新型コロナウイルス

モデルナがコロナ・インフルの情報サイトを開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ASKA
 
 チャゲ&アスカ
以前にも書いた。 場所がどこなのかははっきりしないが、 例年、使えない輸血用の「血」は「12~15件」くらいだったのに対し、2022年には「700件」を超えたグラフを見た。 これ、その数で驚いてはダメだからね。 接種された方の体内に異常が起こってるということだから。 だからこそ、しつこくも「解毒」の重要性を伝えてる。 なんと言われようと「解毒」を勧めたい。 #イベルメクチン 他、様々な解毒方法がネットにはある。

Image

調べてみるとクラスI(医薬品) の回収理由に以下の説明が多数あるようです。

献血後情報の対応手順に基づき、献血後に病原体による感染が確認されたとの連絡があっ
た献血者について調査したところ、採血された血液を原料とした輸血用血液製剤が未使用で
あったことから、医療機関より当該血液製剤を引き取り、回収を行うことといたしました。

これだけ大人数で来ておいて、やることはコロナウイルス死のでっち上げ。謝罪くらいでは済まされない。映像を編集する時に、コロナ被害にしようと考えたのは明らかだ。だからそれぞれワクチンという言葉の入ってない一言ずつだけを取り上げている。

※ モデルナがまた余計なことをやろうとしています。まだまだ感染者数は増えるから、コロナの恐怖を植え付けてせっせとワクチンを打たせたいのでしょう。さあ、これだけ増えたからワクチン打たないと危険ですよ! 世界1の追加接種者と世界1の感染者数を出しながら、いい加減気がついても良いのに、まだ打つんですか?

米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの情報サイト開設 患者数など可視化

配信

コメント12
 
 
ITmedia ビジネスオンライン

新型コロナのワクチンのイメージ(提供:ゲッティイメージズ)

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

16 − 1 =