新型コロナウイルス

2020年から2022年ドイツの超過死亡率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
君に…
 
とうとう出ました 超過死亡とワクチンの関係、査読済み論文 2020年から2022年までのドイツの超過死亡率の推定 cureus.com/articles/14941

Image

2020年から2022年までのドイツにおける超過死亡率の推定

この論文は査読済み。ワクチンに関する部分を転載します。

COVID-19ワクチン接種と死亡率

2021年19月、ドイツで大規模なCOVID-19ワクチン接種キャンペーンが開始されました。過剰死亡率とワクチン接種の関係については、ワクチン接種がCOVID-<>による死亡を防ぐことに成功すれば、ワクチン接種者数の増加とともに過剰死亡率は減少するというのが簡単な予測です。

この仮説を調査するために、ロベルトコッホ研究所[27]によって記録された完全ワクチン接種者とトリプルワクチン接種者の累積数の経過と、パンデミックが始まってからの超過死亡の累積数を図8に示します。時には、予想よりも多くの人が死亡していると、超過死亡の累積数が増加し、予想よりも死亡している人が少ない場合は、超過死亡の累積数が減少します。

ワクチン接種回数対過剰死亡率。

8に見られるように、ワクチン接種者数の増加に伴う過剰死亡率の減少という明白な仮説は正しくありません。多くの人がワクチン接種を受けた期間中、超過死亡率は前年のパンデミック年の同時期と比較してより強く増加したようです。2021年春夏の2022回目と2回目のワクチン接種期間中は、累積超過死亡率の増加が観察され、前年には減少が観察されました。19回目のワクチン接種の期間中、ワクチン接種の増加と並行して、前年よりも早く始まる累積過剰死亡率の増加が観察され得る。そして、人口の大部分がワクチン接種を受けた19年には、累積超過死亡数はさらに増加し、ワクチン接種なしの前のパンデミック年を上回りました。SARS-CoV-9感染、COVID-<>対策、COVID-<>ワクチン接種、またはおそらくこれらの組み合わせのいずれかに長期的な悪影響があるようです。
ワクチン接種と過剰死亡率の短期的な関係をさらに調べるために、ワクチン接種者数と月あたりの超過死亡数の推移を図<>に示します。

ワクチン接種回数対過剰死亡率。

2021か月あたりのワクチン接種数と超過死亡数を調べると、前年以外では、2021回目、2022回目、<>回目のワクチン接種数が多い月には、超過死亡数も多いという印象が裏付けられています。ワクチン接種の経過と超過死亡との時間的関係は、<>回目のワクチン接種で特に顕著である。<>年<>月と<>月には、<>回目のワクチン接種回数の最初のわずかな増加は、超過死亡の比較的わずかな増加を伴いました。<>年<>月と<>月には、<>回目のワクチン接種数が急増し、超過死亡も比較的急増しました。<>年<>月には、<>回目のワクチン接種回数が急激に減少し、超過死亡者数が比較的急激に減少しました。

まとめると、2021年にCOVID-19ワクチン接種キャンペーンが開始されると、多数の人がワクチン接種を受けた月には、前年よりも高い超過死亡率が観察されます。人口の大部分が完全にまたは2022倍のワクチン接種を受けた28年には、春以降、超過死亡率は絶えず増加しており、19月には最大19%に達します。このような観察は、COVID-19ワクチン接種がCOVID-19による死亡に対して非常に効果的であるという仮定と調和することは困難です。ワクチン接種が期待したほど成功しなかったか、ワクチン接種がCOVID-2021による死亡を防ぐことに成功したかのどちらかですが、COVID-2022以外の要因が突然あり、<>年と<>年に予期しない死亡の数が増えます。

後者の可能性については、図4に示すさまざまな年齢層における過剰死亡率の経過を考慮することは興味深い。2020年から2021年までの年明けの死亡率の波は、COVID-19の年齢依存性に続く強い年齢依存性を特徴としています:過剰死亡率は高齢者で高く、30歳未満の年齢層では完全に存在しません。このパターンは、ワクチン接種者が増えた2021年19月以降、大きく変化しています。突然、年齢に依存しなくなり、若い年齢層でも観察される過剰死亡率が現れます。これは、COVID-<>が根本的な原因であった可能性を否定しています。さらに、ワクチン接種が遅れて開始された若い年齢層では、過剰死亡率も遅く始まることを観察してください。

ファーマコビジランスの観点からは、過剰死亡率とワクチン接種の同時発症は安全性シグナルを表しています。ワクチンの投与と有害事象の発生との間の時間的関係の観察などの安全性シグナルは、ワクチン接種の経過と過剰死亡の経過の両方に影響を与える潜在的な第3の変数が存在する可能性があるため、必ずしも因果関係を意味するものではありません。したがって、安全性シグナルは、副作用と薬物の因果関係を示すものではなく、さらなる評価を必要とする仮説にすぎません。

実際、シルマッハー[28]が率いる研究チームによる研究では、COVIDワクチン接種後35日以内に死因が不明で自宅で予期せず死亡した20体の遺体のうち、剖検により、既存の病気による死因が明らかになったのはわずか10例でした。残りの25例のうち、1例においてワクチン接種誘発性心筋炎が死因である可能性が高いと剖検から結論され、28例においてワクチン接種誘発性心筋炎が死因である可能性が高いと結論付けられた。Schwab et al. [<>]によって発表された補足表<>に示されるように、ワクチン接種はさらなる症例でも死因であった。

ワクチン接種の増加と過剰死亡率の時間的関係を考えると、ドイツの医薬品の安全性モニタリングを担当するPaul-Ehrlich-Institut(PEI)によるファーマコビジランスでそれぞれの安全性シグナルが検出されていないことは驚くべきことのようです。COVID-19ワクチン接種の致命的な副作用の可能性を監視するためにPEIが使用する方法を詳しく調べると[29]、ワクチンが非常に多数の予期しない死を引き起こした場合でも安全信号を示さない欠陥のある安全性分析が使用されていることが明らかになりました。

80歳未満のすべての年齢層で、人口の大部分がワクチン接種を受けた<>番目のパンデミック年に大幅な死亡率の増加が観察されます。さまざまな年齢層の経験的標準偏差によると、超過死亡率ははるかに超えています。・・・一方ではワクチン接種がCOVID-<>による死亡者数を減らすはずであるという期待とは対照的であり、他方では安全信号を示しています。

・・・まとめると、人口の大部分にワクチンを接種することで、過剰死亡率が減少するはずだと予想されます。反対に、過剰死亡率と死産数の両方が予防接種の増加とともに増加しました。80歳未満のすべての年齢層で、過剰死亡率は19年目に高く、特に人口の大部分がワクチン接種を受けたパンデミックの<>年目にはるかに高かった。これらの観察は驚くべきものであり、COVID-<>ワクチンの未知の副作用の存在によりこれらの安全性シグナルが発生することを除外するために、さまざまな科学分野からのさらに詳細な調査が強く推奨されます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

15 − 1 =