応する抗体がありました。日本人の首都圏で。それは前のコロナウイルスの抗体が残っていた。理化学研究所も同様の発表をして、古いコロナウイルスの免疫があって、それが新型のコロナに対しても有効ですよと。ということは(当初)欧米と比較して感染者が圧倒的に少なかったですよね。恐らく、何もしなければ死亡者も増えない、感染者も増えなかったんです。

それはベースの免疫がありましたから。そうだったにもかかわらず、免疫抑制する働きを持っているmRNAワクチンを注射して破壊しちゃったわけですね。

医療機関はワクチンバブル!?

お医者さんの中にも接種を進める人がいるじゃないですか。僕ら一般人からすると、どうして良いか分らなくなる人が

打てば打つほどお医者さんにお金が入ります。

2019年頃まで病院の経営状況は非常に悪かったんです。ところがコロナが始まって2021年から打ち始めて、その辺から経営状態が非常に良くなったんです。

厚生労働省の方針とお医者様の様々な利害が一致して、一蓮托生のごとく

そうだと思います。本来ならば接種をしない方が良かったのに、皆さん言っていたんですよ、2021年春頃には止めるべきだと。でも全く止まらない。オリンピックの問題が大きかったと思っていまして、ワクチンを打たなければ外国から人を呼べないと、線引きがなされて、皆がワクチン接種を終わらないと外国から新しい変異型ウイルスが入っていたときに抑えられないと言ってたんですが、我々は1年くらい前に、日本人にはベースの免疫があるから打たなくても大丈夫だと言っていました。

ところがメッセンジャー型ワクチンは凄く有効率が高いとの触れ込みで打たれ始めて、打たないとまともな社会人ではないと、

自分のためじゃないよ、人に移さないためだよと言われると、日本人は人に迷惑を掛けないというのが一番響くところだから

ところがヨーロッパのEUでヒヤリングがあって、2022年10月『EU議会公聴会ファイザー担当者証言』でそんな実験はやっていない、と言ったんです。感染を防ぐなんて言ってませんよと。重症化を防ぐだけですと。だから政府が言っていた『人のために』『思いやりワクチン』というのはサイエンスのレベルで科学的根拠はないことになる。本当にワクチンが必要な病気もありますが、必要でない病気も多いわけです。今回の新型コロナウイルスには、僕は最初から必要なかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

twelve − 11 =