新型コロナウイルス

井上正康先生コラム:自己増殖型ワクチンで薬害を激増させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KEIKO KAWASOE
 
グラスゴーにて、ワクチン被害者や遺族が集まっているそうです。

※ 春のワクチン接種に行く予定の人は、真剣に考えて下さい。これがウイルスから保護してくれるものかどうか。人類はこれまで様々な感染症と闘ってきましたが、生き残りました。たかだかごく最近に作られたワクチンによる抗体の方が、人間が持つ自然免疫よりも優れていると思うのかどうか。接種を続ければ、間違いなく2023年の超過死亡は激増していきます。

井上正康先生メールマガジンから

【自己増殖型mRNAワクチンと泥舟の日本国】
 
 1970年大阪万博の年に大学院1年生だった筆者は「安全なワクチンを創る目的」で岡山大学から大阪大学へ内地留学させて頂いた。遺伝子工学の飛躍的進歩により、病原体のスパイク蛋白等を大腸菌などで簡単に抗原分子を増産する事が可能となり、私の興味も感染防御学や活性酸素学へと移っていった。2020年にパンデミック騒動に出会い、その出口がワクチンになると考えて半世紀振りにワクチン学を学び直した。
 
最初に目に入ったのが“遺伝子型ワクチン”であり、その技術的進歩に驚いたが、直ぐに「それが免疫防御学の根本原理に反する『ミスコンセプト』である事」に気付いた。
 病原体の侵入路である『粘膜や皮下組織に微量の抗原を接種して免疫系を刺激するのがワクチンの基本原理』であり、“抗原産生細胞は感染細胞”と見做されて免疫的に排除される。
 
アストラゼネカ社製のDNA型ベクターワクチンでは「体内での遺伝子組み換えで抗原分子を産生させるので自己免疫病に罹る事」が容易に予想された。案の定、その接種直後から多くの被害者や死者を出し、北欧では直ぐに使用中止された。行き場を失った約8000万本の消費期限直前のワクチンが日本枠に割当られた。その経緯を知っていた故・安倍首相はそれを国民に接種させなかったが、中国との緊張関係でワクチンが入手困難だった台湾へ約300万本を譲渡して高齢者施設などで多くの死者を出した。
 
日本との友好関係を重視せざるを得ない台湾政府は「貴重なワクチンは在台日本人に優先的に使わせて頂く」と丁重に礼を述べて大人の対応をした。ワクチンを激推していたメディアや専門家はこの事件を契機に『DNA型ワクチン』に関して一切言及しなくなり、アストラゼネカ社製ワクチンは忘却の闇に消えた。
 当初、“mRNAワクチンは直ぐに分解されるので安全”と説明されていたが、これは嘘である。
 
塩基ウラシル(U)をメチル化されたmRNAは、酵素RNaseで分解されずに長期間スパイクを産生し続ける。又、“接種した筋肉局所でスパイクが産生される”と説明されていたが、これも嘘である。細い注射針でも筋肉細胞の何百倍もの太さなので、細胞外に漏れたワクチン液の大半は筋肉のポンプ作用で総リンパ管から左側の頸静脈内に流入する。この流入時期は接種して30分~数時間後であり、この際にアナフィラキシーショックが起こりやすい。
 
ワクチン粒子の表面は細胞膜融合促進剤ポリエチレングリコール(PEG)でコーティングされており、体内では全ての細胞に取り込まれうる。筆者は熊本大学時代に“PEGを結合した蛋白質の血中寿命が何万倍も延長する事”を論文報告している。血中に流入したワクチンの多くは異物を処理する肝臓や脾臓に取り込まれる。次に多く取り込まれるのが骨髄であり、ここでは大量の血液細胞が毎日産生されており、体内産生されたスパイクが血中に1年半以上も放出され続ける事が昨年に論文報告された。
 
次に多く蓄積するのが卵巣、副腎、そして睾丸の精巣上体である。これらの臓器で病原性スパイクを産生する細胞は免疫的に攻撃され、卵子や精子を造る細胞が障害されて不妊症や無精子症になる可能性が高い。事実、ドイツの健康成人男子がワクチン接種後に死亡して法医解剖され、睾丸には精子が無く、多量のスパイクで充満されていた事実が論で文報告されている。接種女性では月経異常や不正性器出血が激増し、世界中で妊娠出産率が激減している。
 
日本では2年前まで毎年約100万人の赤ちゃんが産まれていたが、接種開始後の2年間は80万人しか生まれておらず、今年度は更に減少する予定である。ワクチンを接種した高齢者の死者激増により、全国の火葬場は1週間近い順番待ちのパンク状態である。ワクチン接種率の高い海外でも同様の現象が見られ、オーストラリアや英国の流産率は74%に激増している。
 
 病原体のタンパク質を遺伝子で体内産生させるmRNAワクチンは“根本的なコンセプトミス”である。これは半世紀近く失敗し続けてきた“遺伝子治療薬”であり、“ワクチンと詐称して緊急承認させた詐欺的欠陥薬”であり、全ての病原体に対してmRNA型ワクチンを使用してはならない。免疫学の基本的ミスに気がつかない蛸壺専門家や経産省は巨額の補助金で『mRNAワクチンの世界的生産拠点』を構築しつつある。
 
原発事故で無人地帯と化した福島県南相馬市に誕生した「明治ファルマと米国企業アルカリス社の工場」が本年夏からフル稼働する予定である。経産省の第1次募集では多くの関連企業(AGC、KMバイオロジクス、JCRファーマ、第1三共、タカラバイオ、富士フィルム、エリクサジェン、阪大微生物研究所、広島大学、ニプロファーマ、藤倉コンポジット、藤森工業、ヤマサ醤油、ロキテクノ等)が助成金を貰い、二次募集でも医薬基盤・健康・栄養研究所、名古屋医療センター、北海道大学、大分大学、 富士フイルムなどが採択され、日本が“mRNAワクチンの巨大生産基地”となりつつある。
 
 この様な遺伝子ワクチン開発ラッシュを尻目に、“ファイザー社のmRNAワクチンに癌ウイルスSV40のプラスミドDNAが多量混入していた事”が報告された(Kevin Mckernan, 2023)。プラスミドDNAが混入したワクチンは遺伝子組み換え薬であり、極めて危険である。更に、明治ファルマからは「スパイクのmRNAを細胞内で増産するレプリコン型ワクチン」の承認申請が出されている。
 
この自己増殖型ワクチンは極微量のmRNAで使用可能であり、短期間に日本国民全員分を製造可能である。富士フイルムのレプリコン型ワクチンを用いる米国VLP Therapeutics Japan社は、日本人でその安全性や有効性の第1/2相臨床治験と第3相比較試験を予定している。半世紀に及ぶ筆者の研究経験から、このレプリコン型ワクチンは武漢型mRNAワクチン以上の悲惨な薬害を激増させる可能性が予測される。米巨大製薬企業の傘下で泥舟と化した日本政府は日本国民を見捨ててルビコン河を渡ってしまった。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

sixteen − 12 =